チームKの秋元大島宮澤が男子高校生だったら45限目

 
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/akb/1325683479/ 
 
1 名前:近野[] 投稿日:2012/01/04(水) 22:24:39.00 ID:nEH15Ycq0 
  このスレはネタで出来ています。ネタとして見れない人は立ち入り禁止!  
   
  秋元宮澤大島メインですが、他メン、SKEメン、NMBメン、SDNメンも歓迎します!  
   
  ※トリ付けは作者の自由(論争禁止!)  
  ※但し戸島と指原は一日3レスまで  
  ※康は自演禁止  
  ※論争はどんなことでも禁止!  
   
  「この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などには一切関係ありません」  
   
  前スレ  
  チームKの秋元大島宮澤が男子高校生だったら44限目  
  http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/akb/1324397693/l50  
 



  
10 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 04:21:59.94 ID:KqMZ0VbJ0 
  大島「なんかよー最近、有と野中仲良くねーか?」  
  秋元「え?お前何も聞いてねーの?」  
  宮澤「え?俺も聞いてないよ」  
   
  大島「まさか梅ちゃんと?」  
  宮澤「嘘・・・なんでだよー!!!」  
  秋元「おい、おい、話聞けよ」  
   
  大島「何ぜー?」  
  秋元「梅ちゃんって、毎日のように、みちゃみちゃ言ってただろ?」  
  宮澤「うん。それで?」  
  秋元「なんか有と梅ちゃんでルール作ったらしいんだわ」  
  大島「ほぅ、ルールとな?」  
  秋元「おう、梅ちゃんが一日に三回みちゃにハァハァしたらその日H無しなんだとさ」  
  大島「何だよそのルールww」  
   
  秋元「それで有が野中に確認しに来てっから最近仲良く見えてるだけだ」  
  大島「なんだよ・・・ひと波乱かと思ったのに」  
  宮澤「だからか、梅ちゃん最近みちゃみちゃ言わなくなったの」  
   
  大島「た、確かに・・・」  
  秋元「いや、ルール作って最初の一週間は有も大変だったらしいぞ」  
  宮澤「なんで?」  
   
  秋元「いいか、となりには飢えた密林の女王が寝てるんだぞ!」  
  大島「そして有もルールって事で我慢の日々か?」  
  秋元「あの二人の欲求不満の状態・・・」  
  宮澤「と、トイレー」ダッタダッタ  
   
  大島「一週間ぶりにしたHか・・・」  
  秋元「・・・」  
   
  大島「と、トイレ行くか・」  
  秋元「そ、そーだな」  
   
   
 
11 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 04:56:10.76 ID:KqMZ0VbJ0 
  >>10続き  
  ※ちょいエロ注意  
  増田「おい、横山、高城、咲彦、ちょっと付き合えや」  
   
  屋上  
  増田「今日呼んだのは他でも無い」  
  横山「どないしたんですか?」  
  増田「あんなー、俺はあるルートから超強力な精力剤を入手したんや!」  
  高城「キラーン」  
  横山「キラーン」  
  松咲「キラーン」  
  増田「効果は俺が実証済だ!なんせ一週間ぶりの彩佳を返り討ちにしったったくらいやからな!」ドヤ!  
  横山「ま、増田様」様ってなんやねん?  
  高城「テ、テリヤキ君」たこやきな!  
  松咲「あの変態を」お前は何かちゃうな・・・  
   
  増田「とりあえず一晩一錠飲めばOKやから一錠ずつ渡しとくわ」  
  横山「ほんまですか?おおきにです」  
  高城「ありがとう」  
  松咲「し、師匠」  
   
  増田「ええか、明日の朝ツヤツヤで登校しようや!」  
  横、高、松「おー!!!」  
   
  ~翌朝~  
  高城「有君。素晴らしかったよアレ」ツヤツヤ  
  倉持「ゲッソリ・・・」  
  松咲「師匠と呼ばせてください!」ツヤツヤ  
  野中「ゲッソリ・・・」  
   
  増田「やっぱ彩佳のおっちゃんから貰った薬は凄いな」  
   
  横山「増田さん・・・」ゲッソリ  
  増田「お、おい横山ーしっかりせー」  
  横山「たしかに凄い薬でした・・・いつもの回数なら・・・」  
  増田「ま、まさか???」  
  横山「記録更新・・・」バタッ  
  増田「よ、横山ぁぁぁーーー!!!」  
   
   
  北原「ツヤツヤツルルン☆」  
   
   
 
15 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 11:51:41.13 ID:kn7JEoMu0 
  前スレ>>976の続き  
  大島「…」  
  小嶋「ねぇ…優ちゃん、陽菜のこともう好きじゃない…?」  
  大島「いや……」  
  小嶋「あっちゃんのこと好きになった…?」  
  大島「……」  
  小嶋「!……ねぇ、優ちゃん、陽菜、可愛くなるから…」  
  大島「にゃんにゃん…?」  
  小嶋「優ちゃんの好みになるよう頑張るからっ…!」  
  大島「…」  
  小嶋「優ちゃん以外は見ないし、料理だって頑張るし、あっちゃんみたいに素直になるしっ…!」  
  大島「にゃんにゃん…」  
  小嶋「だからっ!陽菜、2番目でもいいから…好きじゃなくてもいいからっ…!優ちゃんの側にいたいの!」  
  大島「っ!にゃんにゃん」ギュッ  
  小嶋「優ちゃん…お願い…陽菜を1人にしないで…!もう南とはなにもないから!だからっ!!」  
  大島「…陽菜!」  
  小嶋「優ちゃんが、好きなの!」  
  大島「陽菜!」  
  小嶋「っ」ビクッ  
  大島「俺、付き合ってても陽菜のこと何も知らなかったし、陽菜はずっと南のことがすきだと思ってた…  
     だからもう陽菜とは別れようと思って、、、あっちゃんとエッチもしたし、あっちゃんのこと守りたいと思った」  
  小嶋「…やだっ!陽菜のこと、嫌いでもいいから、側に…」  
  大島「…でもやっぱり陽菜と南が一緒にいるとこ見たらすっげぇ胸が苦しくて…」  
  小嶋「…?」  
  大島「やっぱり俺陽菜のことが好きだ…」  
  小嶋「…!!!優ちゃ、」  
  大島「…だから、俺の側にいてください」  
  小嶋「優ちゃ…!!!」  
  大島「……陽菜、俺も陽菜の事が一番好き」  
  小嶋「優ちゃん…!!!ごめ、ごめんねっ、陽菜、馬鹿だから…優ちゃん、陽菜の事大切にしてくれてたのに…  
     陽菜、全然気付かなくって…陽菜は南とそーゆーことしてたのに…優ちゃんがあっちゃんのこと抱いたって聞いたら…  
     すっごい胸が苦しくて……おかしくなりそうで…」  
  大島「…じゃあお互い様ってことで」  
  小嶋「優ちゃん…好き」  
  大島「俺も」  
  小嶋「ずっと好き」  
  大島「…俺も」  
 
19 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 12:51:00.15 ID:kn7JEoMu0 
  >>15  
  翌日  
  前田「よかったね!にゃんにゃんと上手くいって!」  
  大島「あっちゃんこそ!」  
  前田「ほんとにあの馬鹿南のせいで…」  
  大島「…俺とエッチしたこと後悔してない?」  
  前田「…う~ん、してない!」  
  大島「…そっか!俺もしてない!」  
  前田「そんな胸はることじゃないから~」  
  大島「ちっちゃいころからあっちゃんのこと知ってたつもりだったけど、いつの間にか女になってたんだなって思ったぜー」  
  前田「ふふ、優ちゃんも筋肉ついてて身長も高くなって…いつの間にか男になってたんだね」  
  大島「ぜー…、俺陽菜とであってなかったら絶対あっちゃんのこと好きになってたぜー(好きになりかけてたけどな)」  
  前田「えー!嬉しいかもー…でも私も南がいなかったら優ちゃんのこと好きになってたかも…(ちょっと好きになってたけど)」  
  大島「これ、陽菜に内緒な!」  
  前田「ふふふふ、私は別に南に言ってもいいよー?」  
  大島「あっちゃんがツンデレぜー」  
  前田「優ちゃん、色々ありがと!…大好き!」  
  大島「…俺も!」  
   
  終わり  
   
  初めての投稿でしたがwktkしてもらって嬉しかったです  
  こじゆう、あつみなエンドで終わりましたが、個人的には断然あつゆう派ですw  
 
24 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 15:05:13.89 ID:/h3rRu6HO 
  指原「…あっ…んっ…指原もう限界…っ」ハァハァ  
  小嶋「…っ俺も…」ハァハァ  
   
  ユラユラグラグラ  
   
  小嶋「いったぁー(泣)地震?」  
   
  指原「いててて。地震みたいだねー。」  
  小嶋「もー!頭打ったしっ!」  
  指原「いーとこだったのにねーw」  
  小嶋「いーとこって//……ん?陽く…ん?」  
  指原「……あれ。」  
  小嶋「………」  
  指原「ねー。鏡で顔見てみて?」  
   
  小嶋「!!指原が…指原が陽くんになってる!」  
  指原「んで俺が指原の体になってる……」  
  小嶋「なんで!なんでですか(泣)!」  
  指原「わかんない…」  
  小嶋「……」  
   
  つづくかもw  
 
28 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 18:24:23.73 ID:/h3rRu6HO 
  >>24  
   
  指原「……とりあえず俺服きるねw」  
  小嶋「!!///早く着てくださいよっ」バシッ  
  指原「いてっ。ってか今指原が叩いたの、指原の体だよw」  
  小嶋「……もー!訳わかんない(泣)」  
   
  ――――――――――  
  指原「とりあえず服着たけど……」  
  小嶋「これからどーします?」  
  指原「明日学校だよね…」  
  小嶋「…今日は指原、陽の家に泊まりますから!」  
  指原「なんでー?」  
  小嶋「だってトイレとかお風呂のとき恥ずかしいじゃないですかー!」  
  指原「そーかなー。まぁ、別に泊まってもいいけど…」  
  小嶋「ってか、なんでこうなったのか整理しましょう?」  
  指原「ん。まず、俺と指原がエッチしてて地震がきて入れ替わった。」  
  小嶋「…………」  
  指原「なんも思い出せないよー。」  
  小嶋「どーしよー……」  
   
 
31 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 20:00:55.21 ID:ibRCB7lD0 
  >>28  
  昔優人とにゃんが入れ替わるってあったよね?懐かしいなこのネタw  
  今度はにゃんさしってことで期待してっからな!!!  
 
32 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 20:49:08.65 ID:AenpXrn2O 
  >>31  
  こじはるに乗り移った優人が、お構い無しに体育で無双したりしてたなww  
  あれは完結しなかった気がするけど…  
 
35 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 21:28:39.14 ID:/h3rRu6HO 
  >>28  
   
  ――――――――――  
  指原「入れ替わってからかなり時間たったけど元にもどんないねー。」  
  小嶋「うん……。指原、お風呂入りたいんだけど…」  
  指原「一緒に入るw?」  
  小嶋「うん///」  
  指原「じゃあ、いこー♪」  
   
  ――――――――――  
   
  指原「お風呂も入ったし寝よっか!」ドサッ  
  小嶋「うん……」  
  指原「指原もベッドおいで?」  
  小嶋「ん。」スタスタ  
  指原「よし!おやすみー♪」  
  小嶋「おやすみ…。」  
   
   
  小嶋「…陽くん、まだ起きてる?」  
  指原「ん。指原も寝れない?」  
  小嶋「明日もこのままだったらどーする?」  
  指原「それは明日考える。明日の心配今日からしないのっ!」  
  小嶋「…分かった。」  
  指原「りのちゃんいい子っ(бвб)♪腕枕したげるw」  
  小嶋「指原、一応女の子なんだからっw!指原が腕枕してあげるね!」  
  指原「ありがとw。」  
   
   
  つづきます  
   
   
  かぶってたみたいですみませんっ  
   
   
 
43 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 22:54:13.58 ID:/h3rRu6HO 
  >>35  
  翌日――――――――――  
  チュンチュン  
  小嶋「…まだ戻ってないかぁー。」  
  指原「……zzz」  
  小嶋「陽くん起きて!陽くーん!」  
  指原「んー……あ、まだ指原のまんまだw」  
  小嶋「笑ってる場合じゃないです!今日どうします?」  
  指原「2人そろってから欠席したら怪しいし、今日は俺が指原になるねw」  
  小嶋「てことは指原が陽くんになるのか。」  
  指原「うん。とりあえず準備しよっか!」  
  小嶋「うん。」  
   
  電車――――――――――  
  指原「まず『指原さぁ』って言ったらバレるから『俺』っていってよ!あとは内股禁止!」  
  小嶋「分かってる。陽くんは『指原』って言わないとダメだよ?あとは……足広げたり胡座もダメ!指原のことは『陽くん』って呼んでね。」  
  指原「ん。指原、分かったぁw!」  
  小嶋「陽くん、指原の真似へたくそーw」  
  指原「もーw陽くんって呼ぶなよw」  
  小嶋「そっかw」  
   
   
   
   
  長くなりそうなんで需要あったら書きます><  
   
 
53 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:58:08.36 ID:/h3rRu6HO 
  >>43  
   
  学校――――――――――  
  小嶋「よし!がんばろっ」  
  指原「うん。教室いこ?」  
  小嶋「うん。」  
   
  北原「りのちゃーんおはよっ!小嶋くんも♪」  
  指原「おはよー。」  
  小嶋「お、はよ。」  
  北原「あ、りのちゃん、ちょっと来て!」  
  指原「あ、うん。」  
  北原「じゃありのちゃん借りるねー!」タタッ  
  小嶋「……行っちゃった。」  
   
  ――――――――――  
  北原「りのちゃん昨日何回したw?」  
  指原「……なんでわかるー?」  
  北原「あたしプロだよーw?んで?何回?」  
  指原「あ…いや……」  
  北原「りのちゃんにテクニック教えたじゃん!小嶋くんが体力なくて3回くらいしかできないって言ってたから。」  
  指原「(あいつ北原さんにそんなの話してるのか。)えっと…昨日は28回かなー。」  
  北原「すごいじゃんっ!」  
  指原「てか、陽くん体力ないって言ったけど実はめっちゃ体力あったよ。あとエッチもめっちゃ上手だし!」  
  北原「そーなんだ……」ムズムズ  
  指原「…北原さん?」  
  北原「りのちゃんに負けてられないから行くね!じゃあっ!」ダダダダ  
  指原「…バレてないみたいだな」  
   
   
  まだまだつづきそうです;;  
   
   
 
82 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 08:28:58.72 ID:ZiaRPOCJO 
  >>53  
   
  ――――――――――  
  小嶋「(陽くんちゃんとやってるかな…?)」  
   
  指原「指原。」スタスタ  
  小嶋「陽くん!大丈夫だった?」  
  指原「とりあえずバレて  
  篠田「ニャロー、指原!おはよー♪」  
  小嶋「おはよー。」  
  指原「麻里か…」  
  篠田「麻里ってwいっつも篠田くんって呼んでたのにww」  
  指原「い、いや…あの」  
  キーンコーンカーンコーン  
  篠田「あ、授業はじまる。」  
  指原・小嶋「(助かったー……)」  
  指原「1時間目なんだっけ?」  
  篠田「体育だよー。ニャロ、いこ!」  
  小嶋「う、ん」  
  篠田「指原後でねー。」  
  指原「うん。」  
   
  ――――――――――  
  篠田「ニャロ、今日なんか…挙動不審だねw」  
  小嶋「いやー…いつもと変わらんぜっ☆」  
  篠田「そ、そう?」  
  小嶋「そうそう!」  
   
   
  篠田「最近、指原とうまくいってんのー?」  
  小嶋「な、なんで?」  
  篠田「なんとなくw」  
  小嶋「なんとなくってなんですかぁー。」  
  篠田「まぁ、ニャロは指原のこと大好きだもんねw」  
  小嶋「…なんでそー思う?」  
  篠田「なんかお前見てると伝わってくるw」  
  小嶋「………ま、まぁ指原は料理も上手いし掃除洗濯ちゃんとやるしエッチもそこそこ上手だし可愛いし最高の彼女だよっ!」  
  篠田「エッチ上手なの?」  
  小嶋「それはもうプロだよ!」  
  篠田「へーw」  
   
   
   
   
 
89 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 12:20:05.08 ID:ZiaRPOCJO 
  >>82  
   
  昼休み――――――――――  
  小嶋「陽くんご飯食べにいこ?」ヒソヒソ  
  指原「うん。今いく。」  
  スタスタ  
  指原「なんか小声でしゃべるって不便だね。」  
  小嶋「しょうがないよー。怪しまれたらイヤじゃん!………指原はオムライスにしよ。」  
  指原「俺はカレーとラーメンと唐揚げにしよ!」  
  小嶋「それ、指原の胃袋に入りますw?」  
  指原「大丈夫だと思うよw」  
   
   
  小嶋「いただきまーす♪」  
  指原「ん。」パクパク  
  小嶋「♪」パクパク  
  指原「あ、指原の口の中、口内炎できてるーw」  
  小嶋「それ、入れ替わってからできたんじゃないですかーw?」  
  指原「そーかなw」  
   
   
  指原「……やっぱり食べれなかった…」  
  小嶋「じゃあ指原が食べます!陽くんの胃袋まだまだ入るよー。」  
   
  篠田「ニャロー。」ニヤニヤ  
  指原「あ……」  
  小嶋「は、はい!」  
  篠田「なんか今日2人とも様子おかしいね。なんか魂が入れ替わったみたいなw」  
  指原「な、なに言ってんだよー!」  
   
   
  小嶋「………篠田くん、実は」  
  指原「指原……」  
   
   
   
 
106 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 20:59:43.30 ID:ZiaRPOCJO 
  >>89  
  篠田「やっぱりねー。」  
  指原「やっぱりって…」  
  小嶋「これってなんかの病気ですか(泣)?」  
  篠田「まぁー病気…かな?」  
  指原「麻里、なんか知ってんの?」  
  篠田「んー。放課後時間ある?俺の知り合いに専門の医者いるけど…」  
  指原「専門の医者…」  
  小嶋「なんでもいーから早く自分の体に戻りたーいっ!」  
   
   
  放課後――――――――――  
  篠田「この病院なんだけど…」  
  小嶋「【野呂整形外科】…」  
  指原「整形外科じゃーん。」  
  篠田「とりあえず行こw」  
  小嶋「うん…」  
   
   
 
112 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 23:16:13.70 ID:ZiaRPOCJO 
  >>106  
   
  ~~~  
  野呂「次の方どーぞー!!!」  
  篠田「あらかじめ先生に話しといたから2人で行ってきなよ。」  
  指原「ん。ありがと。」  
   
   
  小嶋「お、お願いします…」  
  野呂「はい!話は聞いてるよー。入れ替わったんだってーw?」  
  小嶋「笑ってる場合じゃないですよ!」  
   
  指原「先生ー。これ治ります?」  
  野呂「多分治りますね。いくつか質問するから答えて。」  
  指原「はい。」  
  野呂「入れ替わったとき2人は何してた?」  
  小嶋「……それは///」  
  野呂「ちゃんと言わないと治んないよーw」  
  指原「……エッチしてました。」  
  野呂「ふむふむ。体位は?」  
  指原「正常位です。」  
  小嶋「……///」  
  野呂「ちゃんとゴムしてました?」  
  指原「してました。」  
  野呂「…だいたい分かりました!病名は……」  
  小嶋「…はい」ドキドキ  
  指原「……」ドキドキ  
  野呂「【エッチしてる最中に地震きちゃって入れ替わっちゃった病】ですね。薬飲めば治りますが、薬作るのに4日くらいかかりますね。」  
  指原「4日………」  
  野呂「なんせ材料が揃わないんですよ。ニンニクとかウニとか…」  
  指原「分かりました…。」  
   
   
   
  つづき思い浮かばないww  
 
153 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 11:13:32.28 ID:ZAfatJgHO 
  >>112  
   
  ――――――――――  
  篠田「どーだった?」  
  指原「【エッチしてる最中に地震きちゃって入れ替わっちゃった病】だった…」  
  小嶋「元通りになるまで4日かかるらしいです…」  
  篠田「そっか。入れ替わってる間は俺がフォローするから!」  
  小嶋「ありがとー(泣)」  
   
  翌日――――――――――  
  指原「指原おきろー!」  
  小嶋「………zzz」  
  指原「俺ほんとに朝弱いなw」  
  小嶋「……ん…陽くん…お、はよー。」  
  指原「俺もう指原の体慣れたw」  
  小嶋「……指原は全然なれないです」  
  指原「さっ!学校いくぞー!」  
  小嶋「んー。zzz」  
   
   
  学校――――――――――  
  小嶋「(今日も1日しんどかったぁー。でももう帰れるっ♪)」  
   
  女子「…小嶋くん…話があるんだけど……」  
  小嶋「あ、はい。」  
   
  ~~  
  女子「あたし、小嶋くんのことが好きですっ!」  
  小嶋「あ…」  
  女子「小嶋くんには指原さんがいることは分かってます…。もしよければ付き合って………」  
  小嶋「……考えときます。」  
  女子「…ありがと……じゃあ!」タタッ  
  小嶋「………」  
   
   
 
160 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 15:07:01.62 ID:ZAfatJgHO 
  >>153  
   
  指原「指原ー。帰ろー?」  
  小嶋「…うん。」  
   
   
  小嶋宅――――――――――  
  指原「でさぁー、たかみなとあっくんが来てさ、」  
  小嶋「……」  
  指原「んで麻里がいなかったら完全にバレてたw……って指原?さっきからぼーっとしてどーした?」  
  小嶋「…さっき、女の子に告白されたんです。陽くんのとこ好きだって。」  
  指原「それで?指原はなんて言ったの?」  
  小嶋「考えとくって……陽くんの気持ちなんて知らないし…」  
  指原「なにそれwwwww」  
  小嶋「なんで笑うんですか!」  
  指原「俺は指原が大好きなのに。伝わってなかったw?」  
  小嶋「んー……伝わってた…かな///」  
  指原「明日ちゃんと断っといてねww」  
   
 
174 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:55:57.63 ID:ZAfatJgHO 
  >>160  
   
  翌日――――――――――  
   
   
  女子「あの…昨日のこと、考えてくれました?」  
  小嶋「…うん。(ちゃんと断らなきゃ…!)」  
  女子「………」  
  小嶋「えっと…僕は指原とお付き合いしてますので、告白してくれたことは嬉しいのですが、なんというか……」  
  女子「……グスッ」  
  小嶋「あああ…泣かないでください…(どーしよー…)」  
   
  指原「陽くん。帰ろー?」  
  女子「!」  
  小嶋「(陽くん!)……うん。…じゃあ…」  
  女子「……」ダッ  
   
   
  指原「指原、俺の真似へたすぎw」  
  小嶋「……早く自分の体に戻りたい……」ポロポロ  
  指原「…俺が泣いてることになるから恥ずかしいんだけどww」  
  小嶋「………」  
  指原「病院いってみよっか。薬もらえるかも。」  
  小嶋「うん。」  
   
 
176 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:58:16.40 ID:4q210K1m0 
  >>174  
   
  大島「(あー眠ぃー・・・午後ずっとサボって寝てたのにまだ眠ぃー・・・)」  
  大島「(これから7時までこの堅苦しい塾に居ないとならんのか。やってらんねーな・・・)」  
  大島「「(メンドクセ・・・フケよっかな・・・)」  
   
  ガタン  
  ??「すいませ~ん。隣いいですかぁ?」  
  大島「ん?あぁいいよ・・・(せめて隣にカワイコちゃんでも座ってればちったーやる気にもなるってーのに・・・)」チラッ  
  大島「!!!!!」  
  小嶋「?」  
  大島「(どっ・・・どストライク!!!)」  
  小嶋「あのー何か?」  
  大島「あの・・・お、俺大島優人って言います!!よ、宜しく!!」  
  小嶋「あ、はい。小嶋陽菜ですよろしくー」  
  大島「(こ、これは運命だ!神様サンキュー!!)」  
  小嶋「あの、大島君?」  
  大島「へ?」  
  小嶋「授業始まってるよ。皆もう座ってるよ?」  
  大島「あ・・・」  
  講師「はい大島君、元気いいのは分かったから着席してくれるかな?」  
  大島「す、すんません・・・」  
  小嶋「(クスッ)大島君面白いねー」  
  大島「ぜ、ぜー☆」  
   
  ゆっくり続けます  
 
188 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 23:01:38.32 ID:4q210K1m0 
  >>176  
   
  秋元「優人帰るぞ」  
  大島「悪ぃ、今日塾なんだ」  
  宮澤「え、今日も?」  
  増田「月水だけ言うてへんかったか?」  
  大島「予習だよ、よ・しゅ・う」  
  大島「学年上位常連だった俺が50番台まで下がったんだぜ?少しでもやらないと取り返しつかねえ」  
  大島「じゃ、そーゆーことで」ダダッ  
  秋元「お、おい!」  
  宮澤「何か以前までと違うね」  
  増田「前までは【俺は授業なんか出なくても分かるからいい】って豪語しとったんやけどな」  
  秋元「大方、塾で可愛い女の子でも見つけたんじゃないか?」  
  增宮「ありえる」  
   
  大島「え?陽菜ちゃん秋葉高第一志望?」  
  小嶋「うん。先生に【もうちょっと】って言われたから塾で勉強しようと思って」  
  大島「そっかー」  
  小嶋「大島君は?」  
  大島「えっ・・・お、俺は・・・」  
  小嶋「なになにー?」  
  大島「ぐ、偶然だなぁ!俺も秋葉高第一志望なんだよねー!」  
  小嶋「ホントー?」  
  大島「う、うん・・・ただちょっと二学期遊び過ぎちゃって学年順位50番も落としちゃってさー」  
  小嶋「そっかーじゃぁお互い頑張ろうねー」  
  大島「ぜ、ぜー・・・(やべ・・・クソビッチやトガちゃんに何て言い訳しよ・・・)」  
   
  今日はここまでです  
 
534 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 21:49:04.65 ID:zuicGxYq0 
  >>188  
   
  大島家  
   
  大麻「何?秋葉高?」  
  大島「お、おう・・・」  
  大麻「お前一昨日まで○○高第一志望って言ってただろう」  
  大島「うっせーな・・・気が変わったんだよ」  
  大麻「こんな中3の受験シーズンにか?」  
  大島「い、いいんだよ別に!俺が決めたんだからクソビッチには関係ねーだろ!」  
  大麻「2秒だ」  
  大島「失言をお許し下さい」  
  大麻「よろしい。まぁ貴様は無駄に学力はあるからな。50番下がったとはいえ、秋葉高レベルなら問題無く合格できるだろう」  
  大島「ぜ、ぜー・・・」  
  大麻「ならもう別に塾は行かなくていいだろう」  
  大島「は?」  
  大麻「貴様が○○高狙うと行ったから行かせてるんだ。秋葉高なら塾行かずとも何ら問題ないだろ?」  
  大島「そ、それはダメだ!」  
  大麻「何故だ?」  
  大島「それは、その・・・」  
  大麻「我が家も家計が苦しいんだ。お前の塾の月謝減らすだけでも天と地の差なんだ」  
  大島「・・・」  
  大麻「だから何だ。男ならはっきり理由を述べろ」  
  大島「・・・実はよ」  
 
536 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 22:05:06.98 ID:zuicGxYq0 
  >>534  
   
  大麻「どうせそんな程度のことだと思ったぞ」  
  大島「うるせー!俺は本気なんだよ!」  
  大麻「大体【好きな女がいるから】なんて理由で高校を選ぶ奴がどこに居る」  
  大島「ここにいるぜー☆」ドカッバキッ  
  大麻「チャンスはやらん」  
  大島「いちいち殴るなっての」  
  大麻「・・・本気だな?」  
  大島「何?」  
  大麻「理由はこの際どうでもいい。本気で秋葉高一本に絞るんだな?」  
  大島「・・・おうよ」  
  大麻「二言は無いな?」  
  大島「俺も男だ」  
  大麻「ほれ、来月分の月謝だ。明日忘れずに持ってけ」  
  大島「・・・」  
  大麻「それから講義中に寝てると苦情が来ている。明日以降はちゃんと聞くように」  
  大島「・・・サンキュ」  
  大麻「何か言ったか?」  
  大島「何でもねーよクソビッチ」  
  大麻「1秒前」  
  大島「申し訳ございませんでした」  
  大麻「よろしい」  
   
  続きます  
 
788 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/19(木) 10:07:11.00 ID:b0sWhAOG0 
  >>536  
   
  戸賀崎「おい大島、お前本当に秋葉高でいいのか?」  
  大島「だから何度もいいって言ってんじゃん」  
  戸賀崎「お前の普段の行動は目に余るが、何故か成績は上位だからな・・・」  
  大島「前半は余計だろ」  
  戸賀崎「真面目に聞け!・・・つまり、お前の学力なら○○高は十分狙える位置なのに、何故ランクを下げてまで秋葉高を志望したのかということだ」  
  大島「そりゃートガちゃん、秋葉高の自由な風潮に惹かれたからよ。○○みたいなクソ真面目な進学校じゃ俺の性に合わねぇし」  
  戸賀崎「・・・まぁいい。お前にはもう何も言うまい」  
  大島「ぜー☆」  
  戸賀崎「そのかわり授業にはちゃんと出ろよ!篠田先生も困ってるみたいだからな!」  
  大島「へいへい」  
  戸賀崎「・・・これ以上出席日数減らしたら推薦状出さないからな」  
  大島「はい学年主任様!承知したであります!(キリッ)」ボカッ  
  戸賀崎「バカモノ」  
   
   
 
789 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/19(木) 10:33:07.81 ID:b0sWhAOG0 
  >>788  
   
  篠田「はーいこの間のテスト返しまーす。秋元くーん」  
  秋元「はい」  
  篠田「流石ね、5教科中3教科満点よ」  
  秋元「ありがとうございます」  
  篠田「今後もこの調子でね。はい次増田くーん」  
  増田「はい」  
  篠田「まずまずね。ちょっと理数科目が低かったわね」  
  増田「そうっすか・・・」  
  篠田「もう少し頑張りなさいね。今の時期が勝負よ」  
  増田「へーい」  
  篠田「次・・・宮澤君」  
  宮澤「はい!」  
  篠田「・・・ちょっと言いにくいけど、中3の今の時期にこの成績はマズイわよ?」  
  宮澤「え?」  
  篠田「国語と英語は悪いけど赤よ。放課後補習やるから出席しなさい。それ以外も今のままじゃ黄色信号ね」  
  宮澤「で、でも頑張ったのに・・・」  
  篠田「入試は結果が全てなの。もう少し努力してね」  
  宮澤「はい・・・」ショボン  
  篠田「最後に・・・大島君」  
  大島「ぜー☆」  
  篠田「・・・」  
  大島「何?麻里ちゃん何ー?」  
  篠田「先生を下の名前で呼ばないの!・・・あなた前回のテスト50番近く落としたわよね?」  
  大島「俺としたことが不覚だったぜー」  
  篠田「・・・今回あなた学年2位よ」  
  大島「マジ?さすが俺様ぜー☆」  
  篠田「何かあったの?前回のテストの後の様子からしてこんなに一気に上がるなんて信じられない・・・」  
  大島「これが俺様の実力って奴ぜー☆」  
  篠田「まぁいいわ。良く頑張ったわね。次回もこの調子でね」  
  大島「ほーい」  
  篠田「はいじゃぁ席に着いて!高校入試まではあと約2カ月。今の時期が非常に大事です。今回の成績を見て、自分に足りない部分を補えるよう各自努力して下さい」  
  篠田「来月の最初と最後に定期試験を行います。各自しっかり勉強するように!はいでは今日の授業はここまで!」  
   
  増田「おい優人、お前すごいやん!」  
  秋元「お前本当に前回50番下げた優人か?」  
  大島「何だよお前ら。俺の実力からしたら当然の結果だろ何驚いてんだ」  
  宮澤「いやだって前回のテストの後めちゃめちゃ凹んでたじゃん?【勉強なんてやってらんねー】とか言っちゃって」  
  秋元「確か丁度そのあたりから、お前塾通い始めたな?」  
  増田「大方カワイイ女の子でも見つけてやる気出したんとちゃうか?」  
  大島「だからこれは俺の実力だっての。もともとこのくらいは普通なんだよ。ふ・つ・う」  
  大島「・・・つーか冴、お前人より自分の心配した方がいいんじゃねぇ?」  
  宮澤「うっ・・・」  
  増田「お前さすがに今の時期で赤点2つはヤバイんちゃう?」  
  大島「あれだけ勉強会何度もやったってーのに」  
  宮澤「だってよー!分かんないモノは分かんないんだもん!」  
  秋元「言い訳するな。・・・まぁいい俺も補習参加してやるからちゃんと勉強しろよ」  
  増田「ほな俺も。・・・優人は今日も塾やろ?」  
  大島「あぁ。悪ぃーな」  
   
  続く  
 
191 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 23:25:47.16 ID:ZAfatJgHO 
  >>174  
  野呂整形外科――――――――――  
   
  野呂「薬出来てますよ!」  
  小嶋「ほんとですか!」  
  野呂「入れ替わったときと同じことしながら薬飲んで下さい。えっと……ここでしますかw?」  
  小嶋「!」  
  指原「…ここでしないといけないんですか?」  
  野呂「あ、家でもできますねーww」  
  小嶋「じゃあ家でします…」  
  野呂「はいw家でしてくださいw」  
   
   
  ――――――――――  
  指原「ただいまぁ。」  
  小嶋「おじゃまします。」  
  指原「じゃあ…」  
  小嶋「………」  
  指原「とりあえず脱ぐね。」  
  小嶋「ちょっと!それ恥ずかしいんですけど!」  
  指原「じゃあどーすんの?」  
  小嶋「あ、お互い目隠ししてすれば……」  
  指原「………」  
  小嶋「………」  
  指原「…何そのプレイww」  
  小嶋「だって…」  
  指原「もー!早くもどろー!」ガバッ  
   
   
 
196 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 23:54:17.81 ID:ZAfatJgHO 
  >>191  
   
  ――――――――――  
  指原「…zzz」  
  小嶋「………zzz」  
  ジリリリリジリリリリ  
  指原「…んー………」  
  小嶋「…zzz」  
  指原「あ!…元に戻ってる!わずかだけどおっぱいもちゃんとある!陽くん!起きて!」  
  小嶋「…ん……おはよ…」  
  指原「戻ってるよー♪」  
  小嶋「ほんとだ……じゃあエッチするーww?」  
  指原「ちょ、今日学校なんだから!」  
  小嶋「んー……zzz」  
   
  学校――――――――――  
   
  指原「自分の体が一番しっくりくるなー♪」  
  小嶋「あたりまえじゃんw」  
   
   
  ~~  
  北原「この前りのちゃん一晩で28回したって言ってたじゃん?あたし昨日29回だったよーw」  
  指原「え?」  
   
  ~~  
   
  篠田「指原のテクニック、プロなんでしょ?羨ましいなぁー。それに家事も完璧とか最高じゃん。」  
  小嶋「え?」  
   
   
   
   
  終わったけどオチ無理やり(笑)  
 
29 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 18:36:05.21 ID:yfMni17iO 
  キーンコーンカーンコーン  
   
  高橋「敦子ー!帰りまスよー!!」  
  敦子「あーごめん!今日バイトなんだー。先に帰ってて?」  
  高橋「そっかー。なんか最近バイト忙しそうでスよね…」シュン  
  敦子「…うちのお店人数足りないからさー」  
  高橋「ていうかバイトって何してるんでスか?まだ教えてもらってないんでスけど…」  
  敦子「それは秘密ー♪」  
  高橋「なんでやぁー!?」  
  敦子「…だって南が来たりしたら恥ずかしいじゃんかよー」  
  高橋「あ、敦子!」キュン  
  敦子「えへへwじゃあまた明日ねー♪」  
  高橋「お、おう!!」ドキドキ  
   
   
  大島「にゃんにゃんごめん!今日バイト入ってんだ。先に帰っててくんない??」  
  小嶋「えーまたー?最近多くなーい??」  
  大島「だってにゃんにゃんの誕生日までには稼いでおきたいしさ!!」ニコッ  
  小嶋「ゆ、優ちゃん」キュン  
  大島「へへwそういうことだからさ!ごめんな」  
  小嶋「仕方ないなー。ていうかなんで何のバイトしてるか教えてくれないのー?」  
  大島「だって、にゃんにゃんがバイト見に来たりして、それを見た他のバイトのヤツがホレたりしたら俺、ヤキモチ妬いちゃうじゃん!!」キリッ  
  小嶋「…そ、そんなことないのにー」ドキドキ  
  大島「そういうことだから!じゃあ、おとなしく帰ってな!!」  
  小嶋「うん。わかったー」ニコッ  
   
   
  店長「おう、大島やっと来たか」  
  大島「遅れてすんません!」ヘラッ  
  敦子「もー優ちゃん遅ーい!」ペシペシ  
  大島「へへwごめんって!」ニコニコ  
  店長「ったく、お前らはすぐいちゃついて…。まあいい、仲良しついでに2人でバックヤードの整理してこい」  
  大島敦子「はーい♪」  
  店長「あ、大島?」  
  大島「なんすか??」  
  店長「…また発情するなよ」  
  大島「へ?w」  
  店長「この前、お前らが2人でバックヤードの整理させた後にバイトの内田に荷物取りに行かせたら、イカ臭いって言ってたぞw」  
  大島「あwバレたw」  
  敦子「ちょ、優ちゃん!」アセアセ  
  店長「若いのもいいがほどほどにしろよ?…見つけたら減給するからな!w」  
  大島「ちくしょー!あの岩め!!w」  
   
   
  内田「へっくしょん!!…(風邪引いたかな?)」  
 
37 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 22:09:01.43 ID:yEVeR/pNO 
  前スレ>>803  
  別の日(横山くんはまりやぎとな設定)  
   
  横山「やぎしゃん!やぎしゃあん!!」  
  島田「あ、横山。」  
  横山「おう、島田!なぁ、やぎしゃん知らん?」  
  島田「まりやならさっき教室出てったけど。」  
  横山「そんなこと言うて実は教室にまだおるんやろ。騙されへんで!…ホンマヤン!」  
  島田「…」  
  横山「なんやノリ悪いなあ。」  
  島田「悪いけどそんな気分じゃない。」  
  横山「珍しく大人しいな。なんか悩みでもあるんか?相談のんで?」  
  島田「別に、そんなんじゃ…」  
  横山「長い付き合いやん。隠そうとしても無駄や。さあ、白状せえ!」  
  島田「実はさ…」  
  永尾「横山?」  
  横山「あ、やぎしゃんや♪」  
  永尾「ちょっと、いきなり抱き着かないでよ!」  
  横山「ええやんか~。」  
  島田「…おい横山。」  
  横山「ん?あー島田。あれ?何喋ってたっけ?」  
  島田「…いや…何でもない…」  
  横山「そやった?まあええか。なあなあ、やぎしゃん。」  
  永尾「何?」  
  横山「いつになったら一緒に暮らしてくれるん?」  
  永尾「卒業したらね。」  
  横山「やや。そんなん待ちきられへん。」  
  永尾「わがまま言わないの。」  
  横山「増田さんと梅田さんかって一緒に住んでるやん!」  
  永尾「よそはよそ、うちはうちでしょ?」  
  横山「やぎしゃんオカンみたいや。オカンまりや~♪」  
  永尾「そんなベタベタしないでよ。」  
  横山「やぎしゃん好き~♪」  
  永尾「私も横山好きだよ。」  
  横山「やぎしゃんがデレた!!島田見たか!?やぎしゃんがデレたで!」  
  島田「お前ら人前でいちゃつくな!」  
 
639 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 21:25:23.05 ID:lXbPcQY8O 
  >>37  
  島田くんとチーム4シリーズ  
   
  テクテク  
  島田「…」ボーッ  
  ドンッ  
  ??「痛っ!」  
  島田「あ、ごめんなさい…ってお前かよ、美奈。」  
  大場「は?ぶつかってきといてその態度はないんじゃないの?」  
  島田「あー、悪かった悪かった。」  
  大場「まったく、気をつけて歩きなさいよね!」  
  島田「…そうだな。」  
  大場「何?元気ないじゃん。」  
  島田「そんなことないけど…」  
  大場「そういや横山も島田が悩んでるとか言ってたけど、どうしたの?」  
  島田「あのさ…」  
   
  大場「要するに、島田くんはぱるるに告白しようか迷ってると。」  
  島田「ぱ、ぱるるになんて一言も言ってないだろ!//」  
  大場「あれ?違った?」  
  島田「違わないけど…」  
  大場「島田見てると丸わかりだもんw弱気になってないで、さっさと告っちゃいなよ!」  
  島田「でもぱるるは杏のこと…」  
  大場「あぁ、転校して数ヶ月たつよね。」  
  島田「その頃はぱるるホントに元気なかったし…」  
  大場「そのこと気にしてんだ。」  
  島田「当たり前だろ?あんだけ仲よかったんだし。」  
  大場「『姫』『王子』って呼び合ったり。どっからどう見てもお似合いだったもんねぇ、あの二人。」  
  島田「だよなあ。」  
  大場「あんたとぱるるじゃ美女と野獣だわ。」  
  島田「誰が野獣だ!」  
  大場「美女と野獣の結末って知ってる?」  
  島田「どうだったっけ?忘れた。」  
  大場「私も。」  
  島田「おい!」  
  大場「ま、なるようにしかならないし、当たって砕けちゃいな。」  
  島田「砕ける前提かよ!」  
 
757 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 21:11:26.57 ID:sBsDx3/lO 
  >>639  
  島田くんとチーム4シリーズ  
   
  島田「美女と野獣のラストか…」  
  ガラガラ  
  市川「あ、島田さん!」  
  島田「みんな揃って教室で何してんの?」  
  仲俣「ちょっとした勉強会です。」  
  中村「やっぱなかまったー頭いいわ。」  
  仲俣「それほどでも//」  
  中村「晴は何してたの?」  
  島田「うん。あのさ、美女と野獣のラストってどんなんだっけ?」  
  中村「美女と野獣?」  
  仲俣「確か、二人が結ばれて、呪いが解けた野獣が元の王子様の姿に戻る、って感じだったと思いますよ。」  
  島田「やっぱり王子か…島田、王子なんて柄じゃないしな…」  
  市川「同感です。」  
  島田「ぱるるには王子のほうが似合うよなぁ。」  
  市川「そうですよ。」  
  島田「いちいちちゃかすな!」  
  市川「えへへ。」  
  中村「美女と野獣とぱるるがどう関係あるの?」  
  島田「美奈に『あんたとぱるるじゃ美女と野獣だわ。』って言われて…」  
  市川「ピッタリですね。」  
  中村「自分じゃぱるるに合わないと思ってるの?」  
  島田「それもあるけどさ…」  
  中村「うん。」  
  島田「ぱるるはまだ杏のことが好きなんじゃないかと思って。」  
  中村「そういうことなら、らんらんに相談してみたら?」  
  島田「鈴蘭に?」  
  中村「あの子こそ、好きな人に好きな人がいるってパターンだし。」  
  島田「そういえば…」  
  中村「勇気もらえるかもよ?」  
  島田「なんか悪いな。迷惑かけてるみたいで。」  
  中村「そんなことないって。」  
  仲俣「そうですよ。『みんな仲間だ。なかまったー!』ですから。」  
  市川「それに迷惑なら、いつもその大声で被ってますから、今更ですって。」  
  仲俣「しっ、みおりんそれ内緒。」  
  島田「お前らな…」  
  市川「あ、私、唱えると何でもうまくいく魔法の言葉知ってますよ!」  
  中村「なになに?」  
  市川「♪フレッシュレモンになり」  
  島田「とりあえず鈴蘭探してくる。」  
  中仲「いってらっしゃい。」  
  市川「ちょっとまだ途中ですよ!」  
 
805 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/19(木) 22:40:21.25 ID:mlg41sO1O 
  >>757  
  島田くんとチーム4シリーズ  
   
  島田「あっ、鈴蘭!」  
  山内「島ちゃん。何か用?」  
  島田「鈴蘭に聞きたいことがあってさ。」  
  山内「聞きたいこと?」  
  島田「鈴蘭はさ、好きな奴に好きな人がいるってわかってんのに、何でそんなにアタックできるんだ?」  
  山内「それって晴樹さんのこと?」  
  島田「そう。」  
  山内「てか、晴っちから恋バナ持ち掛けられるなんてw」  
  島田「いいから!」  
  山内「う~ん…やっぱり本気で好きだからかな。」  
  島田「本気で好き…」  
  山内「そ。正直、諦めたくなるときもあったけど、無理だった。」  
  島田「うん。」  
  山内「それは好きだから。で、諦めずにアタックし続けるって決めたの。そのかいあってか、最近晴樹さんも段々私のこと見てくれるようになったと思うし。」  
  島田「そっか。」  
  山内「だから、晴っちもぱるるのことを本気で好きなら、思い切って告白するべきだと思うな。」  
  島田「な//」  
  山内「島ちゃんがそういう話をするってことはそういうことでしょ?」  
  島田「そうだけど…」  
  山内「告白してみないと、何も始まらないよ。ぱるるの気持ちもわからないし」  
  島田「でも…」  
 
806 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/19(木) 22:43:36.01 ID:mlg41sO1O 
  >>805  
   
  永尾「ねえねえ、二人で何話してるの?」  
  山内「あ、まりちゃ♪今ね、晴っちが告白できるように励ましてたとこ。」  
  永尾「じゃあ、いよいよぱるるに?」  
  山内「そうそう!」  
  島田「なぁ…」  
  山永「?」  
  島田「何でみんな島田がぱるる好きだっていう前提で話すんだ?」  
  永尾「だって…」  
  山内「島ちゃんわかりやすすぎるもん。見てたらわかるよ。」  
  島田「じゃあ、もしかしてぱるるも…?」  
  山内「それは…どうかな?」  
  永尾「そういうのって、肝心の本人は気付いてない、っていうのよくあるよね。」  
  島田「なら…まぁいいけど。」  
  山内「まりちゃもさ、なんか話してあげたら?」  
  永尾「話?」  
  山内「由宇とのこと。」  
  永尾「あ~。例えば?」  
  島田「横山って案外気が多いじゃんか。北原さんと仲良くしてたり。まりやはどう思ってんの?」  
  永尾「どうっていうか…あまり何にも。」  
  山内「どうして?」  
  永尾「信じてるからね、横山のこと。」  
  島田「信じてる…」  
  永尾「卒業したら一緒に暮らすって約束もしてるし。横山が1番好きなのは私だって信じてる。」  
  島田「え?あれって冗談じゃなかったのか?」  
  山内「私もそう思ってた。」  
  永尾「そうだよ。だから大丈夫なの。」  
  島田「そっか。よし、決めた!俺、今からぱるるに告白してくる!」  
  山内「よく言った!」  
  永尾「でもぱるるもう帰っちゃったよ。」  
  島田「え…」  
  山内「あらら残念。」  
  島田「いや、もう決めたんだ!今日がダメなら明日!明日告白する!」  
  山内「お!決戦は金曜日だ!」  
  永尾「頑張って、晴!」  
 
854 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 23:40:18.63 ID:5KODbCLTO 
  >>806  
  島田くんとチーム4シリーズ  
   
  島崎「晴?」  
  島田「ぱるる!ごめんな、呼び出したりして。」  
  島崎「ううん。大丈夫だよ。でもどうしたの?」  
  島田「あのさ…ぱるるに言いたいことというか、伝えたいことがあって…」  
  島崎「私に伝えたいこと?」  
  島田「うん。島田はぱるるのことが好きだ!本気で好きなんだ!」  
  島崎「え…?」  
  島田「島田はぱるるの王子様にはなれないかもしれない。でも、ぱるるのナイトになって、ずっと守ることはできると思う。」  
  島崎「晴…。」  
  島田「ぱるるは、俺のこと嫌いかもしれないし、もしかしたら杏のことが好きなのかもしれないけど…。」  
  島崎「嫌いなんかじゃないもん。」  
  島田「ホントに?」  
  島崎「王子は…杏くんは大切な人だけど、そういう付き合うとかそんなんじゃなくて。」  
  島田「うん。」  
  島崎「付き合うなら、晴がいいかな?」  
  島田「じゃあ…」  
  島崎「改めてこれからもよろしくね♪」  
  島田「うおおおおおお!やったああああ!!」  
  島崎「声おっきい。うるさいよ~。」  
 
855 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 23:42:05.92 ID:5KODbCLTO 
  >>854  
   
  島田「ぱるる、メロンパン買って来たから一緒に食べようぜ!」  
  島崎「メロンパン!?わ~い、食べる食べる♪」  
  モグモグ  
  島田「どう?美味しい?」  
  島崎「うん、おいし~い♪」  
  島田「そりゃよかった!島田の分も食べる?」  
  島崎「いいの?ありがとう、晴♪」  
  島田「いやいや。ぱるるかわいいよぅ!」  
   
  仲俣「あの二人、上手くいってよかったですね!」  
  中村「にしても晴、ぱるるにデレデレしすぎ。」  
  永尾「横山よりひどいかも…いやでも急に抱き着いたりしない分ましかな。」  
  横山「やぎしゃんひどい…」  
  阿部「横山さんいつの間に?」  
  大場「そういえば、久々に杏に電話してみたの。二人のこと話そうと思って。そしたら…」  
   
  森『うん、知ってる。ぱるるが嬉しそうに報告してくれたよ。』  
   
  大場「…って言ってた。」  
  入山「ぱるるさんも結構島田さんのことが好きだったんですね。」  
  竹内「ぱるるも案外ツンデレなところあるからなぁ。」  
  山内「晴っちはああ言ってたけど、十分お似合いじゃん。」  
  市川「いやぁ、恋のキューピッドっていうのも楽じゃないですね!」  
   
  島田「ぱるる、島田のこと好き?」  
  島崎「どうでしょう?ふふふ♪」  
   
   
  終わり  
 
46 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:08:25.92 ID:WO1F3qoVO 
   
  宮男「小森~」  
  小森「はい何ですか宮男さん」  
   
  友麻「最近宮男は小森がお気に入りみたいだな」  
  石田「そうっぽいな小森が天然過ぎて意識もされてないみたいだけどw」  
  友麻「でも小野と別れてから宮男元気ないように見えてたからなんか安心したよ」  
  石田「そうだな…あいつどっかで無理してる感じあったもんな」  
   
  宮崎「お前一日に何回泣くんだよw何か悩んでるなら言えよなw」  
  小森「…………」グスッ  
  宮崎「えっ?えっ?」  
  北原「あー小森をいじめないでよ!」  
  佐亜「宮男サイテー」  
  宮崎「こ、小森ごめん」  
  小森「くーん」グスッ  
  北原「ほら小森泣かないで!」  
  宮崎「…………」  
   
  石田「何しでかしたんだよ?」  
  友麻「何か悪いことでも言ったのか?」  
  宮崎「いやそんなつもりじゃ…」石田「とにかく謝っとけよな」  
  宮崎「ああ…」  
   
   
 
79 名前: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 [] 投稿日:2012/01/06(金) 08:08:32.55 ID:Dqd9bVuoO 
  >>46  
  宮崎「北原、小森は?」  
  北原「小森なら帰ったよ。ちゃんと仲直りしなよ」  
  宮崎「わかってるけどよ何で泣いたのかわかんなくて」  
  北原「それは私もわかんないけど謝れば許してくれるよ!」  
  宮崎「うん…」  
   
  次の日  
  ガラガラ  
  小森「おはようございます」  
  宮崎「…小森!」  
  小森「宮男さんおはようございます」  
  宮崎「おはよ…あの、昨日はごめん!俺何か悪いこと言っちゃったみたいで」  
  小森「…?何のことですか?」  
  宮崎「だから昨日!小森のこと泣かせたじゃん!」  
  小森「あ…!」  
  宮崎「おい忘れてたのかよ!俺がどんだけ昨日悩んだか…」  
  小森「そんなに悩んでたんですか?」  
  宮崎「当たり前だろ!好きなやつ泣かせたら誰でも焦るだろ!」  
  小森「好きなやつですか?」  
  宮崎「ん?」  
  小森「宮男さん小森のこと好きなんですか?」  
   
   
 
80 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 08:12:29.15 ID:Dqd9bVuoO 
  >>79  
  宮崎「(やばいやばい勢いで好きとか言っちまった!!)それは…その」  
  小森「私は好きですよ?」  
  宮崎「えっ!?」  
  小森「宮男さんは私のこと好きですか?」  
  宮崎「………おう」  
  小森「そうですか」  
  宮崎「それだけ!?」  
  小森「じゃあ両思いですね」  
  宮崎「!!(なんだこの展開!!小森のことは好きだけどまたえでだみたいに急にいなくなっちゃったら……でもやっぱ)」  
  小森「今日から小森が宮男さんの彼女で良いですか?」  
  宮崎「し、仕方ねえな彼女にしてやるよ!!そのかわりずっとだぞ!」ドキドキ  
  小森「ありがとうございます」  
  宮崎「あんまり喜んでなくね?」  
   
 
47 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:25:36.12 ID:yBuYIoLE0 
  女子1「あの2人って付き合ってるのかな?」  
  女子2「わかんないけどお似合いだね」  
  女子1「可愛いカップルに見えるよね~」  
  女子2「いいなぁ」  
  増田「…(誰やろ?)」チラッ  
  大島「そりゃないぜー!w」  
  梅田「もうw優人うるさい~w」 キャッキャッ  
  増田「…(お似合いか…)」ガコン  
   
  増田「…」ボーッ  
  梅田「そこ私の席なんですけど~wあっイチゴミルク~♪」チュー  
  増田「…おぉ」  
  梅田「反応遅いよwどうしたの?」  
  増田「さっき授業なんやったん?」  
  梅田「生物。外に冬を探しに行ってたのw小学生か!って感じだよねw」  
  増田「ええやんw…優人は?」  
  梅田「優人に用があると?」  
  増田「いや、オカ郎も冴もそこにおるけど優人おらんから」  
  梅田「こじぱのとこじゃない?」  
  増田「ふ~ん…なぁ…」  
  梅田「ん?」  
  増田「次サボらん?」  
  梅田「えー…」  
  増田「ええやん?たまには」  
  梅田「うーん…わかった、いいよ」  
   
  梅田「んー授業中の図書室久しぶり~w」  
  増田「ハハッ…ヨッ」ストン  
  梅田「ねぇ」チョコン  
  増田「ん?」  
  梅田「どうしたの?」  
  増田「…」  
  梅田「なんかあっ」  
  増田「…」チュッ  
  梅田「…ちょっ」  
  増田「…はぁ」チュッ  
  梅田「…ん」  
  増田「…はぁはぁ」ガバッ  
  梅田「…有やだ」  
  増田「…」チュッ  
  梅田「…こわい」ウルッ  
  増田「(ハッ)ご、ごめん!」グイッ  
  梅田「…どう…したの?」  
  増田「ごめん」ギュッ  
  梅田「なにがあったの?」  
   
 
48 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/05(木) 23:33:01.72 ID:yBuYIoLE0 
  >>47  
   
  増田「…さっきの休み時間ジュース買いに行ったら1年か2年の女子が彩佳と優人みてお似合いやって話してて…」  
  梅田「それで?」  
  増田「それだけ」  
  梅田「…え?それだけ?」  
  増田「そうやぁ…見たらホンマにお似合いやったから…」シュン  
  梅田「…もーうw有君可愛いw」チュッ  
  増田「…俺かっこ悪いな…」  
  梅田「ヤキモチ妬いてくれたんでしょ?嬉しいよ」ヨジヨジ  
  増田「嫌やろ?」  
  梅田「さっきみたいに怖いのはやだ」  
  増田「ホンマにごめん」  
  梅田「うん…やり直して」  
  増田「え?」  
  梅田「さっきの続きじゃなくて最初からやり直して」  
  増田「嫌じゃないん?」  
  梅田「嫌じゃないよ。だって好きだもん」  
  増田「(キュン)彩佳好きや」チュッ  
  梅田「私も有のこと大好き」チュッ  
  増田「さっきごめんな。下冷たかったやろ?」  
  梅田「ふふっw今頃気にするの?」  
  増田「…彩佳のこと怖がらせて無理矢理しようとして俺最低やんな…」  
  梅田「もういいからwそんな顔しないで」ナデナデ  
  増田「いや、ホンマにごめん」  
  梅田「じゃあいっぱいチューして」  
  増田「え?」  
  梅田「もうw」チュッ  
  増田「…彩佳」  
  梅田「ゆ~う♪」チュッ  
  増田「あやか~♪」チュッ  
   
  大家(新年早々昼寝しとったらこれや!)プンスカ  
 
60 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 00:36:29.49 ID:Ei0pNDRC0 
  しーくん&なっつみぃが見たいと思うのは俺だけでしょうか…  
 
61 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 00:38:06.44 ID:QUM5GeaH0 
  奇遇だな、俺もだ  
 
62 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/06(金) 00:47:57.18 ID:U8K5b3PC0 
  じゃあ、おれも  
 
63 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 00:54:25.11 ID:rJ1d0zz40 
  偶然だな!俺もだ。  
 
65 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 00:56:06.64 ID:Cd1XgnPi0 
  >>60-63  
  しーくん自演乙  
 
68 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 01:00:07.13 ID:zyjJbNY7O 
  >>60-63  
  自分も観たいっすね。  
  前スレで一線越えたんでそこからどうなるか。  
  個人的には大家×大矢も気になりますけど  
 
71 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 02:07:14.17 ID:EiSL3Au10 
  プルルルル~ガチャ  
  大家「もしもし、なっつみぃさん」  
  松原「何ー?」  
  大家「さっき増田さんにたこパ招待されたっちゃけど、行きます?」  
  松原「いつー?」  
  大家「今からっちゃけど」  
  松原「うん。いいよー」  
  大家「じゃー迎えにいくけん」  
  松原「うん。待ってるー」  
   
  ピンポーン  
  松原「しーくんちょっと待ってねー」  
  大家「はーい」  
   
  松原「お待たせー」  
  大家「はーい、ってえぇぇぇーーー!!!」  
  松原「ほら行こ」  
  大家「な、なっつみぃさん?そ、その裸のような恰好!!!」  
  松原「あ、コレ水着ー」  
  大家「いやいや、たこパですよ・・・」  
  松原「大丈夫、ちゃんと最初はセーター着とくから」  
  大家「え?」  
  松原「ドッキリ仕掛けんのー」  
  大家「ドッキリって・・・」  
  松原「あと、はい。デジカメね」  
  大家「え?」  
  松原「セーター脱いだ時の梅ちゃんと有のリアクションを撮るの」  
  大家「???」  
  松原「まー楽しくやろう!ねーカメラマン。」  
  大家「(よくわからんっちゃけど、なっつみぃさんが生き生きしとるけん。良かった)」  
   
   
  大家「なっつみぃさん?家出る前にちゃんと上は着てくださいね」  
   
   
  続く  
 
72 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 02:43:31.84 ID:EiSL3Au10 
  >>71続き  
  ピンポーン  
  増田「おう入りー」  
  大松「おじゃましまーす」  
  梅田「なんかカップル感出てきたねー」  
  松原「そーでしょ」  
  大家「・・・カー///」  
  増田「お前はいつまで照れてんねん」  
   
  松原「コソコソ(しーくん今のうちにデジカメムービーモードにしといてね)」  
  大家「コソコソ(歩きながら設定変更済みやけん)」キリッ  
  松原「フフフ(笑)」  
   
  増田「彩佳ー皿ー」  
  梅田「もう準備してあると」  
  増田「ほんなら、先に3人分なー」  
   
  梅田「ほら、なっつみぃ、しーくん食べて」  
  増田「おかわりもOKや!じゃんじゃん食うてや」  
   
  大家「じゃ、遠慮無く」  
  パク。  
  松原「いっただっきまーす」  
  ふぅ~ふぅ~パク。  
  大家「ハフ!ヘホフハヒ(熱っ!でもウマイ!!!)」  
  松原「あー久しぶりー。有腕上げたんじゃない?」  
  増田「ホンマー?」  
  梅田「じゃ、あたしもいっただっきまーす」  
  ふぅ~ふぅ~パク。  
  梅田「あー本当だ今日のいつものよりおいしい。」  
  増田「せやろ!実家から粉送ってもろたんよ」  
  梅田「そっかー。ねー、有もこっち座って食べない」  
  増田「今、行くー」  
   
  増田「ほな俺もいただきます」  
  パク。  
  増田「ホフホフ・・・やっぱ本場の粉はちゃうなーめっちゃうまい!」  
   
  大家「増田さん後から作り方教えてください」  
  増田「作り方?あー。タネのな、混ぜ方がちゃうねん」  
  大家「混ぜ方ですか?」  
  増田「後から教えたるわ」  
  大家「お願いします」  
   
  くっそー二回でオチまで持ってきたかったのに食事会の様子って・・・  
  続く  
 
87 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 11:22:31.87 ID:BighZpaR0 
  ※若干エロ注意  
   
  大島「なぁ、梅ちゃん今日さ…」  
  梅田「えー?もう、仕方なかね…」  
   
   
  大島「はぁ、はぁ…やべ、イくっ…うっ」ドピュッ  
  梅田「んwいっぱい出たねww溜まってたと?」  
  大島「最近にゃんにゃんとにゃんにゃんできてなくてさーw」  
  梅田「あんたが浮気ばっかしてるじゃないのー?」  
  大島「違ぇしww…なぁ梅ちゃん」サワッ  
  梅田「んっ、だめ…」  
  大島「いいじゃん、梅ちゃんエロい顔してるぜー?」  
  梅田「優人の抜いてあげてもっ…そういうことはせんって約束やろ…!」  
  大島「おかしいなー、梅ちゃん俺様の抜いてて欲しくなんないぜー?」  
  梅田「な、なるわけ…」  
  プルルル  
  梅田「!」  
  大島「あ!にゃんにゃんからぜー!!それじゃあ俺行くな!またヨロシク♪」ダッ  
  梅田「あっ…」  
   
  梅田「(何ガッカリしてるんだか…)」  
   
 
88 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 12:02:47.35 ID:SSeK2SnYO 
  >>87  
  いいぞ俺はこういうの待ってた  
   
  そして篠田先生が優人を思い出して濡れたって話をふと思い出した  
 
91 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 12:57:44.24 ID:NHr85/2c0 
  てか前から思ってたんだけど  
  優人ぜーって使いすぎじゃね?  
 
92 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 13:00:59.27 ID:mcGZf6Is0 
  >>91  
  ぜーが付くことによって読み辛いww  
 
93 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 13:12:13.71 ID:tiQTi1Cf0 
  >>91  
  >>92  
  口癖だからしゃあないな(^-^)/  
 
94 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 13:52:01.73 ID:dHgrmY+P0 
  >>92  
  しかし書き手としては「ぜー」ってつけるだけで優人感が出るんだよw  
 
100 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 19:24:47.61 ID:v7k707nP0 
  最近指にゃんフィーバーだなーw指にゃんもいいがそろそろとじ優もいいと思うぞ!!  
 
101 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 19:26:50.64 ID:FMHJ9lW90 
  >>100  
  大麻「戸島、お前はだまってろ」  
 
111 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 21:43:50.60 ID:T3ipE/oR0 
  ある日の放課後・・・  
  大島優人と小嶋陽男と柏木由紀雄は電車で帰っていた  
  大島「なんか宮男を思い出すけど・・・」  
  柏木「あ!この運転手さんは宮男なんだ」  
  小嶋「へぇ~」  
  大島「あ!そこに宮崎美穂(宮男)がいる!」  
  宮男「なんですか?」  
  大島「あそこの名札の両端が「宮男」ってどう思う?」  
  宮男「新しい友達ですww」  
  宮男(男)「運転中は静かにお願いします」  
  4人「はーい」  
  柏木「明日の天気は雪で積もるところもあるでしょう  
     では恵さ~ん!」  
  げ  ん  こ  つ  
  宮男(男)「黙ってくれませんか?」  
  大島「信号待ちだからw」  
  そして4人を乗せた電車は走っていった・・・  
   
  中田「宮男はいいよ宮崎美男(よしお)と呼ぶんだからね」  
  大家「いい情報をありがとうw」  
  次回  
  大島「5組大好きか?」  
  横山「はいそうです!」  
  3年5組にまたまた転校生が来る!  
 
139 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/07(土) 02:35:33.62 ID:VsTaAT+N0 
  誰か僕に>>111の文章の意味教えてください  
   
  何書いてあるかさっぱりわからん  
   
 
113 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 23:40:13.34 ID:c2ZxBpv70 
  石田宅  
   
  石田「じ、じゃあシャワー浴びてくるね・・・」ドキドキ  
  藤江「う、うん//」  
   
  バタン シャァァァァァ  
   
  藤江「あ、晴樹がお風呂入ってる内にアイス買って来ようっと!晴樹喜ぶだろうなー♪」タッタッタ  
   
  ピンポーン  
  佐藤亜「おーいチビ助~。暇だから来てあげたぞー」  
  ポンポーンピンポーン  
  佐藤亜「あれ?ドア空いてる・・・不用心だな」ガチャ  
  テクテクテク  
  佐藤亜「いないのかな。まぁいいや  
       帰ってくるまでベットで寝てよっと♪」Zzz  
   
  石田「あ、あがったよ・・・れいにゃん」ホカホカ  
  佐藤亜「Zzz...」←布団を頭までかぶって爆睡  
  石田「布団に包まっちゃって・・・さては照れてるんだな!?(興奮してきた!)」  
   
  石田「お待たせれいにゃん!!!」ガバッ  
   
  ・・・  
   
  藤江「ただいまー・・・あれ?亜美菜ちやん来てたの?」  
  佐藤亜「うん。どこ行ってたの?」  
  藤江「アイス買いに・・・晴樹はどこ?」キョロキョロ  
  佐藤亜「うん、今ちようどフルボッコにしたとこ♪」  
   
 
115 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/06(金) 23:49:40.22 ID:SSeK2SnYO 
  久しぶりに優人と篠田先生が見たい今日この頃  
 
117 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 00:03:14.18 ID:TEDvhVMg0 
  『あずみ』アナな  
 
118 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 00:03:25.61 ID:fdvuL5Vi0 
  書き手さんってこのネタ直接ここに入力してるの?  
   
  それとも何かに下書きしてる?  
 
126 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 01:41:40.04 ID:GT2wLYm70 
  梅田「さてと…」  
  増田「?彩佳、こんな時間にどこ行くん?」  
  梅田「ラジオー。横山君ときくぢとやるんよ。」  
  増田「…」ぎゅ  
  梅田「もーw急にどうしたとー?w」  
  増田「いくなやーwいちゃいちゃしてようや」  
  梅田「だーめw」  
  増田「俺が行くなっていっとるのに行くんかーw」  
  梅田「行かなきゃいけんの!ほら、もう行かなきゃ!行ってきまーす」  
  増田「…(行ってもうた…)」  
  増田「(前は行くなーゆうたら行かなかったのな…)」  
  増田「(俺に魅力なくなったんかなぁ…これじゃだめやな。ツイッターやろ…)」  
   
  yu_masuda 自分に自信持ちたい。ホントに。  
   
  yu_masuda よしー椎○林檎さん聴こう。  
   
  増田「(最近彩佳が冷たくなった気がすんのは、ただ単に幸せすぎるからちょっとしたことでそう感じんねんかな…)」  
  増田「(そう考えたら俺、欲張りやな…wでも、やっぱ寂しいよなぁ)」  
   
  yu_masuda 人は欲張りだから求めて求めて求めて結局わからなくなるんだよね。どこまで貪欲になればいいかわからんくなる。  
   
  @yu_masuda nyan_pai  
  どうしたぜー?  
  @yu_masuda tyn_love  
  相談乗るよ!  
  続く  
 
146 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 02:51:56.45 ID:GT2wLYm70 
  あ、ちなみに>>126からのものを書いたものですが、  
  最初の方の有のつぶやきはリアルネタです  
 
147 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 02:55:08.16 ID:eze+y7fm0 
  >>146  
  Twitter見た後すぐここ着たから天才発見って思った!  
 
148 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 03:03:49.22 ID:GT2wLYm70 
  >>147  
  ありがとうございます  
 
127 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 01:43:07.91 ID:eze+y7fm0 
  ~図書室~  
  増田「よー!」  
  佐夏「あ!珍しいじゃん」  
  増田「いやな、ちょっと夏希と話したいな思ったやんか」  
  佐夏「何?」  
   
  増田「夏希さ、仲俣の事どう思う?」  
  佐夏「え?仲俣君?うーん真面目な子かな・・・」  
  増田「それだけかいな?」  
  佐夏「うーん・・・何で?」  
  増田「い、いや、結構図書室でいつも一緒におるからなんかあるんやと思っとったわ」  
  佐夏「え?何?嫉妬???」  
  増田「ちゃうわww」  
  佐夏「それだけ?」  
  増田「おぅ、それだけや」  
  佐夏「仲俣君に何か頼まれたの?」  
  増田「い、いや、なんでもあらへん」  
  佐夏「そっかー、新学期始まってから図書室に顔出しに来ないから何かあったのかと思った」  
  増田「え?そっか・・・あ、俺用事出来たわ、ほなな」ダッダッダッダ  
  佐夏「ちょ、有・・・何だったんだろう?」  
   
  続く  
 
131 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 02:00:27.45 ID:eze+y7fm0 
  >>127続き  
  ~2年教室~  
  ガラガラガラ  
  増田「あ、おった、おった。おーい!仲俣ー」  
  仲俣「あ、増田さん。どうしたんですか?」  
  増田「お前どうしたやあらへんて」  
  仲俣「???」  
  増田「お前新学期始まって図書室いかなくなったらしいやん?」  
  仲俣「あ、その事ですか」  
  増田「なんや?なんか考えとんのか?」  
  仲俣「い、いえ、なっちさんの顔見んの怖いんですよ・・・」  
  増田「どうしたん?」  
  仲俣「怖くなったんです・・・。」  
  増田「?」  
  仲俣「折角仲良くなったのに、俺が気持ちを伝えたらなっちさんと気まずくなるんじゃないかな?って・・・」  
  増田「なーんや、そんな事か・・・」  
  仲俣「そんな事ってなんですか?」  
  増田「お前の気持ち多分俺(ら)一番わかんで」  
  仲俣「???」  
  増田「お前帰り暇か?」  
  仲俣「は、はい。」  
  増田「ほんならDiVA部遊びにこいや」  
  仲俣「DiVA部ですか?」  
  増田「お前の気持ち多分俺(ら)ならわかってやれるから。とりあえず待ってんで」  
  仲俣「はい。」  
   
  続く  
 
138 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 02:33:36.56 ID:eze+y7fm0 
  >>131続き  
  ~DiVA部~  
  増田「ええか、絶対に茶化すなよ」  
  秋元「お前に言われなくても気持ちはわかる」  
  宮澤「俺もオカ郎と同じ気持ちだ」  
  梅田「あんたら練習の時よりも目真剣って・・・」  
   
  ガラガラガラ  
  仲俣「失礼します」  
  増田「おぅ、呼び出してすまんかったなー」  
  仲俣「だ、大丈夫です。」  
  増田「悪いとは思ったけどこの二人にも事情ははなしてある」  
  仲俣「え?ま、大丈夫です・・・」  
  秋元「仲俣、俺らの事どこまでなっちに聞いてるかわからないけど、力になるぜ」  
  宮澤「そうだよ。俺らも今のお前の気持ちわかるから」  
  仲俣「どういう???」  
  増田「俺らと優人の四人な、同時に彩佳に告白してん」  
  仲俣「え?」  
  秋元「俺ら幼馴染だろ?今のお前以上にみんな悩んだんだ」  
  宮澤「昔から仲良く兄弟みたいな感じだったし、相談も出来なかったし・・・」  
  増田「そん時な俺らも悩んだんや」  
  仲俣「・・・」  
  増田「ほいでな、彩佳に四人で告白した」  
  秋元「でもな、あの時一番悩んだのは梅ちゃんだと思うんだ」  
  宮澤「そう俺らは気持ちを伝えてただ待つしか出来なかったから」  
  秋元「で、俺と冴が先にフラれたんだけど、別に梅ちゃんを嫌いになる事はなかった」  
  宮澤「逆に真剣に考えて出してもらった答えだったから嬉しかった。本当は悔しかったけどね」  
  仲俣「そんな事があったんですか」  
  梅田「ちょっとー恥ずかしいって・・・」  
  増田「ちょうどそん時な・・・俺と彩佳喧嘩中でな」  
  秋元「あー懐かしいなww。有は優人ともちょっとあったしな」  
  宮澤「あったあったww。」  
   
  増田「なー仲俣。心配する事なんか無いねんで」  
  秋元「関係が壊れるかも?なんて考えてたら誰かになっちとられるぞ!」  
  宮澤「フラれても俺らみんな梅ちゃん好きだしね」  
   
  仲俣「なんかすいませんでした・・・」  
  梅田「何で謝るとー?」  
  仲俣「俺、甘ったれてましたね」  
  増田「おう、やる気なったんか?」  
  秋元「俺らも微力ながら力になるぞ!」  
  宮澤「俺みたいにフラれた直後にりんちゃんと付き合うみたいな展開もあるしねww」  
   
  増田「(あん時彩佳、柏木ちゃんにビンタされたんやったなー)」  
   
  仲俣「まだ告白する勇気はないですけど、明日から図書室顔出します」  
   
  増田「そうか、でもあんまりゆっくりしとるとほんまに夏希とられてまうで」  
   
  仲俣「はい。またここ来てもいいですか?」  
   
  DiVA「いつでも来いよー」  
   
  仲俣「なんか今日はありがとうございました」  
   
   
  そのうち気が向いたら続く  
 
209 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:43:48.54 ID:LgAX2BWN0 
  >>138続き  
  ー翌日図書室ー  
  ガラガラガラ  
  仲俣「あれ?なっちさんいないんだ・・・」  
  佐夏「あー仲俣君あけおめー」  
  仲俣「な、なっちさん」  
  佐夏「ちょっとキョドりすぎww」  
  仲俣「・・・」  
  佐夏「最近顔出さなかったから風邪でもひいたのかと思ったぉ」  
  仲俣「そ、そ、そうなんですよ。体調あんまり良くなかったんでなっちさんにうつさないように」  
  佐夏「やっぱり?そんな事だろうなーって思ってたんだよねー」  
  仲俣「(ヤバい・・・意識すればするほど上手く話せない・・・)」  
   
  佐夏「ねー?まだまだ早いけど大学決めた?」  
  仲俣「あっ、一応早稲田の政経にしようと思ってます」  
  佐夏「え?早稲田?でも政経か・・・」  
  仲俣「ど、どうしたんですか?」  
  佐夏「政経だったらもう少し頑張らないとね」  
  仲俣「そうなんですよ・・・」  
   
  佐夏「実はね・・・アタシも早稲田受けようと思ってんだけど・・・」  
  仲俣「え?ま、マジっすか?」  
  佐夏「でもね、eスクールにしようかなっておもってんだよね」  
  仲俣「え?でもなっちさんなら普通にイケるんじゃないですか?」  
  佐夏「うーん・・・いろいろとやりたい事があるからさ」  
  仲俣「なっちさんのやりたい事ってなんですか?」  
   
  佐夏「うーん、韓国の事もっと勉強したいし、絵ももっと上手く書きたい。お笑いも好きだし・・・」  
  仲俣「そういえば、なっちさんの未来の話って初めて聞いたかもですね」  
  佐夏「あーそうかもww本当に親しい人にしかいわないからなー」  
  仲俣「え?///」  
  佐夏「ん?顔赤いよ?まだ熱あるんじゃない?」  
  おでこをくっつける  
  仲俣「fchgdjygぃkjぉい///」  
  佐夏「やっぱりちょっと熱いよ」  
  仲俣「(そ、そんな事されたら当然でしょーが・・・)」  
  佐夏「とりあえずめーたんに見てもらって」  
  仲俣「だ、大丈夫です・・・」  
  佐夏「ほら、一緒に保健室行ってあげるから」  
  仲俣「は、はい・・・」  
   
  仲俣「(もーわからないよー鈍感にもほどがあるよ・・・)」  
   
  続く  
   
 
211 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:23:24.13 ID:LgAX2BWN0 
  >>209続き  
  ー保健室ー  
  大堀「あらーん仲俣君って言うのーん」  
  佐夏「ちょ、大堀さん・・・」  
  仲俣「・・・」  
  大堀「うーん?熱は無さそうよ」  
  佐夏「本当?良かった、じゃアタシ先に行くから仲俣くんお願いねー」  
  大堀「食べていいのかしらー?」  
  佐夏「食べない方向で行きましょう」  
  大堀「もう、冗談よ」  
  佐夏「じゃ、後宜しくお願いします」  
  大堀「はい。はい。」  
   
  大堀「ねー仲俣くん?」  
  仲俣「な、何でしょう?」  
  大堀「なっちのどこが好きなの?」  
  仲俣「え?」  
  大堀「隠さなくては良いわよ~ん、この愛の伝道師に話してごらんなさぁ~い」  
  仲俣「だ、大丈夫です。自分で何とかしますから」  
  大堀「あらそ~う?なっちって、人間観察は優れてるけど、自分の事になると意外に鈍感だからね~」  
  仲俣「そうなんですよねー」  
  大堀「ほら、そろそろ5限始まるわよ」  
  仲俣「あ、はい。失礼しました」  
   
   
  小嶋「なんか青春してたねー」  
  大島「なっちにも春か???」  
  大堀「何~?盗み聞き~?」  
  カーテン  
  シャツ  
  大堀「もう貴方達保健室はホテルじゃないのよ~ん」  
  大島「めーたんもこっち覗いてたくせに」  
  大堀「あら?気づいてたの?」  
  大島「やっぱりぜー」  
  大堀「鎌かけたの?」  
  小嶋「どうして覗くー?」  
  大堀「ほら、貴方達も教室に戻りなさい。じゃないとアタシも混ざっちゃうわよ~ん」  
   
  大島「い、行こうかにゃんにゃん」  
  小嶋「うん。」  
  大堀「あら~ん・・・そこは・・・もういいわ・・・」  
   
  大島「(仲俣となっちか・・・有達知ってんのかな?)」  
   
  続く  
 
612 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 04:59:26.17 ID:RugPXJ/40 
  >>211遠投だけど続き  
  ーDiVA部部室ー  
  ガラガラガラガラ  
  大島「よー!」  
  秋元「なんだ、優人か・・・」  
  大島「何だって何だよ!」  
  秋元「あ、わりー・・・」  
  大島「それはそうと、実はさっきな保健室で聞いたんだけどよ」  
  宮澤「何?何?」  
  大島「あのな、俺らと同中でついに春がきそうな奴がいるんだよ!」  
  秋元「え?二中出身で?」  
  宮澤「えー?誰だろう?」  
  増田「二中やったら、夏希か香菜かともくらいちゃうか?」  
  梅田「じゃーねー香菜!」  
  秋元「えー、それは何か嫌だな・・・」  
  大島「ブッブー!香菜じゃない」  
  秋元「ふー・・・じゃ、河西か?」  
  増田「え?とも?・・・は!彩佳ちゃうねん」ドギマギ  
  梅田「何?やっぱり元カノは気になると?」  
  宮澤「オカ郎も有も焦りすぎだよwwで優人?ともーみが正解?」  
  大島「・・・ブッブー!正解はなっちぜー」  
  四人「なーんだ、なっちか」  
  大島「お、おい!!!お前等友達の幸せが嬉しくないのか?」  
  増田「相手って二年の仲俣やろ?」  
  大島「は?なんで有知ってんだよ?」  
  秋元「有だけじゃねーよ。俺らみんな知ってるよ」  
  大島「なんだよ?どういうことだよ?」  
  宮澤「俺ら相談乗ってたからさ」  
  大島「相談???なっちの?」  
  梅田「違う。仲俣君の」  
  大島「どういう流れ?詳しく聞かせろよ」  
   
  増田「ええか、はじめは前スレだけど、>>127 >>131 >>138 って事があったんだよ」  
  大島「なんだよ・・・折角みんなのビックリする顔見れると思ったのに・・・」  
  秋元「で?今日はそれだけか?」  
  大島「それだけって・・・で、お前等は動かないのか?」  
  宮澤「いや、こればかりはさ、なっちの気持ちもあるから何とも動けないだろ」  
  増田「そやで!軽く夏希にサグリいれたったんやけど、まだ仲俣を男として見てる感じや無いんやなー・・・」  
  大島「仲俣は?あいつはあれか?ガツンって行くタイプじゃなさそうだしな・・・」  
  梅田「とりあえず、優人も下手に動かんでね」  
  大島「わ、わかったぜー」  
   
  秋元「久々に五人そろったしカラオケでもいかねー?」  
  宮澤「お!賛成」  
  梅田「彼女―ズも呼んでよかと?」  
  大島「梅ちゃん流石!やっぱり梅ちゃんぜー☆」  
  増田「じゃ、いつもの10人部屋予約すんで?」  
  秋元「お!任せた!」  
   
  大島「じゃー出発ぜー」  
   
  続く  
 
615 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 05:58:53.98 ID:RugPXJ/40 
  >>612続き  
  ーカラオケボックスー  
  大島「じゃー発表しまーす!」  
  秋元「出たよ・・・どうせ、いつものアレだろ?」  
  大島「題して、採点一位のカップルは御代はいりません!カラオケ大会ー!」  
  ドンドンドンドンパーフーパーフー♪  
  宮澤「やっぱりじゃん!」  
  大島「違うぜー!今回はデュエット対決ー!」  
  増田「何でもええから早歌おうや!」  
  大島「有!今日でお前の天下も終わりぜー!」  
  梅田「優人ー?それはアタシが足を引っ張るって言ってると?」  
  大島「ちょ、う、梅ちゃんそんなの被害妄想ぜー・・・」  
   
  2時間後  
  現在トップ91点  
  増田、梅田ペア  
   
  大島「くっそー!みんな90点までは行くのに・・・」  
  小嶋「優ちゃんハロプロ知らなすぎだよー」  
  秋元「はーちゃんごめん・・・俺がもうちょっと昭和に詳しくなってれば・・・」  
  片山「え、オカ郎君充分上手いよ」  
  宮澤「りんちゃん。あと二点だよ。ガンバローね」  
  柏木「うん。でも楽しく歌おうね」  
  宮澤「(あ、りんちゃんそのタユパイを腕に当てないで・・・)ちょ、トイレー」  
  増田「冴は所構わずやな・・・」  
  梅田「(やっぱ有の歌好きだなー)ポー///」  
  大島「おい!そこー!!トップだからってイチャつかない!!!」  
  増田「べ、別にイチャついてへんやろ!なぁ~あやか~」イチャイチャ  
  梅田「そうだよ優人!別に普通やけん」イチャイチャ  
   
  片山「(今の流れならイケる。オカ郎君の手握っちゃえ!)」ニギっ。  
  秋元「ハウっ」  
  片山「???」  
  秋元「はーちゃん・・・それは・・・手・・・じゃない・・・」  
  片山「ygkjひyふぃjlhこhg」ドギマギ  
   
  大島「ほー結構はーちゃんも積極的ー!!!にゃんにゃーん」ダっ!  
  ヒョイ  
  小嶋「優ちゃんここでは駄目ー」  
  大島「えー・・・」シュン  
   
  続く  
 
616 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 06:12:31.23 ID:RugPXJ/40 
  >>615続き  
  ガチャ  
  秋元「冴、おかえりー」  
  宮澤「ちょ、ちょっとみんなー」  
  大島「どうした?冴?」  
  宮澤「隣の部屋に噂の二人がいる!」  
  片山「え?噂の二人って何?」  
  小嶋「優ちゃん噂の二人って誰ー?」  
  柏木「え?私も知らなーい(冴君達の話は盗聴済だから知ってるけど)」  
  増田「おもろいやん!二人も呼んで参加してもらおーや!」  
  一同「賛成!!!」  
   
  ガチャ  
  増田「よー!」  
  仲俣「あ!増田さんと梅田さん?何やってんですか?」  
  梅田「それはこっちの台詞よ。なんでカラオケボックスにきて勉強してんの?」  
  佐夏「最近図書室に漫画本置いたらさー、うるさくてさ・・・」  
  増田「そーなんや・・・あのな今隣でカップルカラオケ大会やってんねやんか、二人も参加せえへん?」  
  梅田「因みに一位になったらカラオケ代かからんよ」  
  増田「ま、俺らの一位はゆるがんけどな」  
  梅田「なっちも仲俣君も息抜き程度においでよ」  
  仲俣「なっちさん、どうしますか?」  
  佐夏「うーん・・・カップルじゃないけど参加出来んの?」  
  増田「勿論OKやで!」  
  佐夏「じゃ、ここ先に精算したら行くから!」  
  梅田「じゃー待っとーね」  
  仲俣「(カップルじゃ無いか・・・)」  
   
  ガチャ  
  増田「もうちょいしたら来るって」  
  秋元「ってか隣に人いたんだな」  
  大島「そういえば音聞こえなかったな・・・」  
  増田「そら、そうや、二人で勉強しとったんや」  
  宮澤「え?カラオケボックスで勉強???理解出来ないよ・・・」  
  秋元「お前は学校でも勉強しないじゃないか!」  
  一同「爆笑」  
  宮澤「し、してるよー!た、ただテストの点数が低いだけだよー」  
   
  ガチャ  
  佐夏「おじゃましまーす」  
  仲俣「失礼します」  
  大島「おい!仲俣!お前かてーよ!もっとリラックスしていいぞ!」  
  仲俣「い、いえ先輩たちの前なので・・・」  
  秋元「そんなに気使わなくてもいいぞ。相手が俺らなんだから」  
  仲俣「・・・(貴方達だから気使うんですよ)」  
   
  梅田「なっちーここおいでー」  
  増田「10人部屋予約しとって正解やな。そして天才やな俺ww」  
  梅田「はいはい 。天才天才」  
   
  佐夏「へー今一位が有と梅ちゃんなんだー。で、天才は何歌ったの?」  
  増田「あ、俺らは夕陽を見ているか?や」  
  佐夏「なるほど、じゃー仲俣君軽く超えますか!」  
  仲俣「そ、そうですね、って91点て大分高得点ですよ!」  
  佐夏「OK!余裕でしょ!」  
  佐夏「じゃー二人で歌います。記憶のジレンマ」  
  仲俣「え?もうですか?」ドキドキ  
   
  続く  
 
618 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 06:48:08.76 ID:RugPXJ/40 
  >>616続き  
   
  デンデンデデーン♪パチパチパチパチ  
  91点!!!  
  パンパカパーン!  
   
  増田「くっそー!やっぱ夏希の高音は最高やな」  
  梅田「仲俣君も予想以上に綺麗な声してるし」  
  大島「おい!仲俣!!!ウメーじゃねーか!」  
  小嶋「うん。なっちの声と凄くあってたー!」  
  柏木「アタシリクエストしていい?」  
  佐夏「何?何ー?知ってる奴だったら大丈夫だぉ」  
  柏木「えっとねー抱きしめられたら!」  
  仲俣「え?セクシー系の女性の歌じゃないですか!」  
  佐夏「OK!いこ仲俣君」  
  仲俣「え?俺歌えるかな?キーが・・・」  
  佐夏「大丈夫!大丈夫!」  
   
  ・・・♪♪♪  
   
  増田「これはアカン!91点以上や!」  
  片山「めっちゃうまい」  
  秋元「あ、あーあの二人の声の相性最高だな」  
  宮澤「なっち・・・セクシー・・・」  
  柏木「(し、しまった・・・アシストしてしまったか・・・)」  
  大島「俺とした事が聞き入ってしまったぜー」  
  小嶋「凄かったね」  
  梅田「ほら点数でるよ!」  
   
  ジャジャーン!!!  
  95点!!!  
   
  増田「マジか!!!」  
  梅田「これは仕方ないよ・・・」  
   
  佐夏「イエーイ!これは勝ったでしょ!」  
  仲俣「(この流れの中ならイケるかな・・・)」ゴクっ  
   
  仲俣「あ、あのー・・・なっちさん」  
  佐夏「ん?」  
   
  仲俣「・・・ずっとなっちさんが好きでした。お、俺と付き合ってください」  
   
  増田「(お!言いよったー)」ドキドキ  
  梅田「(確かにこの雰囲気!)」ドキドキ  
  大島「(期待以上の展開ぜー)」ドキドキ  
  小嶋「(キュンキュン。)」ドキドキ  
  秋元「(こんな告白OK以外に無いだろ)」ドキドキ  
  片山「(あー見てるこっちが恥ずかしい)」ドキドキ  
  宮澤「(今の仲俣かっこよかったなー)」ドキドキ  
  柏木「(今だけはホワイトゆきりん)」ドキドキ  
   
  続き  
 
620 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 07:18:06.90 ID:RugPXJ/40 
  >>618続き  
   
  佐夏「・・・ご、ごめんなさい・・・」  
   
  一同「えぇぇぇぇぇーーーーーーーーー!!!!!!」  
   
  仲俣「そ、そうですか・・・すいません・・・」ダッダッダッダ  
  増田「お、おい!仲俣ー!」ダッダッダッダ  
   
  梅田「ちょ、なっち?何が駄目だったとー?」  
  佐夏「・・・駄目じゃないよ・・・」  
  秋元「駄目じゃない?」  
  佐夏「う。うん。でも、急だったからビックリしちゃって・・・」  
  大島「ならOKぜー?」  
  佐夏「うーん・・・ちょっと考える時間が欲しいよ・・・」  
  佐夏「だってさ・・・さっきまで弟みたいに考えてたのに、急に告白されたら私もわかんないよ・・・」  
  秋元「そ、そうか、って事は完全に無しって事じゃないんだな」  
  大島「じゃ、俺ら仲俣追いかけるわ!行こうぜーオカ郎、冴」  
  宮澤「わ、わかった。後は任せたよ」  
  梅田「OK!」  
   
  仲俣「ハァハァハァハァ」  
  ガシっ  
  増田「やっと追いついたで。」  
  仲俣「増田さーん(泣)」ヒクヒク  
  増田「なー、仲俣?何で逃げたん?」  
  仲俣「・・・」  
  増田「俺なー、夏希と付き合い長いやろ!多分な付き合えないってごめんなさいとちゃうでさっきの」  
  仲俣「へ?」  
  増田「さっきの告白でやっと夏希の中で仲俣が仲の良い後輩から男になったと思うねやんかー」  
  仲俣「・・・」  
  増田「一応な軽くさぐりは入れててん。でもなー悲しいほど仲俣・・・弟みたいな感じやったんや・・・」  
  仲俣「そ、それ・・・今の俺の前で言いますか?」  
  増田「でもなーさっきのお前ほんまカッコよかったで!俺らK4が霞むくらいにな!」  
  仲俣「いいですよ・・・そう言うの・・・」  
  増田「ほんまやで!それに完全にフラれたんとちゃうと思うし」  
  仲俣「それは増田さんの中で!ですよね・・・」  
  増田「ほら、あれ見てみ?」  
  仲俣「あ!」  
   
  続く  
 
622 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 07:28:34.06 ID:RugPXJ/40 
  >>620続き  
   
  おーい!!!  
  秋元「ここにいたのか!」  
  大島「なんで逃げんだよ!」  
  宮澤「そうだよ!急に走り出すから焦ったよ!」  
  仲俣「い、いや、あの中で綺麗にフラれたんですよ・・・そりゃ逃げたくなりますよ・・・」  
  秋元「やっぱりか・・・。じ、実はな・・・お前フラれたわけじゃないぞ!」  
  仲俣「え?」  
  大島「感がる時間が欲しいんだってさ」  
  宮澤「それをあそこで走り出すからわけわからなくなんだよ!」  
   
  増田「な!だから言うたやろ!」  
  仲俣「は、はい」  
  増田「とりあえず戻ろうや」  
  仲俣「で、でも・・・」  
  秋元「前にも言っただろ?気まずい思いをしてんのはなっちもなんだぞ」  
   
  仲俣「そ、そうですね。俺もなっちさんに謝んないと」  
  秋元「じゃ、戻るか」  
  宮澤「うん。」  
  大島「なっちの方は梅ちゃん達がフォローしてくれてるはずだし」  
  仲俣「はい。なんかすいません・・・」  
   
  大島「それとな、ずっと気になってたんだけど、事あることにあやまんのやめた方がいいぞ!」  
  仲俣「???」  
  大島「悪くないのにあやまんのおかしいだろ!」  
  仲俣「す、すいません」  
  大島「それだよ!もっと気楽にいこうぜ!楽しまねーと高校生活!」  
  仲俣「そ、そうっすね」  
  増田「長い人生のたったの3年間や。」  
  宮澤「やりたい事やらないと後悔しちゃうよー」  
  秋元「こうして馬鹿な事、大人になったら早々出来ないしな」  
  仲俣「はい。」  
   
  大島「ほら、ハンカチ」  
  仲俣「え?」  
  大島「どうでもいいけど涙ふけよ。なっちには笑顔で会わないとな」  
  仲俣「は、はい。ありがとうございます」  
  大島「一応ハンカチ返せよ!ビッチがうるせーからよ!」  
  仲俣「はい。洗ってかえします」  
   
   
   
  仲俣「(やっぱK4って見た目だけじゃないんだな・・・みんなかっこよすぎでしょ・・・)」  
   
  続く  
   
 
623 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 07:53:58.61 ID:RugPXJ/40 
  >>622続き  
  ーカラオケボックスー  
  梅田「なっちは仲俣君をどう思うと?」  
  佐夏「うーん・・・さっきまでは弟みたいな感じかな・・・」  
  柏木「じゃ、今は違うんだ?」  
  佐夏「そりゃそうだよ。私ら以外みんなカップルでその前で告白されたんだよ!」  
  小嶋「たしかに・・・でもさっきの仲俣君かっこよかったねー」  
  片山「うん。男らしかった」  
  佐夏「だから困ってるんだよ・・・」  
  梅田「なっちの気持ちは凄くわかるよ」  
  梅田「もし断ったら仲俣君を傷つけちゃうとか、今まで通りに話出来なくなっちゃうのかな?って事でしょ?」  
  佐夏「う、うん・・・。」  
  梅田「そういうのは考えなくていいと思うよ」  
  佐夏「そーかなー・・・」  
  梅田「大事なのはなっちの気持ちでしょ?」  
  佐夏「・・・」  
  梅田「でもね、仲俣君の為にもちゃんと答え出してあげて。」  
  佐夏「うん。」  
   
   
  小嶋「結局カラオケ代うちらが払ってるし・・・」  
  片山「後から秋元君たちにレシート見せれば大丈夫だよ」  
  柏木「あ!冴君達戻ってきた」  
  梅田「ちょっとーあんたら時間見て逃げたでしょ?」  
  増田「え?なんの話?」  
  梅田「カラオケ代!うちらで払ったからあんた達は一人2,000円ねー」  
  秋元「え?高くない?」  
  梅田「半分はあたしらで分けるから!」  
  大島「何だよー!梅ちゃん汚ねーぜー!」  
  梅田「ちょ、人聞き悪い事言わんと!これを積み立てて次の遊びの時に使うのー!」  
  大島「流石梅ちゃんぜー!俺は最初からわかってたぜー」  
  秋元「お前・・・綺麗な手のひら返しだな・・・」  
   
  佐夏「クスッwwwちょっとーあんたら相変わらずwwww」  
   
  佐夏「今日は誘ってくれてありがとう」  
  増田「ええねん!ええねん!」  
   
  佐夏「じゃ、仲俣君帰ろっか」ニコ  
  仲俣「は、はい。」  
  佐夏「じゃーみんなバイバーイ。」  
   
  秋元「あの二人いいのか?」  
  梅田「ま、ふたりで話もあるでしょ」  
  大島「そうだな、俺らも帰るか」  
  増田「せやな」  
  宮澤「それじゃりんちゃん帰ろっか」  
  柏木「そうだね」  
   
  秋元「それでは一同」  
   
  解散!!!  
   
  続く  
   
   
 
624 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 08:05:04.72 ID:RugPXJ/40 
  >>623続き  
  ー帰り道ー  
  仲俣「なっちさん?急に告白してすみませんでした」  
  佐夏「本当だよ。ビックリしちゃった」  
  仲俣「そ、そうですよね///」  
  佐夏「ねー仲俣君?」  
  仲俣「は、はい?」  
  佐夏「なっちも仲俣君すきだよ」  
  仲俣「え?」  
  佐夏「でもね、まだ自分でもよくわかんないの」  
  仲俣「・・・」  
  佐夏「もうちょっと待っててもらってもいい?」  
  仲俣「?」  
  佐夏「今日の返事」  
  仲俣「は、はい。いつまででも待ちます」  
  佐夏「ちゃんと考えるから。」  
  仲俣「はい。」  
  佐夏「それと・・・」  
  仲俣「あ、あのーなっちさん?」  
  佐夏「え?」  
  仲俣「明日からも図書室行っていいですか?」  
  佐夏「勿論(良かった)」ニコ  
   
  佐夏「ねー?」  
  仲俣「はい?」  
  佐夏「・・・手・・・繋ごっか?」  
  仲俣「・・・」ギュッ  
  佐夏「///」ギュッ  
   
   
  とりあえず終わり  
   
   
 
626 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 08:51:15.31 ID:HVHwblFXO 
  >>624  
  おつかれー  
  なかまったーとK4の絡みが最高すぎた!ありがと  
 
128 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 01:44:59.24 ID:BitWO0JY0 
  前も書かれてたけど優人にぜーぜー言わせるの寒いわ  
  内容ないネタ無駄に何レスも引き延ばすなよ  
 
132 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 02:06:30.10 ID:GT2wLYm70 
  @junjo_daisuki  
  電話するか?  
   
  増田「(あいつら…)」ぐす  
  増田「(てか、俺だけIDふつうやなw)」  
   
  yu_masuda でもみんながいるもんな。だいじょーぶだ  
   
  @yu_masuda nyan_pai  
  そうぜー!元気ない有なんかきもいぜー  
  @yu_masuda tyn_love  
  そうだよ!いつもみたいに堂々として!  
  @yu_masuda junjo_daisuki  
  そうだ。いつも通り胸を張れ。  
   
  増田「(…元気でたわwほんまこいつら大好きやw)」  
   
  yu_masuda とか言ってw落ち込んでないよーみんなが普段思うようにおれも思ったことつぶやいてみただけだから。心配すんなよ  
   
  yu_masuda てか!みんなの返信みててどんだけおれが自信あるようにみえんねんって思ったわwでもみんなからそう言ってもらえるのは、すごいうれしい\(^0^)/ありがとう。  
   
  yu_masuda Twitterでみんなと繋がれてる感ぱないなー愛されとるな!明日学校でお返しするで  
   
  yu_masuda 寝る!夜に連投すんません!  
   
  @yu_masuda nyan_pai  
  おやすみぜー  
   
  続く  
 
134 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 02:21:04.84 ID:GT2wLYm70 
  >>132(>>132は>>126の続き)  
  @yu_masuda tyn_love  
  おやすみ!  
  @yu_masuda junjo_daisuki  
  おう。お休み  
   
  増田「(よし、寝るか…あ、最後に)」  
   
  yu_masuda 最後にもう一つ  
   
  yu_masuda おまえら大好きや。ほんまに寝るわ。お休み ♯これをつけて呟けば彼女の胸が2カップup  
   
  @yu_masuda nyan_pai  
  wwwwwwwww ♯これをつけて呟けば彼女の胸が2カップup  
  @yu_masuda tyn_love  
  wwwwwwwwwww♯これをつけて呟けば彼女の胸が2カップup  
  @yu_masuda junjo_daisuki  
  wwwwwww ♯これをつけて呟けば彼女の胸が2カップup  
   
  @kozima_rinosuki … ♯これをつけて呟けば彼女の胸が2カップup  
   
  終わり  
   
 
150 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 05:27:31.66 ID:lbNzrwDE0 
  横山「あやりんさんと結婚したいです。」  
  菊地「ほんとに~?」  
  横山「ほんとですよ~!」ワイワイ  
   
  秋元「横山…あいつ…」ポキポキ  
  北原「今日は新記録目指そっかな♪」  
 
155 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 12:32:18.83 ID:nX2j6FZRQ 
  >>150  
  横山は気の多いヤツだなw  
  この調子なら隠れてもっと色んな子に言ってそうだなw  
 
164 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 16:41:00.64 ID:AfHNzAfrO 
  高橋と小嶋さんの初エッチの話はまだでスか?  
 
168 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:33:13.85 ID:P5WdH4Q8O 
  >>164  
  敦「南…いくら親友でもそれはダメ」  
  敦子「ねえ敦~日本刀どこしまったの?」  
  敦「僕は知らないよ、母さんに聞いてみたら?」  
  敦子「お母さ~ん、日本刀知らない?」  
  前田母「仏間に置いてあるじゃん」  
  敦子「借りてくね」  
  前田母「使ったら元に戻してよ、あんたいつもそこらへんに置きっぱなしなんだからお母さん片付けてるんだから」  
  敦子「子供じゃないんだから」  
  前田母「敦子はまだ子供じゃん、お母さんいなくても朝起きれるの?」  
  敦子「敦もそうじゃん」  
  前田母「二人ともね、使ったら元に戻すこと」  
  敦子「はーい」  
   
 
169 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:35:10.32 ID:AfHNzAfrO 
  >>168  
  ちょw一般家庭になんで日本刀あんだよw  
 
170 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/07(土) 17:56:21.74 ID:rAZx+FZQ0 
  >>168  
  日本刀www  
 
179 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 20:44:57.50 ID:P5WdH4Q8O 
  >>169-170  
   
  敦子「なんで日本刀があるって?  
  護身用じゃん、木刀や竹刀だけじゃ危ないから」  
  敦「敦子の鉄拳も凶器だから」  
  敦子「なんか言った!?」ムカ  
  敦「別に…ちいちゃん今日バイトだったかな…」  
 
172 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:33:45.85 ID:DPnmyQFf0 
  >>168  
   
  北原「お母さーん。マムシドリンクどこー?」  
  北母「あら、冷蔵庫に入ってない?」  
  北原「ないよー」  
  北母「じゃあ開けてない段ボールがあるわよ」  
  北原「じゃあ5本ほど持っていくねー」  
  北母「横山くんによろしくね」  
  北原「うん♪」  
 
185 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 22:54:46.85 ID:RXpU3g8s0 
  オカまり  
  麻里子 K4より1つ学年が上の先輩♀  
   
  デート帰りの電車  
   
  篠田「もうちょっとで終電を逃すとこだったね」  
  秋元「麻里子が遊び過ぎたからだろ?」  
  篠田「だって、絶叫マシンが苦手なオカ郎をジェットコースターに乗せるのが面白かったんだもんw」  
  秋元「あのなぁ……本当に死ぬかと思ったんだぞ?」  
  篠田「苦手なくせに、結局は無理して一緒に乗ってくれるところが可愛くてさ~」  
  秋元「麻里子一人を乗せるわけにもいかないだろ。折角一緒にいるんだから///」  
  篠田「怖いのも駄目なくせにお化け屋敷では篠田先輩の手を引いてくれるし」  
  秋元「彼女の手を引くのなんて別に普通のことだろ///」  
  篠田「照れちゃって。本当は篠田先輩と一緒にいれて楽しかったんでしょ?」ウリウリ  
  秋元「まあな」  
  篠田「素直じゃないな~」コチョコチョ  
  秋元「こら、やめろってば」  
  篠田「やめて欲しかったら素直になりなさい」コチョコチョ  
  秋元「あー、もう。すげえ楽しかったよ」  
  篠田「///」  
  秋元「……ん? どした?」  
  篠田「な、なんでもないよ。素直でよろしい」  
  秋元「?」  
  篠田(そんな直球で言われたら照れるってば///)  
   
  篠田「それにしても今日は一日遊び倒したね」  
  秋元「そうだなぁ…………ははw」  
  篠田「どうしたの?」  
  秋元「ちょっと思い出し笑い」  
  篠田「なになに~? 教えてよ」  
  秋元「いや、あんなにはしゃいだ麻里子を見たのは初めてだったからさ、なんか可愛かった」  
  篠田「な/// 年下のくせに言ってくれちゃって、こいつ///」ウリウリ  
  秋元「麻里子、くすぐったいよw」  
  篠田「ねえ、オカ郎」  
  秋元「ん?」  
  篠田「苦手な絶叫マシンにもお化け屋敷にも律儀に付き合ってくれてありがと」  
  秋元「へ?」  
  篠田「おかげで今日は楽しかった」  
  秋元「う、うん///」  
  篠田「顔が真っ赤だよ?」  
 
186 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 22:56:45.87 ID:RXpU3g8s0 
  >>185  
   
  秋元「それはその………うん///」  
  篠田「ふふw でも、今日は篠田先輩に一日中振り回されてちょっと疲れたでしょ?」  
  秋元「え、いや、そんなことないよ?」  
  篠田「駅に着いたら起こしてあげるから、ちょっと寝てなよ」  
  秋元「麻里子こそ疲れてるだろ? 俺が起こすからちょっと休みなよ」  
  篠田「いいから。オカ郎の方が年下なんだから篠田先輩の言うことを聞きなさい」  
  秋元「そういうわけにはいかないって」  
  篠田「ほら、たまには素直に甘えるの」  
  秋元「ぐ……わかったよ」  
  篠田「よろしい」  
   
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
   
  ????「………よ」  
  秋元「ん?」  
  駅員「お客さん起きて。終点だよ」  
  秋元「え? あれ?」  
  駅員「こっちのお客さんは知り合い?」  
  篠田「zzz」  
  秋元「あ、はい。知り合いです。麻里子」ユサユサ  
  篠田「……あ、オカ郎」  
  駅員「列車を車庫に入れるんで、降りてもらってもいいですか?」  
  秋元「すいません。麻里子、ほら、降りるよ」  
  篠田「あれ? 寝過ごした?」  
  秋元「そうみたい」  
  篠田「ここどこ?」  
  秋元「終点っぽいな……」  
  篠田「……ごめん。私も寝ちゃった」  
  秋元「いや、麻里子だけのせいじゃないよ。俺も寝ちゃってたんだし」  
  篠田「これからどうする?」  
  秋元「取りあえず駅を出ないと、それから考えよう」  
  篠田「どこかに泊まらないとね。ねぇ、オカ郎……」  
  秋元「どした?」  
  篠田「ホテル行こうか?」  
  秋元「え?」  
  篠田「ねぇ、オカ郎、行こうよ」  
  秋元「…麻里子」  
 
187 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 22:58:48.26 ID:RXpU3g8s0 
  >>186  
   
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
   
  秋元「ということがあった」  
  大島「まんまとしてやられたぜー」  
  増田「麻里ちゃんはやり方が巧妙やな」  
  宮澤「ん? なんで麻里ちゃんが巧妙なの?」  
  増田「麻里ちゃんはわざと寝過ごしたに決まってるやろ」  
  宮澤「ん? なんでわざと寝過ごすの?」  
  大島「オカ郎とお泊りするために決まってるぜー」  
  宮澤「ええええええ///」  
  梅田「それからどうなったと?」  
  秋元「それから……」  
  大宮増梅「……」ワクワク  
  秋元「取りあえず麻里子の親に電話した」  
  大宮増梅「え?」  
  秋元「終電で帰れなかったことを電話口で謝って『麻里子さんのことを迎えに来て下さい』って頼んだよ」  
  増田「なんやねんそれ。そこまでされたんやから男を見したらんかい!」  
  秋元「今回のことで麻里子のご両親の不興を買いたくなかったし、認めて欲しかったからさ」  
  梅田「真面目でオカ郎らしかとw」  
  大島「それで結局お泊りはしなかったぜー?」  
  秋元「ああ。我慢したよ」  
  大島「勿体ないことするぜー」  
  宮澤「相変わらず強い心を持ってんな~」  
 
197 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 23:54:22.10 ID:fAHAWDDUO 
  >>187  
  ということがあったのシリーズ好きだ  
   
  >>191  
  小島くんは躊躇しないのかw  
 
192 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/07(土) 23:36:58.95 ID:D9tGtmH60 
  おい一つ言いたいことがある戸島は1日3レスまでとか決めたやつ誰だよ?  
  まったく・・・俺と優きゅんの恋路が3レスで収まるわけないだろ(プンスカ)  
 
203 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:14:13.62 ID:u47vLOMU0 
  大島「麻里ちゃん、今日家行って良い?」  
  篠田「いいけど…今日小嶋さんとデートって言ってたじゃん」  
  大島「あーなんかバイト断れなかったんだって…」  
  篠田「そっか。じゃあいつものとこで待ってて?」  
  大島「おっけー!」  
  篠田「あーそれと、ここ学校なんだから軽く話しかけないの!  
     学校では篠田先生!」  
  大島「へーいw」  
  篠田「まったくもう…」  
   
  篠田「優くん!お待たせ」  
  大島「お!お疲れ!寒かったあー」  
  篠田「じゃー早くうち帰って暖まろっか」  
  大島「うん!なんか暖かいもん食べたいなー」  
  篠田「…カレー?」  
  大島「またカレーかよーwまぁいいけどさw麻里ちゃん、手繋いでも良い?」  
  篠田「だめー」  
  大島「えーけちー!手が冷たいんだもん!暖めて!」  
  篠田「冷たい手触りたくないもん!」  
  大島「けちー」  
  篠田「それに、恋人じゃないんだからねー?」  
  大島「分かってるよーだ」  
   
   
   
  続く  
 
210 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:45:14.94 ID:u47vLOMU0 
  >>203  
   
  大島「ハァ…ハァ…やっぱ麻里ちゃんとのエッチ良いわ…気持ちよかった…」  
  篠田「それ誰と比べてー?w」  
  大島「ん?色々w」  
  篠田「はぁーチャラいなぁー」  
  大島「麻里ちゃんだってーこうして俺と遊んでるんだし?」  
  篠田「私は彼氏いないし優くん以外に遊んでる人いないもん」  
  大島「よく言うよーwでも俺も麻里ちゃん以外いないよ?」  
  篠田「あんたは可愛い彼女がいるでしょうがっ!」  
  大島「あはwにゃんにゃん可愛すぎて死んじゃうよー」  
  篠田「それここで言う台詞じゃないしw」  
  大島「だよねw麻里ちゃん、もう寝る?」  
  篠田「んーシャワー浴びてくる」  
  大島「おっけー」  
   
  ブーブー  
  大島「ん?メールだ」  
  『優ちゃん、バイト早く終わったあー(бвб)!今から会える?』  
  大島「お!ラッキー♪」  
  『マジ?じゃあ迎え行くからいつものコンビニで待ってて!(-∀-`)』  
  大島(麻里ちゃんごめん…)  
   
  篠田「優くーんあがったよー…あれ?優くん?あ、置き手紙…」  
  『麻里ちゃんごめん!にゃんにゃんがバイト終わったらしいから行ってくる!また今度!』  
  篠田「…こんなに小嶋さんのこと好きなのになんで浮気すんだろ…」  
   
   
  続く  
 
231 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 15:08:20.02 ID:u47vLOMU0 
  >>210  
   
  大島「にゃんにゃーん!バイトお疲れ様!」  
  小嶋「あ、優ちゃん!」  
  大島「早く上がれて良かったねw」  
  小嶋「うん、今日はお客さん少なかったのー優ちゃん、なんでまだ制服ー?帰らなかったの?」  
  大島「ん?ああ、ちょっと買い物してて!結局良いの無かったんだけどさー…」  
  小嶋「そっかー陽菜、お腹すいたー」  
  大島「食べに行く?」  
  小嶋「優ちゃんの家がいい」  
  大島「おっけー。俺、晩ご飯食べちゃったし何か作ってあげるよ」  
  小嶋「わーい!」  
  大島「あは、可愛いw」  
   
  小嶋「ごちそうさまでした」  
  大島「美味かった?」  
  小嶋「うん♪」  
  大島「良かった良かったw」  
  小嶋「優ちゃん?」  
  大島「ん?」  
  小嶋「呼んだだけー」  
  大島「なんだよーw」  
  小嶋「ふふw」  
  大島「あー可愛い…デザートにしよっか!」ガバッ  
  小嶋「あー食べられちゃうー」  
  大島「食べちゃうぞーがおー」  
  小嶋「ふふw大好き」ギュ  
  大島「俺も大好き」チュッ  
 
206 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:21:36.19 ID:adhyXjmzO 
  仲川「いいなぁーあみなちやんはたまに出番あるけどはるか最近出てないしうさ晴らしに晴樹投げ飛ばしてそれからK4が苦戦したチンピラ学校の総長潰してこよう」  
  佐藤亜「はるごんいじめるなら晴樹だけにしといたほうがいいよ」  
  仲川「え~晴樹だけじゃつまんない~」  
   
  佐藤亜「じゃあバッティングセンター連れていってあげるから…それでいいでしょう、勿論晴樹から回収するけど」  
  仲川「それならいいよ…でも晴樹いじめても軽すぎてトレーニングにならないから総長殺してから合流する~だって3学期は野球部の活動は室内練習だけだしまともな活動はワロタ部だけだから…」  
  佐藤亜「殺したら両方共活動できなくなるし」  
  仲川「あんな奴殺しても罪にならないって、皆に迷惑かけてる奴だからボランティアついでにね♪」  
   
  佐藤亜「勝手にしなさい、あみなは晴樹のとこ行ってるから」  
  仲川「午後から合流しようよ~」  
  佐藤亜「うん、警察に捕まってなければねw」  
   
   
   
  石田「くちゅん」  
  藤江「晴樹風邪?」  
  石田「凄い寒気感じた…」  
   
  藤江「人肌は暖かいって何処かで聞いたことあるかられいなとくっつく?」  
  石田「えっれいにゃんと///」  
  藤江「嫌なの…」ウルウル  
  石田「大歓迎だよ…でもそんなことしたら理性抑えきれなくなる//」  
  藤江「晴樹なら襲っていいよ//」  
  石田「何気にここは亜美菜の遊び場になってるから亜美菜が来ないとこで」  
  藤江「晴樹が行きたいとこなられいなついてくから//」  
   
   
  にゃんさしブームの中空気読めなくて申し訳ない  
 
221 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 08:15:16.14 ID:0yDZ37f/O 
  >>206  
  はるごん最強なのか  
  優人とかと喧嘩して欲しいw  
   
 
212 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:28:55.66 ID:nbKDBluJ0 
  ピンポーン  
  <宅急便でーす  
   
  北原「はーい」ドタドタドタ  
   
  <ありがとうざっしたー!」ブォォン  
   
  横山「荷物?」  
  北原「うん、実家からみたい」  
  横山「名古屋からか」  
  北原「あ、手紙ついてる!」  
   
  里英へ  
  『寒くなってきましたが、風邪など引いてないですか?お母さんは心配です』  
   
  北原「お母さん・・・」ウルウル  
  横山「ええお母さんやないか」  
  北原「うう~・・・お母さん」グスン  
  横山「よしよし」ナデナデ  
   
  追伸  
  『この間お願いされたマムシドリンク1年分を送ります』  
   
  北原「お母さぁぁぁん!」ブワッ  
  横山「いやいや、ブワッじゃないわ!何やねんまむしドリンク1年分って!」  
  北原「お母さぁぁぁぁぁん!!!」ガバッ  
  横山「ぎゃああああ!」  
   
   
  北原「あ、もしもしお母さん?荷物届いたよ~♪」ツヤツヤ  
  横山「・・・」ゲッソリ  
 
215 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:49:24.27 ID:LgAX2BWN0 
  >>212ちょいと乗っかります  
  プルルルルルル ガチャ  
  増田「何や?珍しいな」  
  横山「あの、増田さん。この前の精力剤のメーカーと商品名教えてください」  
  増田「お、お前どないしたん?」  
  横山「じ、実は>>212 って事がありまして・・・」  
  増田「そ、そうなんや・・・ちょっと待っとき」  
  横山「・・・」  
  増田「ええか?○△△のヘビーローテーションってやつや!」  
  横山「はい。それって一瓶いくらしはりますか?」  
  増田「お!これ中々の値段すんで・・・」  
  横山「教えてください。俺・・・まだ死にたないんです。」  
  増田「お、そ、それもそやな・・・これな一瓶○万円や」  
  横山「わかりました。ネットで注文してみます。」  
  増田「そ、そうか。なー、横山」  
  横山「は、はい?」  
  増田「あの薬は強力すぎる。1日1錠はまもらなアカンぞ」  
  横山「わ、わかりました」  
  増田「ほなな」  
  横山「はい。」  
   
  増田「横山・・・無理すんなや・・・」  
   
   
 
218 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 06:29:45.89 ID:adhyXjmzO 
  河西「おはよう!」  
 
223 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 10:36:33.66 ID:UTPiVdxz0 
  オカ♂たこ♀  
   
  B組  
   
  増田「おはようさん」  
  中川「あ、増田やで、おはよう」  
  佐藤亜「おはよう、増田やで」  
  近野「増田やで~」  
  増田「コラw 増田やでちゃうわw」  
  小林「いつの間にかゴリラの言った『増田やで』が浸透しちゃったねw」  
  増田「オカ郎のやつめ」  
  佐藤夏「そんなこと言いつつ実は嬉しいんでしょ?」  
  増田「へ?」  
  佐藤夏「有華はオカ郎のこと大好きじゃん」  
  増田「きゅ、急に何を言い出すねん///」  
  佐藤夏「だって、普段はしっかり者のくせにオカ郎の前だと甘えっ子になるじゃん」  
  小林「そうそう。オカ郎の肩の高さが頭を預けるのに丁度いいってしょっちゅうくっついてるw」  
  増田「///」  
  近野「あ、私もDiVA部の練習中に有華がオカ郎君に抱き着いて『バブー』って言ってるのを見たことあるわ」  
  佐藤夏「普段の有華とギャップがあり過ぎて、あれはちょっとひいたw」  
  増田「そんなんちゃうって。不器用なオカ郎をからかって遊んでるだけやって」  
  小林「本当~?」  
  近野「それにしてはDiVA部が始まって以来、浮かれ過ぎじゃない?」  
  増田「う……」  
  小林「有華がそういうことなら、私が先にオカ郎に告っちゃおうかな」  
  増田「そ、それはあかん。香菜はなんかリアルやし」  
  佐藤夏「ほら、やっぱり有華はオカ郎が好きなんじゃん」  
  増田「だからちゃうねんて。オカ郎はDiVA部の仲間で……」  
  近野「いつもの『増田やで!』からは想像できない歯切れの悪さだねw」  
  佐藤夏「有華の売りは押しの強さなんだからさ、いい加減一歩踏み出してみなよ」  
  増田「……うん(梅ちゃんに相談してみようかな)」  
 
224 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 10:37:32.81 ID:UTPiVdxz0 
  >>223  
   
  昼休み K組  
   
  増田「梅ちゃん」  
  梅田「あ、有華。どうしたと?」  
  増田「相談したいことがあるんやけど」  
  梅田「? 私でよければ相談にのるよ?」  
  増田「あんな、うちな…」  
  梅田「うん」  
  増田「オカ郎のことがな…」  
  梅田「好いとーと?」  
  増田「え!? あの、なんで…」  
  梅田「有華はオカ郎のことが好きっちゃろ? 見てればわかるよ」  
  増田「…うん。なんか、オカ郎に惚れたみたいやねん」  
  梅田「オカ郎は鈍感さんやから、頑張らんといけんね。私も応援するけん」  
  増田「ありがとう梅ちゃん」ギュ  
  梅田「よしよし」ポンポン  
   
  放課後 DiVA部  
   
  秋元「今日の練習はこれで終わり」  
  宮増梅「お疲れ」  
  増田「オカ郎~」  
  秋元「ん?」  
  増田「ご飯でも食べに行かへん?」  
  宮澤「あー。今日は俺がオカ郎と一緒に飯を食いに行く約束してるから駄目」  
  増田「えー。冴はクラスも一緒やし、いつもご飯行ってるんやからたまにはええやんか」  
  宮澤「そうだけど、増田に譲るのはなんかシャクだから嫌だ」  
  増田「なんやとー」  
  秋元「また冴と有華がギャーギャー騒ぎ始めたよw」  
  梅田「……」  
  秋元「梅ちゃん?」  
  梅田「あ、何でもなかと(冴はいつもの調子でふざけてるだけだけど、有華はいつもと違うんよ?)」  
 
225 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 10:39:28.91 ID:UTPiVdxz0 
  >>224  
   
  増田「みんなと一緒は嫌やの」  
  宮澤「俺も増田と一緒は嫌だ」  
  秋元「そんなことで喧嘩すんなってw」  
  増田「ウチは最初から冴と一緒に行きたいなんて言うてへんし、相手にもしてへん」  
  宮澤「先にオカ郎と約束したのは俺だから、嫌なら有華が帰ればいいだろ」  
  梅田「冴、あのね…」  
  秋元「あー、もう。みんなで肉まんでも食べに行けばいいだろ?」  
  宮澤「えー」  
  増田「肉まん?」  
  秋元「有華だって肉まん二つも胸につけてるくらい肉まん好きなんだしさ」  
  増田「な!! それ肉まんちゃうわ!!」  
  秋元(あれ? いつもなら笑ってくれんだけど、外したっぽい?)  
  増田「もう知らん。アホオカ郎!」ダッ  
  秋元「あ、おい、有華」  
   
  秋元「有華のやつどうしたんだろ? 俺、なんか怒らせるようなこと言った?」  
  宮澤「俺もいつもの調子でふざけてただけなんだけどな(´・ω・`)」  
  梅田「そうやねぇ…(教えてあげたいけど、有華の気持ちを勝手に教えるわけにはいかんよね…)」  
  秋宮「(´・ω・`)」  
  梅田「明日謝りに行けば? 二人一緒に行っても怒らせるだけやろうから、一人ずつね」  
  秋宮「うん(´・ω・`)」  
  梅田(これでひとまず二人きりにはなれるけん、頑張れ有華)  
   
  続く  
 
241 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 19:27:47.30 ID:UTPiVdxz0 
  >>225  
   
  翌日  
   
  梅田「今日は有華にちゃんと謝ること。よかね?」  
  秋宮「はい(´・ω・`)」  
  大島「どうしたぜー?」  
  梅田「あ、優人。こんバカ二人が昨日有華を怒らせたけん、謝るようにお灸をすえてたところ」  
  大島「どうせまたゆっぱいとこ言ってセクハラまがいのことしたぜー?」  
  秋元「お前と一緒にするなw」  
  宮澤「でもなんで有華はあんなに怒ったんだろ?」  
  秋元「冴がからかったからだろ?」  
  宮澤「あんなのいつものことじゃん。オカ郎が肉まんとか言ったからだって」  
  秋元「肉まんのくだりだっていつものことだろ? なあ梅ちゃん」  
  梅田「なんで胸の話を私にふると?」  
  秋元「いや、今更有華に肉まんって言ったところで怒らないかと思って…」  
  宮澤「バカオカ郎。梅ちゃんは有華と違ってペチャパイだろ? 気にしてんだぞ」ボソ  
  大島「有華と違って梅ちゃんはペチャパイだから怒るぜー。だから俺は絶対に言わないぜー。な、梅ちゃん」  
  梅田「………」ドカバキ  
  大島「すいませんした」  
  梅田「わかればよろしい。あんまり女の子をからかうもんじゃなか」  
  宮澤「そうだぞ優人」  
  大島「ぐぅ………」  
  秋元「からかうで思い出したけど…」  
  梅田「どうしたと?」  
  秋元「冴って基本は男子女問わずめちゃくちゃ優しいのに、有華にだけはやたら絡むよな」  
  宮澤「え? そう?」  
  秋元「ああ、付き合いだって長いのに、有華だけ増田呼びしたりするだろ?」  
  大島「確かに他の子にはちゃんづけかあだ名呼びぜー」  
  梅田「言われてみると確かにそうやね」  
  秋元「どうしてだ?」  
  宮澤「そ、それはなんていうか……有華を見てるとついからかいたくなるからだよ」アセアセ  
  大島「ははーん」  
  秋元「ん?」  
  大島「理由がわかったぜー」  
 
242 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 19:29:02.19 ID:UTPiVdxz0 
  >>241  
   
  宮澤「な、なんだよ?」ドキ  
  大島「冴は有華のことが好きぜー」  
  宮澤「バッ!そ、そんなんじゃないって///」  
  大島「好きな子にはついついちょっかいをかけちゃうアレぜー」  
  宮澤「ま、増田に限ってそんなことないって。だって増田だよ?」アセアセ  
  大島「あやしいぜー」  
  秋元「なんか顔が赤くなってきたな」  
  大島「白状しろぜー」  
  秋元「どうなんだ?」  
  宮澤「はぁ………そうだよ。俺は有華のことが好きだよ。なんか文句ある?」  
  秋元「バカだなぁ。文句なんてあるわけないだろ。冴も有華も大事な幼馴染なんだから応援するって」  
  大島「俺も応援するぜー。二人はもう俺の家族みたいなもんだしな」  
  宮澤「へへ。二人ともありがと」  
  梅田(……この流れは……)  
  秋元「梅ちゃんだって応援してくれるだろ?」  
  梅田「え? 応援? う、うん。もちろん応援する」  
  宮澤「梅ちゃんもありがとね」  
  梅田(あわわ。ごめん有華。でも、冴も大事な幼馴染やけん…)  
  秋元「そうだ。謝るついでに正直に告白してこいよ」  
  大島「そうぜー。思い立ったが吉日ぜー」  
  梅田「こ、告白!? それはちょっと早いんじゃなかと?」アセアセ  
  秋元「ん? そう?」  
  梅田「いや、早くないかも(ああ……有華ごめん)」  
  大島「冴、男を見せてこいぜー」  
  宮澤「わかった。俺、有華に告白してくるよ」  
  梅田「………(私は一体どうしたらよかと?)」  
   
  続く  
 
486 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 02:20:30.74 ID:Bdg+on6Y0 
  >>242の続き  
   
  B組  
   
  佐藤夏「あ、ますだやで、おはよう」  
  増田「おはようさん」ムス  
  佐藤夏「どうしたの?」  
  増田「どうしたもこうしたもあらへん」ムス  
  近野「有華、今日はご機嫌斜めだね。何かあったのかな?」  
  佐藤夏「あんまり良くないことがあったっぽいね」  
   
  宮澤「有華はいるかな」キョロキョロ  
  小林「あ、冴だ。どうしたの?」  
  宮澤「有華いる?」  
  小林「いるけど、今日はなんか機嫌が悪いみたいだよ」  
  宮澤「そっかぁ…」  
  小林「なに? 心当たりがある感じ?」  
  宮澤「うん。昨日、有華を怒らせちゃってさ、謝りに来たんだ」  
  小林「しょうがない奴だなぁw それなら有華のことちょっと呼んできてあげる」  
  宮澤「サンキュー、香菜」  
   
  小林「有華」  
  増田「香菜、どしたん?」  
  小林「冴が有華に会いに来てるよ」  
  増田「………うちは会いたくない」ツン  
  小林「ははw 冴ね、昨日有華を怒らせちゃったから謝りに来たんだって」  
  増田「そうなん知らんもん」ツン  
  小林「なんかシュンとしてたよ。事情は知らないけど、反省してるみたいだった」  
  増田「冴が…?」  
  小林「うん。あの様子だと、有華が話を聞いてくれるまでずっと教室の前で待ってるよ」  
  増田「……うーん」  
  小林「話だけでも聞いてあげなよ」  
  増田「しゃあないなぁ。香菜に免じて話だけ聞いてくる」  
  小林(なんだかんだ言って結局折れるんだよねw)  
 
232 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 15:53:12.14 ID:NJSUPMo9O 
  おいしそうなデザートでスね  
  僕も食べてみたいZE☆  
 
234 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 16:37:29.62 ID:Z8a30e5J0 
  >>232  
  敦子「あれ、日本刀どこ置いたっけな…」  
 
235 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 16:47:53.04 ID:TuKQoQPa0 
  >>232  
                     ____  
                   /      \  
                  /         \  
                /    ●  ●   \   あたしも後ろからたかみな食べちゃおっと  
    i´`Y´`Y`ヽ(⌒).   |               |   
    ヽ_人_.人_ノ `~ヽ  \      ●    /    
      \___    \__ノ          i_  
             \_ 〉               (⌒)  
                   .           ノ  Y`Y´`Yヽ  
                           (´ ̄   .i__人_人_ノ  
                            ` ̄ヽ      /  
 
244 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 19:59:48.82 ID:0yDZ37f/O 
  大島「あ?学校で彼女と二人っきりになれる場所?」  
  大家「大島くんなら色々してるかなーって思ったんやけど」  
  大島「教えたらそこでなっつみぃとヤんのかw」  
  大家「ち、違っ」  
  大島「オススメは保健室だな。めーたんに言っとけば貸し切りになるし」  
  大家「保健室か!ありがとう」ダッ  
   
  数日後  
  大島「ってことで保健室に隠しカメラ設置したぞ!」ニヤニヤ  
  増田「あかんw見ちゃいけないのに見たくなるな」  
  秋元「どうすんだよ…本当にし始めたら」  
  宮澤「トイレ行きたくなってきたじゃん」ムズムズ  
  大島「あっ来たw」  
   
  保健室  
  松原『こんなとこに呼び出してどうしたのw』  
  大家『えーっとその…あの…』  
  松原『まぁいいやwせっかくだし寝よっかな。しーくん、おいでよ』ポンポン  
  大家『えっ』ゴクリ  
  松原『鍵かけたし誰も来ないから大丈夫だよ』  
  大家『では…』  
   
  大島「いけ!襲え!」  
  増田「なっつみぃはもう準備オッケーやで!!後はしーくんのヤル気だけや」  
  宮澤「もう我慢できないよー!」  
  秋元「おい、ちょっと待て。隣のベッドのあの膨らみはなんなんだ」  
   
  保健室  
  カーテン ピシャッ  
  内田『すいません…僕、頭痛いので静かにしてもらえますか』  
  大家『え…貸し切りのはずじゃ』  
   
  屋上  
  大堀「やだーw内田くんいるって言うの忘れたわーん」  
  河西「めーたん。今は僕のことだけ考えてよ」ドサッ  
   
 
248 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 21:54:15.10 ID:chlfUDBr0 
  >>244  
  前田「ちぃちゃん」  
  中田「ん?なに??」  
  前田「…屋上に呼び出そう」  
  中田「しーくんとなっつみぃを?」  
  前田「…」コクリ  
  中田「いいね!少なくとも保健室よりは安全だと思うし♪」  
  前田「…じゃあなっつみぃ呼んどいて」  
  中田「OK!あっくんはしーくん呼んでね」  
  前田「…バラしちゃダメだよ」  
  中田「分かってるって!」  
   
  すんませんあと頼みます  
 
246 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 21:45:06.52 ID:bzM0BvE10 
  小嶋「ボーッ」  
  高橋「にゃんにゃん、最近ボーっとしてること多いでスよね…」  
  敦子「うん、ボーっとしてることは前から多かったけど、最近のちょっと違う感じ」  
  敦「うん、変」  
   
  篠田「……」ガタッ  
  高橋「麻里?」  
  篠田「にゃろー」  
  小嶋「ボーッ」  
  篠田「にゃろーにゃろー」  
  小嶋「ボーッ」  
  篠田「…陽菜」ボソッ  
  小嶋「うわーびっくりしたー」  
  篠田「何度も呼んだのにw今更かよwww」  
  小嶋「えー聞こえてなかったー」  
  篠田「そっかwちょっと一緒に早弁しよー」グイッ  
  小嶋「えーまだお腹空いてないー」テクテク  
   
  高橋「…今の麻里の顔」  
  敦子「うん」  
  敦「……オナカスイタ」  
   
   
  つづく  
 
250 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 22:10:49.28 ID:bzM0BvE10 
  >>246  
  小嶋「あったかーい」  
  篠田「いいだろー、昔ながらのストーブの横」  
  小嶋「てっきり屋上とかに連れ出されるのかと思った」  
  篠田「寒いのに屋上なんてだろwあ、この俺の特製カレー一口あげる」  
  小嶋「…おいしー」  
  篠田「カレーは一晩寝かせたのが美味しいよね」  
  小嶋「うん」  
  篠田「そういえば前に和食食べたいって言ってなかったっけ?」  
  小嶋「あ、覚えててくれたんだ。そうなの。今度行ける?」  
  篠田「今日でも大丈夫だよ?」  
  小嶋「じゃぁ行くー」  
  篠田「おう」ニコニコ  
   
  小嶋「…麻里ちゃんは、何も聞かないんだね」  
  篠田「俺はカレーを可愛いにゃろと食べたかっただけだからw」  
  小嶋「……」ウルッ  
  篠田「可愛い子の隣で食べるカレーは格別なんだー」  
  小嶋「…ウー……」ポロポロ  
  篠田「……フゥ」  
 
252 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 22:23:25.91 ID:bzM0BvE10 
  >>250  
  篠田「その顔、ほっておけなくなっちゃうんだよなー」ギュッ  
  小嶋「…左肩注射打ったから痛いのー」  
  篠田「あ、ごめんごめんwじゃぁ…よいしょっと。後ろからなら大丈夫だろ?」ギュッ  
  小嶋「うん。ありがと」  
  篠田「何でお礼wwwまぁいいや。この方があったかいしw」  
  小嶋「…ねぇ麻里ちゃん」  
  篠田「ん?」  
  小嶋「何で麻里ちゃんは彼女作らないの?」  
  篠田「にゃろが好きだから」  
  小嶋「またそういうこと言うー」  
  篠田「ずっと言ってんじゃんw」  
  小嶋「もーすぐそうやって嘘言う」  
  篠田「嘘じゃないよ?俺ね、こうみえて一途だからまだ童貞だしw」  
  小嶋「えー!そうなの?」  
  篠田「普通に返すなよw」  
  小嶋「フフッ」  
  篠田「お、やっと笑ったな。泣き顔のにゃろも可愛いけど、やっぱし笑った顔だな」  
  小嶋「…ありがとね」ギュッ  
  篠田「俺トクだし、問題ないwww」  
 
253 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 22:40:45.11 ID:bzM0BvE10 
  >>252  
  小嶋「多分ね、私優ちゃんとダメになっちゃう」  
  篠田「うん」  
  小嶋「優ちゃん、最近全然キスもしてこないし、メールしても電話しても、前と違うの」  
  篠田「…。」  
  小嶋「昨日もさ、一緒に帰っても会話弾まないし、空気変だし…」  
  篠田「にゃろはいいの?」  
  小嶋「分かんない…最近ね、自分の気持ちよく分かんないの」  
  篠田「にゃろの気持ちか…それは俺には分からないからなぁ」  
  小嶋「…麻里ちゃん」  
  篠田「ん?」  
  小嶋「お願い事してもいい?」  
  篠田「にゃろの頼みとあればなんなりと」  
   
  小嶋「…しよ?」  
   
  篠田「唐突だなw」  
  小嶋「ダメかなぁ」  
  篠田「…それさ、本気で言ってるのか」  
  小嶋「うん」  
  篠田「にゃろさ…」  
  小嶋「麻里ちゃんじゃなきゃ、言わない。こんなこと優ちゃん以外に言ったことないもん」  
  篠田「……何で俺?」  
  小嶋「分かんない。けど、麻里ちゃんとって…」  
  篠田「にゃろ…」  
  小嶋「麻里ちゃんのこと傷つけてるって分かってるけど…」  
  篠田「あーもーにゃろは可愛いなぁw」ドサッ  
  小嶋「いいの?」  
  篠田「もー何も言わないでいいよ。俺、にゃろになら傷つけられてもかまわないから」  
  小嶋「麻里ちゃん…」  
  篠田「何も言わないでいいから―――」  
 
254 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 23:01:43.00 ID:bzM0BvE10 
  >>253  
  篠田「やっぱしストーブの近くでも床は寒いなー。ほれ、これ下に敷いていいよ」  
  小嶋「麻里ちゃんが寒くなっちゃうじゃん」  
  篠田「俺いま暑いから大丈夫w」  
  小嶋「むー……ありがとう」  
  篠田「素直でよろしい」  
  小嶋「麻里ちゃんは、やっぱり何も聞かないんだね」  
  篠田「だってにゃろの考えてること、俺分かるもん」  
  小嶋「だから抱いてくれたの?」  
  篠田「それだけじゃないよ。そんな出来た人間じゃない」  
  小嶋「……」  
  篠田「ほら、そんな顔しないしない。にゃろが傷つくことじゃないよ。それに」  
  小嶋「それに?」  
  篠田「俺の初めてもらってもらったしw」  
  小嶋「もーまたそういうこと言うー」  
   
   
  篠田「……分かった?」  
  小嶋「…うん」  
  篠田「そっか」  
  小嶋「けど、違うことが分かっちゃった」  
  篠田「あーダメ。今それ言うなよー言うなよー」  
  小嶋「なんでー?」  
  篠田「新しい状況に対処するには脳が24時間なんちゃらかんちゃらって何かで言ってた」  
  小嶋「てきとーw」  
  篠田「急がないでいいんじゃないかな。俺は何処にも逃げないし、にゃろが困った時に隣にいるよ」  
  小嶋「…私、すごい最低の娘だよね」  
  篠田「それ言ったら俺も同じ。にゃろと同じように俺の都合でにゃろを抱いたんだもん」  
  小嶋「それはちがっ」  
  篠田「違くないよ。むしろ俺の方が都合良くね?って思うワケよ」  
  小嶋「…チガウ」  
  篠田「ほら、もうこの話題はおしまーい。そろそろ戻るってか、流石にフケすぎたからこのままどっか遊び行こう」  
  小嶋「……うん」  
  篠田「俺、鞄とってくるからさ、にゃろはここであったまってて」  
 
255 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 23:17:07.66 ID:bzM0BvE10 
  >>254  
  篠田「先生やっほー」  
  tgsk「やっほーじゃねーよ!授業に遅れてくるヤツの台詞か」  
  篠田「えーと、篠田と小嶋はこれから寒い中落ち葉拾いに行くので早退します」ペコリ  
  敦「これ、鞄。二人の」  
  篠田「ありがとー。あ、弁当食べちゃったから、おにぎりあげる」  
  敦子「また明日ねー」  
  篠田「じゃぁみんなばいばーい」  
  tgsk「こらぁぁぁぁぁぁ!しのだーぁあぁぁぁ!!」  
   
   
   
  篠田「おまたせー。よし、とりあえず一緒にお散歩しよ」  
  小嶋「うん。ねぇ麻里ちゃん」  
  小嶋篠田「「24時間したら」」  
  篠田「wwwwwな、俺ってにゃろの考えてること分かるんだって」  
  小嶋「むー」  
  篠田「ほら、早く行こう。んで、落ち葉拾ってどっかで焼き芋でもしよー」  
  小嶋「…うん!」  
   
   
  おわり。  
  着地点見失ったこと、後悔はしていないキリッ  
 
259 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/08(日) 23:59:01.83 ID:UTPiVdxz0 
  オカまり  
  麻里子 K4より1つ学年が上の先輩♀  
   
  スーパーで買い物  
   
  篠田「今日はオカ郎君のためにオムライスを作ってあげよう」  
  秋元「麻里子の手料理楽しみだ」  
  篠田「というわけで、まずは卵」  
  秋元「おう」  
  篠田「卵のパックってさ、ボコボコした感じがオカ郎の腹筋に似てるよねw」  
  秋元「俺の腹筋はそこまで立体的に割れてないよw」  
  篠田「ふふw 次はグリーンピースね」  
  秋元「グリンピース……グリンピース……お、あった」  
  篠田「グリーンピースって、大きさが丁度オカ郎のヘソピアスと同じくらいだよね」  
  秋元「あー、確かにその位の大きさかも」  
  篠田「それから次は……鶏肉」  
  秋元「オムライスに使う鶏肉ってどこの肉?」  
  篠田「どこでもいいけど、今日はマッチョで鳩胸のオカ郎君にちなんで胸肉にしようかな」  
  秋元「ちょっと強引だなw」  
  篠田「細かいことを一々気にしない。あとは玉ねぎね」  
  秋元「目にしみるやつか」  
  篠田「うん。オカ郎と一緒でしょっちゅう私を泣かすやつ」  
  秋元「麻里子を泣かしたことなんてないだろw」  
  篠田「あれ、そうだっけ?」  
  秋元「そうだよw そういえば、玉ねぎって加熱してから切ると目にしみないんだってさ」  
  篠田「そうなんだ。じゃあこれからオカ郎もよく加熱するようにしなきゃね」  
  秋元「なんだそれw どうやって加熱するんだよ?」  
  篠田「そりゃあ、こうやってに決まってるでしょ」ギュー  
  秋元「///」  
  篠田「どう? 熱くなったでしょ?」  
  秋元「う、うん///」  
 
260 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 00:01:05.11 ID:pxdGuQ7k0 
  >>259  
   
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
   
  秋元「ということがあった」  
  梅田「オカ郎、それはただのノロケってことでよかと?」  
  増田「いやいや、まさかそれだけってことはあらへんやろ」  
  大島「オカ郎のことだから、当然バナナのくだりがあったはずぜー」  
  宮澤「『最後はバナナを買わないとね(麻里子の口真似)』」  
  増田「『オムライスにバナナ?(オカ郎の口真似)』」  
  大島「『わかってないなぁオカ郎は。バナナはデザートでしょ?(麻里子の口真似)』」  
  宮澤「『へ? デザート?(オカ郎の口真似)』」  
  増田「『バナナってさ、オカ郎の…(麻里子の口真似)』」  
  秋元「言わせねえよ!」  
  大宮増「wwwww」  
  梅田「こら、あんまりからかわんの」  
  秋元「まあ、本当にその後でバナナを買ったけどな」  
  大宮増梅「え?」  
  秋元「結局食べなかったけど」  
  大宮増梅「ん?」  
  秋元「でも、代わりに違うバナナを食われた」  
  大宮増梅「w(゚ー゚;)wワオッ!!」  
  秋元「麻里子ってさ、なんていうか、バナナの剥き方が上手いんだ」  
  大宮増梅「w(゚ー゚;)wワオッ!!」」  
  秋元「………なんてな」  
  大島「てめぇ! びっくりさせんなぜー!」  
  宮澤「麻里ちゃんに言いつけるからな!」  
  増田「そうやで、下ネタのこと麻里ちゃんに言いつけたるからな!」  
  梅田(なんかムラムラしてきちゃった……)  
 
263 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 01:23:27.39 ID:464w7rNa0 
  戸島「優人・・・」ドサッ  
  大島「ちょっ・・・やめろよ俺達男だぞ」  
  戸島「素直になれよ体は正直だぞ」サワッ  
  大島「うっ・・・戸島・・・」  
  戸島「こういう時は花太郎って呼んでよ・・・」  
  大島「・・・・・・花太郎」  
  戸島「よく出来ましたご褒美上げないとねー☆」ペロッ  
  大島「んっ・・・そこは駄目・・・」  
  戸島「優人可愛いよ」チュッ  
   
   
   
   
   
   
   
   
  戸島「(._.)φはぁはぁ続きはどうしようかな」  
   
 
265 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 01:47:58.63 ID:U2c9G31C0 
  増田「…今日、なんでお前が俺の家に泊まるのか…表向きは仲がいい、だが、本当の理由ははわかってるな?」  
  高城「わかってますよ…。さすがに彼女たちも、人がいるところではできないですからね…」  
  増田「その通りや。名付けて!ゲッソリはありません!」  
  高城「この前は明日香に捕まってとりやめになりましたかね…。今日は大丈夫です!ここにくることも言ってません!」  
  増田「よくやった。さすがに毎日あれじゃあ俺ら死んでまうもんな…」  
  高城「ところで、横山は誘わなくてよかったんですか?」  
  増田「…っ…横山…あいつは…っ…すごい奴だよ…っ」  
  高城「…!まさか…!」  
  増田「あいつが夜、外に出れる…いや、出してもらえると思うか…?」  
  高城「じゃあきっと今ごろ…」  
  増田「たっぷり搾り取られてるやろうな…」  
  高城「横山…っなんていじらしい…」  
  増田「今夜はあいつの分まで、しっかり休んで回復しようや…」  
  高城「はい…」  
  増田「で、さっそくだが…まず精力をつけなあかんからな、すっぽん鍋用意してん」  
  高城「わー!おいしそうですね!」  
  増田「しっかり食べや。次のゲッソリはありませんまでどれくらいかかるかわからへんからな…」  
   
  続く  
 
268 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 02:15:59.58 ID:U2c9G31C0 
  >>265  
  高城「おいしいです!」  
  増田「うん、うまいな!」  
  高城「…」  
  増田「…」  
  高城「…ちなみに、最高記録何回ですか?」  
  増田「22や…。そっちは?」  
  高城「25です…。なんで女ってあんなに性欲があるんでしょうね…」  
  増田「俺が聞きたいわ…」  
   
  ピーンポーン  
   
  増田「?誰やろ?はーい!」  
  梅田「おじゃましまーす」  
  増田「え、ちょ彩佳!?なにしにきてん…!」  
  高城「あ…ああああ明日香…!」  
  倉持「おじゃまします♪」  
  梅田「きたりえが、有ん家に二人ともおるって言ってたからwおいしそうなものたべとるねーw」  
  増田「(横山めぇぇぇぇ!!!)…はぁ…二人とも食うか?」  
  倉持「いいんですか?」  
  増田「ええよ」  
  梅田「食べるー♪」  
  高城「ちょ!増田さん…!」ヒソヒソ  
  増田「落ち着け…いくらこいつらでも、4Pはしないはずや…鍋食べたら二人は家に帰そう」ヒソヒソ  
  梅田「なにこそこそやっとーと?」  
  増田「な、なんでもあらへんよ!食べよ食べよ!」  
   
   
  倉持「おいしいですー♪」  
  梅田「おいしーwでもなんですっぽんなの?」  
  増田「そ、それはほらっ!なぁ高城!」  
  高城「え゛っ!?(急にふるなー!)」  
   
  続く  
 
270 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 02:35:39.43 ID:U2c9G31C0 
  >>268  
  高城「あのっ…そ、そうだ!たまたまいいすっぽんが手に入ったので!」  
  梅田「ふーんwでもすっぽんなんか食べたら有、精力ついちゃうねーw」さわっ  
  増田「(あ、あかん…!)こ、こら彩佳!二人の前でやめろや!」  
  梅田「えー?聞こえなーいw」さわさわっ  
  増田「あっ…」  
  倉持「…ねぇ、私たち邪魔かな?」  
  高城「うん…」  
  倉持「じゃあ帰ろ?私たちも…ね」さわっ  
  高城「で、でも今日は増田さんと泊まる約束してるし…」  
  倉持「やなの?私、アキラといれないの寂しいな…」うるっ  
  高城「(ずきゅん!)帰ろう!今すぐ帰ろう!増田さんごちそうさまでした!」  
  倉持「でした♪」にやっ  
  増田「ちょ、高城…!」  
  高城「今日はすっぽん食べたし大丈夫な気がします!それじゃ!」  
  バタン  
  梅田「邪魔ものはいなくなったとよ?w」  
  増田「あ、彩佳…やめ…!」  
  梅田「新記録、めざそーねっ♪」にやっ  
  増田「ぎゃああああああああああああ」  
   
   
  高城「おはようございます…」ゲッソリ  
  増田「おはよう…」ゲッソリ  
  倉持「記録更新しちゃいましたー♪」ツヤツヤ  
  梅田「ウチらもよー♪」ツヤツヤ  
   
   
  おしまい  
  偶然にもIDがG3  
 
272 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 03:14:27.39 ID:YwesvqdH0 
  >>255  
  おもしろかった!  
   
  >>242  
  有華久々に見たw  
  楽しみ  
   
  >>270  
  ゲッソリ3ww  
   
 
269 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 02:27:36.67 ID:8L+Pi1Mt0 
  街中  
   
  石田「なんか今日派手な女の人多くないか?」  
  友麻「今日は成人式だからじゃね?」  
  石田「あ、そうか。だから今日学校休みなんだな」  
  友麻「振袖の女の人って綺麗だよなぁ~」ニマニマ  
  石田「だなー」ニヤニヤ  
  友麻「ま、でも俺らにはまだ先の話だよな」  
  石田「れいにゃんの振袖とかさぞかし可愛いんだろうなぁ」ハァハァ  
  友麻「それいったらなっちゃんだって・・・」ムラムラ  
  石田「てか、仲川の振袖とか想像出来なくね?w」  
  友麻「確かにwだって・・・」  
   
  石友「どうみても七五三だよなー!」ゲラゲラ  
   
   
  中田「この一連の発言に間違いはないわね?」  
  石田「はい・・・」ガクブル  
  友麻「間違いありません・・・」ガクブル  
  中田「これをはるごんにチクったら、どうなるでしょうね」  
  石田「そ、それだけは!」  
  友麻「八つ裂きにされちゃう!!!」  
  中田「だったら、今日一日何でも言うこときく?」  
  石友「なんなりと・・・」シクシク  
 
279 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 12:35:25.65 ID:z1UpZ/2NO 
  大島「おいお前ら!!」  
  増田「いったいなんやねん、いきなり呼び出して」  
  秋元「またしょうもないことでも思い付いたか?」  
  宮澤「なになにー??」ワクワク  
  指原「いや、ていうかなんで僕たちまで…」  
  大家「なんなん?しーくん、昼寝しよったのに」  
  前田「…眠い…」ボーッ  
  高橋「ちょ、あっくん!寝ないでください!」  
  岩佐「それにしてもだいぶ大人数だね」  
  高城「ホント男子勢ぞろいだね」  
  横山「男子勢ぞろい?…嘘やろ?……ホンマヤン」  
  咲彦「てかホントなんなんですか?」  
   
  大島「コホン…みなのもの、揃ったか?」  
   
  友麻「なんだよバカ兄貴。俺たち2年にまで声かけてきて」  
  宮崎「ったく、お前のバカ兄貴は毎度毎度いらないことしかしないからな」  
  石田「で、なんなんだよ?」  
  ザワザワ  
   
  大島「聞いて驚け…。……秋葉高第1回選抜総選挙を行う!!」  
   
  竹内「そ、総選挙!!??」  
  島田「え?優人さん、選挙ネタは禁止じゃないんですか?」  
  大島「島田うるせーよ島田!!」  
  内田「じゃ、じゃんけん選挙は…」  
  大島「岩うるせーよ岩!!」  
   
  大島「チッチッチッ…バーカ、この選挙は一味ちげーんだよw」ニヤリ  
  一同「??」  
   
  大島「ズバリ!!第1回オナネタ選抜総選挙である!!!!」グッ!!  
  一同「!!!!????」  
  大島「男子みんなで最高のオナネタは誰なのか…さらけ出して決めようではないか!!??」ギラリ  
  大島「サブタイトルは『~勃起率に誓ってガチです~』に決まりだーぁぁあああ!!!!」  
  一同「ううおおおぉぉぉおおおおおーーーー!!!!!!!!!!」  
 
282 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 13:51:39.68 ID:0s9rFvsh0 
  >>279  
  tana「僕は麻友と仲良くしてるから連絡こないのかな?」  
 
284 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 16:27:16.19 ID:8L+Pi1Mt0 
  秋元「はぁ・・・」←ため息  
  大島「おうおうどうしたオカ朗、ため息なんぞついて」  
  秋元「お前らさ、彼女から年賀状とか貰った?」  
  増田「いや・・・ほぼ同棲してるようなもんやからないな・・・」  
  宮澤「俺も無いや」  
  秋元「俺は貰ったんだけどさ・・・」  
  一同「どれどれ」  
   
  ttps://lh6.googleusercontent.com/-CGuDXco6VLs/TwMQDiFImgI/AAAAAAAAOK0/c8QoH0a44Bs/h301/03%2B-%2B1  
   
  一同「・・・」  
  秋元「(´;ω;`)ブワッ」  
  大島「ま、まぁ元気出せよ・・・」  
  増田「個性的でええ龍やないか・・・」  
  宮澤「俺よりへたくそだ・・・」  
 
288 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 19:51:27.09 ID:dZzmt1DeO 
  携帯からで読みにくいかもスマソ。  
   
  あつ♀みな♂  
   
  成人の日に待ち合わせデート。  
   
  南「(敦子遅いでス。…それにしても振り袖って良いでスね。色々妄想してしまいまス////)」  
  南「(やっぱりあの『良いではないか…グヘヘヘ』『あ~れ~(クルクル)』はオトコのロマンでス!)」  
  敦「……なみ!」  
  南「(僕たちも二十歳になったら二人で着物を着て…、敦子を…)グヘヘヘヘヘ…」  
  敦「みーなみってばっ!!」  
  南「ヘヘヘヘ…?ってうわっっ!!」  
  敦「何一人でグヘグヘ笑ってんの?気持ちワルッ」  
  南「か…考え事でスよ。」敦「そんな事言って本当は振り袖見て変なコト考えてたんでしょ。」  
  南「…っ違いまスよ!!////」  
  敦「あ~赤くなった!図星なんだ。」  
  南「////」  
  敦「信じらんないっ。」  
  南「オトコのロマンでス」  
   
  続きます。  
   
   
   
 
289 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:05:40.25 ID:dZzmt1DeO 
  >>288続き。  
   
  敦「フン。どーせロマンとか言っても南のことだから…はぁ」  
  南「な…何でスか?!」  
  敦「ベタなんでしょ?お代官さんが『良いではないか』とかいってさ、『あ~れ~』とか帯をクルクルされちゃうアレとかでしょ。」  
  南「……/////」  
  敦「……え、マジなの?」南「……敦子すごいでス。当たりでス。」  
  敦「(うわ当てちゃったよ…)」  
  南「敦子ひ…引いてまスか?」  
  敦「…引いてるっていうか…南が他の振り袖の女の人見て考えてたってのがイヤ(怒)」  
  南「ちがいまスよ!誤解でス!!ぼ…僕は敦子と二十歳になった時のことを想像してたんでス!」  
  敦「それって…」  
  南「そうでス!僕は敦子とクルクルしてみたいんでス!!」  
  敦「!!…みなみ……良いよ////」  
  南「え…」  
  敦「…今日しよっか。」  
  南「えぇっ??」  
  敦「浴衣しか無いけど南がしたいなら…////」  
  南「敦子…//」  
  敦「…浴衣じゃダメ?雰囲気でないかな…」  
  南「そんなコトないでス!したいでス!!」  
  敦「じゃ家行こっ。今日誰もいないんだ♪」  
  南「////(敦子…最高の彼女でス!)」  
   
   
  もう一回続きます。  
 
292 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 21:46:32.35 ID:EFd41KNGO 
  にゃんさしブーム終わった?  
  書いても大丈夫?  
 
294 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 22:02:06.45 ID:ZnFks+uGO 
  高橋とにゃんにゃんのも待ってまス  
 
298 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 22:08:22.18 ID:+TWoTXRr0 
  >>294  
            ____  
          /      \  
         /     ●   i  
        /        ●l  たかみな~成人式に行ったのに成長してないね~  
        /      ●   /    いい加減にしてもらえないかな~??  
       /        /  
      /     `ー- く  
    /          。 \  
    /         。∫∫゚ ヽ  
   /     /^ー:r ̄ ̄ ̄i l  
   |    i /   ,ノ、__ノ ||  
 
302 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 22:57:08.85 ID:EFd41KNGO 
  にゃん♂さし♀  
   
  篠田「ニャロー。今日の帰りファミレスいかない?おごるよー。」  
  小嶋「ごめん。俺、指原と帰るわ。」  
  篠田「えー?また断られるってw」  
  小嶋「いや、今日こそは一緒に帰る。」  
  篠田「ってか1ヶ月も付き合ってるのにずっと断られてんじゃんwまともに話もしてないだろ?」  
  小嶋「…………」  
  篠田「……まぁいーや!俺先に帰ってるねー。」  
  小嶋「んー……。」  
   
  ~~  
   
  ガラガラ  
  小嶋「指原ー。今日は一緒に帰れるー?」  
  指原「あ……えーっと…今日は用事が…」スタスタ  
  小嶋「………」グイッ  
  指原「!!」  
  小嶋「何で何回も断るー?俺のこと嫌い?」  
  指原「嫌いじゃないです!……嫌いじゃないけど…」  
  小嶋「…けど?」  
  指原「……ごめんなさいっ」バッ  
  タタタタッ  
  小嶋「ちょっと!」  
   
  小嶋「また断られた……」  
   
   
  つづきます  
 
304 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 23:22:39.66 ID:EFd41KNGO 
  >>302  
   
  ~~  
   
  小嶋「(指原の友達って北原さんくらいしか知らないな…。北原さんに話聞いてみよ。)」  
   
   
  小嶋「あ、北原さん。」  
  北原「小嶋くん♪莉乃ちゃんは?」  
  小嶋「今日は一緒に帰れないって。」  
  北原「またか……。あ、でも莉乃ちゃんは小嶋くんのこと嫌いじゃないですよ!」  
  小嶋「でも、何回誘っても断られて…」  
  北原「莉乃ちゃん……」  
  小嶋「なんか知ってる?指原のこと」  
  北原「……………」  
  小嶋「……教えて?」  
  北原「…今まで誰にも話してなかったんですけど…」  
  小嶋「……」  
  北原「莉乃ちゃんは中学の時のことがトラウマになってると思うんです。」  
  小嶋「トラウマ?」  
   
   
  つづきます  
 
318 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 07:06:37.42 ID:5847quvrO 
  >>304  
  小嶋「トラウマ?」  
  北原「はい。莉乃ちゃんは中学3年の夏くらいまでは普通に明るい子だったんです。男子にもそこそこモテてたしw」  
  小嶋「………」  
  北原「で、中学3年の春くらいにある男子が莉乃ちゃんに告白してきて付き合うことになったんです。」  
  小嶋「…それで?」  
  北原「その男子はすごく人気者でカッコよくてモテてたんですよ。莉乃ちゃんもほんとに幸せそうにしてたし。」  
  小嶋「……」  
  北原「莉乃ちゃんたちが付き合い始めて1ヶ月くらいしたら莉乃ちゃんが嫌がらせを受けることになっちゃって。その男の子が好きな女の子から。」  
  小嶋「嫌がらせ…。」  
  北原「それで莉乃ちゃんはその男子を振ったんです。ほんとは好きだったけど嫌がらせに耐えられなくて。」  
  小嶋「うん。」  
  北原「そしたらその男子、振られた次の日から嫌がらせをしてきた子と付き合いだしたんですよ。」  
  小嶋「そうなんだ…。」  
  北原「それから莉乃ちゃんは暗くなって、男の人が苦手になったんです。」  
  小嶋「…じゃあなんで俺の告白はOKしたの?」  
  北原「それはあたしが言ったんです。小嶋くんはいい人だと思うし信用してみたら?って。」  
  小嶋「そっか。ありがと。」  
  北原「いえいえ!」  
  小嶋「俺ももうちょっと話かけてみるね。」  
  北原「うん!よろしく。」  
   
   
   
  つづきます  
   
   
 
320 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 08:38:05.89 ID:FZPgbrt30 
  >>318  
  wktk!  
  T-note作者いるww?  
 
321 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 09:02:30.84 ID:5847quvrO 
  >>318  
   
  ~~  
  ガラガラ  
  篠田「みんなおはよー。」  
  高橋「麻里くん!おはようございまス!ぱるもおはよう!」  
  小嶋「んー。」スタスタ  
   
  小嶋「指原、おはよー。」  
  指原「!…お、おはよう。」  
   
  小嶋「今日のお昼一緒に食べない?用事なんてないよね?」  
  指原「ないですけど……」  
  小嶋「じゃあ決まり!昼休み楽しみー(бвб)」  
  指原「ちょ………」  
   
  ~~  
   
  小嶋「やっぱり屋上が一番気持ちいーね!」  
  指原「………」  
  小嶋「よし!食べよっか。」  
  指原「………」コクン  
  小嶋「いただきまーす!」  
  指原「いただきます……」  
  小嶋「………」パクパク  
  指原「………」モグモグ  
  小嶋「あ、指原昨日のテレビ見たー?」  
  指原「昨日?」  
  小嶋「うん。AKBがでてたやつ。」  
  指原「あ…指原も見ました。」  
  小嶋「こじはる?だっけ。こじはるが一番面白いねー(бвб)」  
  指原「指原はぱるるとあーみんが好きなんです!曲だったら公演曲の…」  
  小嶋「指原アイドル好きなんだ!」  
  指原「…いや、好きというか…」  
  小嶋「俺もアイドル好きだよーw」  
  指原「………」  
  小嶋「指原、今日は用事あるのー?」  
  指原「今日は……今日はりっちゃんと帰るんです。北原と…。」  
  小嶋「そっかぁー。でも、ご飯は毎日一緒に食べれるよね?」  
  指原「あ……はい。」  
  小嶋「よかった!」  
   
   
  >>320  
  T-noteの作者も自分です(笑)  
 
326 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 16:26:03.82 ID:5847quvrO 
  >>321  
  ~~  
  小嶋「指原!ご飯食べに行こ?」  
  指原「……うん。」  
   
  小嶋「指原とご飯食べるのも2週間目くらいだねー。」  
  指原「…そうかも。」  
  小嶋「てか、指原なんで2個も弁当持ってる?指原意外と大食いw?」  
  指原「あ……小嶋くん、いっつも焼きそばパンとかだから指原がお弁当を…迷惑だっt  
  小嶋「うそー!めっちゃうれしい(бвб)食べていいー?」  
  指原「うん…」ドキドキ  
  小嶋「おいしい!さすが俺の彼女だねっ♪」モグモグ  
  指原「彼女……」  
  小嶋「…………(бвб)」  
   
  ~~  
  篠田「今日から学園祭の準備だって。」  
  小嶋「へー。俺たちなにやんの?」  
  篠田「焼きそばとかかき氷とか売るらしいよw」  
  小嶋「ふーん。それで今日のHR係決めなんだ。」  
  篠田「そーゆーこと。」  
   
  ~~  
  高橋「えー。じゃあ次は洗い物係やりたい人いまスか?」  
   
  指原「あ、指原洗い物がい…  
  小嶋「俺、焼きそばつくる人がやりたい!」  
   
  高橋「ぱるが焼きそば係でスね?あと焼きそば係やりたい人?」  
   
  小嶋「んー。指原は?弁当うまかったし。」  
  高橋「そうなんでスか!じゃあさっしーにお願いしまス!」  
   
  指原「……できるかな。」  
  小嶋「大丈夫。俺もいるじゃんw!」  
   
  つづきます  
 
347 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 22:37:51.06 ID:5847quvrO 
  >>326  
   
  学園祭~~  
   
  指原「小嶋くんも焼きそば作るの上手ですよ?」  
  小嶋「ほんとー?」  
  指原「うんっ。」  
   
  小嶋「指原、前より明るくなった気がするw」  
  指原「…そ、そうですか?」  
  小嶋「なんとなくねーw。」  
  指原「………」  
  小嶋「てか、俺らもそろそろご飯食べにいかない?お腹空いたし。」  
  指原「あ、うん」  
   
  篠田「ニャロー!ちょっとこれ手伝ってー。」  
  小嶋「あ、おっけー。指原先に行ってて?」  
  指原「分かった。」  
   
   
  ~~  
  小嶋「(麻里のせいでかなり遅れちゃったな。指原どこだろ)」  
   
  小嶋「あ、さし……(あれ誰だ?)」  
   
  男子「…元気にしてた?」  
  指原「……今さらなんか用事ですか?」  
  男子「…今、彼氏とかいるの?」  
  指原「………」  
  男子「俺、やっぱりお前が好き。やりなおせないかな。」  
  指原「!」  
   
   
  小嶋「!」  
   
   
 
372 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 10:57:39.73 ID:yGITFaJGO 
  >>347  
   
  指原「…無理です。」  
   
  小嶋「………(俺、出ていかないほうがいいかな)」  
   
  男子「……」  
  指原「…指原にはちゃんと大切な人ができて……」  
  男子「……」グイッ  
  指原「ちょっと!やめっ…」  
  男子「ちょっとくらいいーでしょ?」  
  指原「いやっ!」  
   
  小嶋「ちょっとちょっとー。人の彼女に手出すなよ。」  
  指原「小嶋くん!」  
   
  男子「お前誰だよ!」  
  小嶋「………」  
  男子「何とか言えよ!」ボガッ  
  指原「!」  
  小嶋「いって……」  
  男子「……」  
  男子「なんでやり返さねえんだよっ!」ドガッバギッ  
  小嶋「………」  
   
   
   
  指原「…小嶋くん、行こ?」  
  小嶋「…うん。」  
   
  男子「………」  
   
   
   
   
 
377 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 13:50:33.70 ID:yGITFaJGO 
  >>372  
   
  ~~  
  指原「…あの!やっぱり指原と別れてほしいんです!」  
  小嶋「…なんで?」  
  指原「…………」  
  小嶋「理由もなしに別れらんないよ。」  
  指原「………」  
  小嶋「ちゃんと言いたいこと言って?」  
  指原「指原といても幸せになれないと思うし…。さっきみたいに…」  
  小嶋「…それだけ?」  
   
  指原「………っ…指原はほんとは不安で…中学の…ときに……グスッ」ポロポロ  
  小嶋「…分かってる。」ギュッ  
   
  小嶋「指原が辛かったの全部分かってるよ。」  
  指原「……うぅ…」  
  小嶋「指原が我慢してたのも分かる。…俺は絶対指原を裏切らない。うっくりでいいから俺を信じて?」  
  指原「……じゃあ…じゃあ、ずっとそばにいて……」ギュ  
  小嶋「ずっとそばにいるよ。」  
  指原「遠くに行かないで…?」ポロポロ  
  小嶋「うん。遠くに行かない。」  
  指原「………」ギューッ  
   
   
 
378 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 14:45:17.89 ID:yGITFaJGO 
  >>377  
  指原「あ……」  
   
  男子「おい。」  
  小嶋「またお前か…。」  
  男子「…ふざけんな。……死ねーっ」ダダダダッ  
  小嶋、指原「!」  
   
  男子「……っ」グサッ  
  小嶋「うっ……」  
  指原「小嶋くん!」  
   
  男子「………」ダッ  
   
  指原「…小嶋く…ん」  
  小嶋「…俺は…死なないから……心配すん…なっ」  
  指原「……」ポロポロ  
  小嶋「泣くなよw…」  
  指原「…ずっとそばにいるっていったのに!遠くにいかないっていったのに!」  
  小嶋「…ごめん」グタッ  
  指原「小嶋くんっ」  
   
   
  ――――――――――――――  
  指原「ってゆー映画作りたいんですよ!」  
  小嶋「なにそれー!最後の展開、急すぎるでしょw俺殺されんの嫌なんだけどw」  
  指原「あははwww次は陽くんの番だよっ。どんな映画作りたい?」  
  小嶋「俺はねー。~~~~」  
   
   
  HAPPYEND  
   
 
307 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/09(月) 23:49:29.97 ID:LHLsP7uI0 
  今日の成人式インタビューでtomoが毎日日記をつけてることが判明  
  tomomemoに次いでまさかT-noteまで実在かw  
 
330 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 19:10:31.12 ID:5uw7tP5FO 
  お前らならどのクラスに入りたい?  
 
337 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 20:30:21.82 ID:kQKq4OCm0 
  増田「B最高やで!女の子多いし、みんなええ身体してんねん!」  
 
340 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 21:09:40.50 ID:nQnWm0epO 
  >>337  
  「いいカラダしてるのはAクラスでス☆…にゃ、にゃんにゃ…ん……」ビュルル  
 
349 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 23:05:44.54 ID:A5OG3zIq0 
  Bクラスに入って報われない恋ばっかりしてるとも~みちゃんを幸せにしてやるんだ  
 
352 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 23:57:16.11 ID:jJI462xTO 
  >>349  
  増田「とものこと頼むで…」  
 
362 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 01:39:53.37 ID:T168jhZaI 
  >>349  
  何スレか前に報われたとも~みなかったっけ?  
 
350 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 23:14:24.76 ID:GyniCa52Q 
  横山「今日は里英のご両親が来るらしいから夜暇やな・・・」  
   
   
  横山「帰りにTSU○YA寄って帰ろ♪」ゲヘゲヘ  
 
351 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/10(火) 23:40:04.33 ID:atLp3m9u0 
  >>350  
  毎日搾り取られてるのにAV見れる横山△  
 
360 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 01:09:09.55 ID:qyv6KeqG0 
  ゆきさえ  
  大島「指原てめー!なに朝からプチダノンとか食ってんだ?調子乗ってんじゃねーぞ?」  
  指原「すすす、すいません・・・」  
  大島「しかもナマコ味じゃねーか!子供泣かせの新味だな!一口くれ!」  
  指原「ぼぼぼ、ぽっくんのスプーンで食べたら、かかか間接チュウじゃないですか・・・」  
  大島「あん?にゃんにゃんと朝キッスしてきたから、これを指原が使ったらにゃんにゃんと指原の間接間接キッスになるな。よし、スプーン没収ぜー」  
  指原「プチダノンまだ残ってますよ・・・」  
  大島「男なんだから、それくらい手で食え」  
  指原「はい・・・」  
  ??「待ちなさいっ!」  
  大指「だっ、誰だっ!?」  
  ??「正義の味方カシワーマンよっ!」  
  大指「はぁ・・・」  
  カシワーマン「弱い者いじめは、やめなさいっ!」  
  大島「で、ゆきりん朝から変なカッコして何やってんだ?」  
  カシワーマン「わ、私はゆきり・・・じゃない!カシワーマンよっ!」  
  大指「・・・」  
  カシワーマン「・・・」  
  大指カ「・・・」  
  大島「なんかごめん・・・」  
  カシワーマン「う、うん・・・こっちこそごめん・・・」  
  ・・・  
  大指カ「・・・(気まずすぎる・・・)」  
  宮澤「みんな、おはよー♪」  
  カシワーマン「!?(まずいこんなところ宮澤くんに見られたら恥ずかしくて死んじゃう)・・・さらばよっ!」  
  大島「おぉ!冴!まじ助かったぜ」  
  宮澤「ん?今、誰か凄まじい勢いで走り去って行ったけど?」  
  大島「あぁ、彼女なりに頑張ってるみたいだから、決して触れないであげて」  
  指原「はい。人には触れられたくない部分ってありますしね・・・」  
   
  【今日の感想のコーナー】  
  宮澤「朝からさつま芋柄のマントとか超オシャレなんですけど!めちゃめちゃ気になる!」  
  カシワーマン「やっぱり顔そのままじゃバレちゃうわね・・・一体全体どうすればいいのかしら?」  
  tomo「プチダノンにオメコ味なんてあるんだ!どんな味だろ?帰りにスーパーで買って帰ろっ♪」  
  作者「なんかごめん・・・」  
   
  宮澤くんの気になる度ゲージ  
  柏木 50 板野 50 篠田 50 高城 50 カシワーマン 65←NEW  
 
409 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 23:07:29.23 ID:qyv6KeqG0 
  >>360 続き  
  ~スーパー「マリコ」~  
  tomo「大島くんが言ってたオメコ味のプチダノン気になって買いに来ちゃった♪」  
  カランコローン♪カランコローン♪  
  マリコ「若いのに、よく来たばい!まぁ座ればい!」  
  tomo「(真っ赤な服着た変な人いる)あの私、買い物に来たので・・・」  
  マリコ「若いのに遠慮するとは大したもんばい!感心ばい」  
  tomo「プチダノンの棚は・・・あった!でもイチゴ味しかないや」  
  マリコ「何かお探しかばい?」  
  tomo「プチダノンのオメコ味を探してるんですが」  
  マリコ「おっ、おめっ、おめーっ?若いのにフシダラばい!こらしめるばいっ!ユイージっ!三脚持って来るばいっ!」  
  横山「ユイです」  
  マリコ「細かいことはいいから早く持ってくるばい」  
  ガシャガシャ・・・おもむろに三脚に昇るマリコ  
  マリコ「とうっ!」  
  tomo「うっ、上からっ!?」  
  シュタッ  
  マリコ「そうばい!上からばい!上から?上から何ばい?」  
  tomo「ま、マリオ?」  
  マリコ「クリボーは踏まずにやり過ごすのが社交界のルールばい!って違うばい!マリコばい!」  
  tomo「はっはいっ」  
  マリコ「わかったらこのCD買って行くばい!私が真ん中ばい!」  
  tomo「プチダノン買いにきたのに変なCD買わされちゃったよぉ」  
   
  カランコローン♪カランコローン♪  
  大島「今日スーパーマリオの新作発売日ぜー」  
  宮澤「早く買って皆でやろうよ」  
  マリコ「私を呼んだばいね!」  
  大島「おっ、マリオ」  
  マリコ「そうさ、私はオマーリオ!って違うばい!違うばい!オマーリオって誰ばい!ユイージ!例のもの持って来るばいっ!」  
  横山「ゆいです!」  
  三脚に昇るマリコ  
  マリコ「とうっ!」  
  グキッ!  
  マリコ「痛いば-い!痛いば-い!」  
  大島「スーパーじゃさすがにゲーム置いてないか!ゲームセンター寄って帰ろうぜ」  
  宮澤「うん」  
  マリコ「ゲーム・・・センター?だから私が真ん中ばい!真ん中ばいよ!」  
  横山「もう帰っちゃいましたよ・・・」  
  マリコ「私が真ん中のやつ絶賛発売中ばい!」  
 
365 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 02:42:10.07 ID:Oz6FPYAt0 
  宮澤「はーちゃんって『わがままを聞いてくれる人』がタイプらしいじゃん」  
  秋元「ああ、そんなことを言ってたな」  
  宮澤「オカ郎はちゃんとはーちゃんのわがまま聞いてあげてんの?」  
  秋元「出来る限りは聞いてる」  
  大島「ほほう。例えばどんなわがままぜー?」  
  秋元「膝枕してあげたいから横になって、とか」  
  増田「随分可愛いわがままやなw 他にはどうなん?」  
  秋元「うーん。寒いからギュッと抱きしめて、とか」  
  宮澤「そんなのわがままのうちに入らないってw もっときついのないの?」  
  秋元「怖い夢を見て寝れなくなったから添い寝しに来て、はちょっと大変だったな」  
  大島「夜中ぜー?」  
  秋元「ああ、夜中に電話がかかってきたんだ」  
  増田「それはちょっとしんどいかもしれんな」  
  秋元「親御さんにバレないようにこっそり窓から忍び込んで添い寝したんだけど…」  
  宮澤「なんかあったの? 親御さんいバレちゃったとか?」  
  秋元「いや。はーちゃんって純情主義だろ?」  
  大島「おう。有名ぜー」  
  秋元「だから添い寝だけでキスもさせてくれなくてさ…」  
  大増「あー、なるほど……」  
  秋元「我慢するのがしんどかった」  
  大島「俺なら耐えられないぜー」  
  増田「俺もそれは無理やなぁ…」  
  宮澤「そう? 俺は添い寝だけでイけるから問題ないけど」  
  秋大増「え?」  
  宮澤「え?」  
 
370 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 05:53:10.07 ID:opmVQpup0 
  お風呂  
   
  高橋「ふぃ~!」ザパーン  
  ガララッ  
  前田「おじゃましま~す」  
  高橋「うえぇ!?あ、敦子!?」  
  前田「お背中お流ししまーす♪」  
  高橋「な、何考えてるんでスか!出てって下さい!」  
  前田「なんで南って一緒にお風呂入るの嫌がるの?」  
  高橋「何でって・・・恥ずかしいし・・・」  
  前田「あー、分かったー・・・私と一緒に入るのが嫌なんでしょ・・・」  
  高橋「ちがっ・・・!断じてそんな訳じゃ・・・!」  
  前田「じゃあいいよね?はい、お背中流しまーす」ジャブジャブ  
  高橋「あうう・・・」  
  前田「はい、じゃあ次前向いて?」  
  高橋「!?」  
  前田「いいからいいから♪」  
  高橋「あああ・・・・!」  
   
   
  前田「みなみ大丈夫~?」パタパタ  
  敦「敦子、南に何したの?」パタパタ  
  前田「身体洗って上げただけなんだけどなぁ~」パタパタ  
  高橋「・・・」ゲッソリ  
 
386 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 15:57:27.94 ID:SJPMCOulQ 
  >>370  
  俺だってとじゆう好きだぞ  
 
387 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 16:14:27.49 ID:jxApYEhO0 
  >>370  
  高橋「にゃんにゃん…!にゃんにゃ…!んん…!」ビュッ  
 
373 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 11:46:31.15 ID:4QNmv8030 
  オカはー有りの状態  
   
  秋元「なー小林。今日元気ないな。どうした?」  
  小林「何でもないよ・・・」  
  秋元「ならいいんだけどさ」  
   
  小林「あーーー!!!」  
  秋元「お、おい、どうしたんだよ?」  
  小林「何で私ばっかりご飯作んなきゃいけないの?」  
  秋元「お、おい?」  
  小林「オカ郎の彼女ははーちゃんでしょ!なんでうちに夕飯食べ来るの?」  
  秋元「や、やっぱり嫌だった?」  
  小林「私を怒らせた罰。」  
  秋元「な、なんだよ?」  
  小林「今日、焼肉食べたい」  
  秋元「い、今から?」  
  小林「勿論!でも、うっちーの所は駄目ー!!!」  
  秋元「わ、わかったよ」  
   
   
   
 
374 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 12:06:21.83 ID:4QNmv8030 
  >>373続き  
  ー食事終了後ー  
  テクテク  
  小林「外寒いよーゴリラー」  
  秋元「ほら、俺のマフラー使えよ」  
  小林「いらなーい」  
  テクテク  
  秋元「ごめんな小林・・・」  
  小林「どうしたゴリラ?」  
  秋元「ウホ!」  
  秋元「真面目に聞け!」  
  小林「なんだよ?」  
  秋元「俺、夕飯食べに行かない方がいいか?」  
  小林「うーん・・・はーちゃんが行っても良いって言うなら来ても良い」  
  秋元「はーちゃん?」  
  小林「うん。はーちゃん。」  
  秋元「何ではーちゃんと夕飯が関係あんだよ?」  
  小林「だって嫌じゃん?いくら幼馴染とは言っても中学の時には付き合ってた相手のうちにご飯食べに行くって彼女からしたら嫌でしょ」  
  秋元「そうかな?」  
  小林「それに私の立場も考えてよ。はーちゃんに嫌われんのも嫌だし」  
  秋元「そ、そうか・・・わかった。一回はーちゃんと話してみるよ」  
   
  テクテク  
   
  鈴ま「(あれ?香菜ちゃん?と・・・秋元君???)」  
   
  わ~がままな~流れ星♪  
  小林「まりやんぬからメールだ」  
   
  From:鈴木まりや  
  ---------------  
  今後ろにいるよー  
  香菜ちゃんはデート香菜?  
  話かけようと思ったけど何となく邪魔しないようにしました。  
  って事で、また明日ねー。  
   
  小林「あ!オカ郎、先帰っていいよ」  
  秋元「え・こんな時間だから家まで送るって」  
  小林「あ、大丈夫!まりやんぬ近くにいるみたいだから合流する」  
  秋元「そうか、気をつけろよ」  
  小林「ゴリラもな!知らない人にバナナ貰っても付いてっちゃダメだぞ!」  
  秋元「はい。はい。んじゃまたな」  
   
  続く  
 
391 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 19:08:23.69 ID:opmVQpup0 
  大島「全くお前ら男の風上にもおけねぇな!」ガミガミ  
  増高横「はい・・・」  
  大島「女から迫ってくるなんて願ったり叶ったりじゃねぇか!」  
  増田「い、いや・・・そうは言うけどもやな」  
  大島「言い訳すんな!」  
  増田「ごめんなさい・・・」シュン  
  大島「仕方ねぇからこの優人様が女をヒィヒィ言わせるスーパーテクニックを伝授してやるよ!」  
  横山「スーパーテクニック・・・?」  
  高城「ぜ、是非!」  
  大島「いいか?女ってのはな、強い男が好きなんだよ!だからこっちが強きで攻めれば彼女だってしおらしくなるんだよ!」  
  横山「強気ですか・・・」  
  高城「よーし!さっそく今日試してみます!」  
  増田「(ホンマに大丈夫か?)」  
   
  その夜 高城宅  
  倉持「さーちゃちゃ丸!新技仕入たから早速試すよー!」  
  高城「明日香・・・ちょっとそこに座れ」  
  倉持「え?」  
  高城「いいから座れ!」  
  倉持「!」ビクッ  
  高城「俺は将来の旦那だぞ!なのにお前の最近の態度は何だ!」  
  倉持「は、はい・・・」  
  高城「もっと俺を敬え!いつも綺麗でいろ!俺より先に寝るな起きるな!」  
  倉持「・・・」シュン  
  高城「(おお!効いてる!?明日香が黙った!)」  
  倉持「ンダイッ!!(※猪木のモノマネ)」ビターン  
  高城「痛っ!!!(えええええええ!?)」  
  倉持「ンダイッ!!(※猪木のモノマネ)」ビターン  
  高城「ぎゃうっ!ご、ごめんなさい・・・許して・・・!」  
  倉持「元気があればなんでもできる!(※猪木のry」  
  高城「ヒィィィィ!!!」  
  倉持「迷わず行けよ!行けば分かるさ!(※猪ry」ガバッ  
  高城「ぎゃあああああ!!!」  
   
   
  大島「今頃高城は倉持をヒィヒィ言わせてるころぜー♪」  
 
393 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 20:11:12.20 ID:6MqeYlJk0 
  >>391  
  有と横山は試したのだろうかw  
  そういえば横山の下の名前ってでたことあったっけ?  
   
 
398 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 20:38:42.35 ID:opmVQpup0 
  >>391  
   
  横山編  
   
  横山「よっしゃ・・・俺も試してみるか・・・」  
  北原「横山お腹すいた~!」  
  横山「おい里英!!!」  
  北原「!」ビクッ  
  横山「お前最近ちょっと態度デカないか?」  
  北原「ご、ごめんなさい・・・」ビクビク  
  横山「分かったならええねん。おう里英、風呂入るから湯溜めや」  
  北原「はい、すぐに・・・」タッタッタ  
  横山「(キタ━(゚∀゚)━!俺の亭主関白!!これで里英は(おしとやかな)俺の嫁!!)」  
  北原「お風呂が沸きました・・・」  
  横山「おう。そんじゃ一番風呂行ってくるわ(ああ~w気分ええわw)」  
   
  ザブーン  
   
  横山「いやぁ、これでゲッソリ生活ともおさらばやなぁ・・・」  
  ガララッ  
  北原「失礼いたします」ペコリ  
  横山「り、里英!?」汗  
  北原「お背中お流し致します」  
  横山「お、おう・・・頼むわ・・・(はんなりええなぁ♪京都の女の子みたいや)」  
  北原「失礼いたします」ゴシゴシゴシ  
  横山「ああ~気持ちええ♪」  
  北原「次は前も」  
  横山「え!?ま、前はええよ!」  
  北原「遠慮なさらずに」  
  横山「い、いや・・・遠慮ちゃうねん」  
  北原「北原ダイヤモンドでお洗いします!!!」ガバッ  
  横山「ぎゃああああああああああ!!!」  
   
  翌日  
  北原「昨日横山が妙に強気でさぁ~!超興奮しちゃった♪」ツヤツヤ  
  倉持「へぇ~♪」  
   
  横山「・・・」ゲッソリ  
 
416 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 03:14:01.97 ID:mzACVPq8O 
  >>391  
  野中「大島君何か面白いこと皆に教えてる…最近咲彦ともマンネリだし今晩ちょっと試してみようかな」  
   
  咲彦「ただいま~」  
  野中「遅い!!今まで何処ほっつき歩いてた?」  
  咲彦「どうしたの?学生服なんか着ちゃって…」  
  野中「ん?あんたが何時まで経っても女々しいからこれからは私が男であんたが女ね!」  
  咲彦「おいおい美郷、何の冗談を…」  
  野中「喋るな!!!!!」  
  咲彦「!」ビクッ  
  野中「ったく、あんたは黙ってウチの言うこと聞いてればいいの!」  
  野中「ほら、分かったならさっさとお風呂沸かしてきな!」  
  咲彦「は、はい!(状況が良く分からん…誰が美郷にあんな入れ知恵を…)」タタタタッ  
  野中「(いや~これ楽しいな。これからどうしようかな)」ニヤッ  
   
  続くかも  
 
401 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 21:14:00.59 ID:pjvLLOJG0 
  ベタな感じでいく  
   
   
  帰り道  
  大島「今日もかわいいぜー!にゃんにゃん♪」  
  小嶋「もーほら優ちゃん行くよ!」テクテク  
  大島「っちぇ~帰ったらにゃんにゃ・・・え?」  
  プップー  
  大島「にゃ、にゃんにゃん危ない!!!」  
  小嶋「え?」  
  キキー ガッシャン  
  小嶋「え?優ちゃん?何?・・・優ちゃん?」  
  近所の人「おい!救急車だ!!高校生が引かれたぞ!!」  
  小嶋「優ちゃん!!!ねぇ・・・返事してよ・・・優ちゃん・・・」グスッ  
  大島「にゃ・・にゃん・・にゃ・・・ん・・・」  
  小嶋「うん・・・うん・・・大丈夫だから・・・」  
   
  病院  
  ダダダダダ  
  増田「おい!小嶋!」  
  小嶋「あ・・・有くん、オカ郎くん、冴くん・・・来てくれたんだ・・・」  
  秋元「当たり前だよ・・・」  
  宮澤「ねぇ、泣かないで?大丈夫だから・・・」  
  小嶋「うん、ありがと。今優ちゃんのお父さんがずっと付いていてくれてるから・・・」  
  ガラ  
  優人父「おお、お前らか!なんだそんな深刻な顔してw優人ならもう目覚ましたよ。軽く頭打っただけみたいだからな。まぁちょっと顔出してやってくれ!俺は家に戻って優人の服とってくるぜー」テクテク  
  増田「なんやぁ~全然大丈夫やって!よかったやん!」ポンポン  
  小嶋「うん!なんか無駄に泣いちゃったw」  
  宮澤「あ~優人に言っちゃうよ~?」  
  小嶋「えーん、何でそんな事言うー?」  
  秋元「それより早く入ろうぜ!」  
  増宮小「うん!!!」  
   
  ガラッ  
  増秋宮「ゆーーーうーーーーとーーーーー!!!!!」  
  大島「おー・・・お前らか・・・」ボー  
  増田「なんやねん、それ・・・ほな、もっと元気になれる人に会わせてあげるわ!ほらっ」  
  小嶋「優・・・ちゃん?///」  
  大島「・・・・」  
  秋元「何照れてるんだよw」  
  小嶋「優ちゃん!ごめんね・・・私のせいで・・・」  
  大島「は?てかお前誰?」  
  小嶋「・・・え?」  
  増田「だっ、誰ってお前・・・小嶋やん!お前の彼女やで!」  
  大島「わからない・・・全くわからない・・・」  
  増秋宮「・・・・・」  
  小嶋「優ちゃん・・・」ダッ  
  大島「・・・」  
   
   
  続く  
 
405 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 21:48:38.94 ID:pjvLLOJG0 
  >>401  
   
  学校  
  増田「まさか一日で退院とはなwさすが優人や!」  
  大島「ありがと・・・」  
  秋元「退院祝いのバナナだ!ウホッ」  
  大島「ありがと・・・」  
  宮澤「じゃあ俺変顔しまーす!」  
  増秋「がはははははwww」  
  大島「ありがと・・・」  
  増秋宮「・・・・」  
  大島「なんでかな・・・昨日病院に来てくれたあの子見た事あるんだよな・・・」  
  増田「小嶋の事?」  
  大島「うーん・・・見た事あるけど名前とかどんな人とかは全くわからないんだよね・・・」  
  秋元「そうか・・・」  
  大島「なんか無理に思い出そうとするとすっげー頭痛くなる・・・」  
  増田「なら今はそんな無理せんでいいんやない?」  
  宮澤「うん。仕方ないよ・・・」  
  大島「誰なんだろ、あの子・・・」  
  増秋宮「・・・・・」  
   
   
  Aクラス  
  峯岸「は~るな!よっかたね、彼氏さん無事で!」  
  小嶋「みぃちゃん・・・それがさ・・・」グスッ  
   
  峯岸「・・・そうなんだ・・・なぜか陽菜のことだけ思い出せないってことね・・・」  
  小嶋「うん・・・なんでだろ・・・」  
  峯岸「そういえば優人、人が変わったみたいだった。全然しゃべらないし、授業もちゃんと聞いてたし・・・」  
  小嶋「ねぇ、私のせいだよね?私があの時優ちゃん置いて歩こうと・・・」  
  峯岸「違うよ陽菜!大丈夫だから・・・大丈夫・・・」  
  小嶋「心配だよ・・・みぃちゃん・・・」  
  峯岸「とりあえず今は様子見よ?しばらくしたら優人も戻ってくると思うし!」  
  小嶋「うん・・・待ってみる・・・」  
  峯岸「大丈夫・・・うん・・・絶対大丈夫・・・」  
 
407 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/11(水) 22:56:11.84 ID:pjvLLOJG0 
  >>405  
   
  1週間後  
  宮澤「も~音楽室ってなんでこんな遠いの~」  
  秋元「確かに・・・これは学校七不思議・・・」  
  大島「ばーか!音が響かねーように遠いんだよ!w」  
  秋元「なるほど!(優人もちょっとずつ元気になってるみたいでよかった・・・)」  
  宮澤「お~さすが~!(・・・優人が笑ってる!)」  
  大島「それよりお前らちゃんと授業受けろよな!もうすぐテストだし!」  
  秋宮(・・・真面目にもどった・・・調子狂うな・・・)  
   
  前田「陽菜ー!早くー!次は音楽室なんだからー!」  
  小嶋「えーん待って~!」  
  秋宮大島「あ・・・」  
  前小「あ・・・」  
  秋元「次はAクラスが音楽?」  
  前田「うん!音楽室って遠いよねー」  
  宮澤「ねー!今俺たちもその話してたとこw」  
  大島「・・・」  
  小嶋「・・・」  
  秋元「あっ・・・あのさ!・・・頑張れよ、音楽・・・」  
  前田「ちょっと何それ~あんたたちに言われたくないしwねー?陽菜?」  
  小嶋「え?あ・・・うん・・はは」  
  大島「・・・」  
  キーンコーンカーンコーン  
  前田「やっば!チャイム鳴ったじゃん!急ご?」ダッ  
  小嶋「うん・・」ダッ  
  ダダダダダ  
  大島「・・・え?」ポロ  
  秋元「どうした?お前泣いてる・・・」  
  大島「匂い・・・この匂いなんか懐かしい・・・」ポロポロ  
  宮澤「え?匂い?全く何も匂いしないけど?」  
  大島「俺にはなんかわかる・・・この温かい匂い・・・小嶋ちゃんの顔がなぜか浮かんでくる・・・」  
  秋元「じゃ・・・じゃあ、なんか思い出した?」  
  大島「・・・いや、何も・・・」  
  秋元「そっか・・・」  
  大島「でもなんか思い出しそう・・・」  
  秋宮「!!!」  
  大島「放課後、小嶋ちゃんに会ってくる・・・」  
 
412 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 01:23:23.24 ID:Fnknluz20 
  >>407  
  優人が道明寺司みたい…これは名作確定やわ  
  ハンカチ用意してくる!  
 
437 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 20:13:27.39 ID:LhDKbP8M0 
  ID変わったが>>407の続き  
   
  放課後  
  大島「いきなり呼び出してごめんね」  
  小嶋「ううん・・・」  
  大島「・・・」  
  小嶋「・・・」  
  大島「・・・あのさ今日廊下で会ったじゃん?」  
  小嶋「うん」  
  大島「その時小嶋ちゃんの匂いがなんか懐かしく感じてさ・・・」  
  小嶋(私の事『小嶋ちゃん』って呼んでる・・・)  
  大島「でさ、小嶋ちゃんの事思い出せそうなんだ俺・・・」  
  小嶋「!!!」  
  大島「ちょっとわりーんだけどこっち来てくんね?」  
  小嶋「うん・・・」ヒョイ  
  大島「もっとこっち・・・」グイッ  
  小嶋「え?優ちゃん?///」  
  大島「しばらくこのままでいさせて・・・苦しかったら言って」ギュー  
  小嶋(・・・この感じ優ちゃんだ・・・)  
  大島「やっぱこの匂いすっげー落ち着く・・・」クンクン  
  小嶋「ちょっとー嗅ぎ過ぎw(優ちゃんのばか・・・うぅ、泣きそう)」グスッ  
  大島「え?苦しかった?ごめん」  
  小嶋「ううん、違うの!それより私の事思い出せた?//」  
  大島「・・・だめだ・・・全くわからない・・・」  
  小嶋「・・・そか」ボソ  
  大島「くっそ!!!何にも思い出せねぇ!なんでだよ!」  
  小嶋「いいの、優ちゃん・・・私待ってるって決めたから」  
  大島「ごめん・・・ほんとにごめん・・・」  
 
438 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 20:13:54.79 ID:LhDKbP8M0 
  >>437  
   
  次の日  
  大島「・・・・・」ボー  
   
  増田「昨日優人、小嶋に会いに行ったらしいやんか。どうだったって?」  
  秋元「俺らが言わなくてもあれ見れば分かるだろ!」  
  大島「・・・・」ボー  
  増田「だめ・・やったんか・・・」  
  宮澤「なんでだろ?あんなににゃんにゃんにゃんにゃん言ってたのに・・・」  
  大島「・・・」ボー  
  増田「まぁ俺たちが悩んでもしゃーないからしばらく黙ってみててやろーや!」  
   
  秋宮増「・・・・」ジー  
  大島「・・・」ガタッ  
  増田「おお、立ち上がったでいきなり」  
  大島「・・・」ドス  
  宮澤「また座った・・・」  
  大島「・・・」ガタッ  
  秋元「なんだあいつはw」  
  大島「・・・」テクテク  
  増田「こっち来たw」  
  大島「よお、お前ら!」  
  宮澤「どーしたの優人~なんか元気じゃんw」  
  大島「・・・あ~ヤりてええええええええええええええ」  
  秋宮増「!!!!!!!!!」  
  大島「この俺が何日エッチしてないと思ってんだよ!あ~!!!」ムラムラ  
  増田「ちょ、ちょっと待て!優人、それ正気?」  
  大島「はぁ?正気も何も俺はエッチしたいんだ!」  
  秋宮増「・・・優人が戻ったああああああああああああああああああ」  
  大島「俺はずっとここにいるぜー」  
  秋元「ぜーって言ったw」  
  宮澤「やっとだね!」ウルウル  
  増田「ってことは小嶋と今夜・・・」  
  大島「・・・小嶋?あーあの小嶋ちゃん?俺言っとくけど小嶋ちゃんとは寝る気ないから」  
  秋宮増「え?」  
  大島「てかその前に小嶋ちゃんの事あんま知らないし」  
  増田「だ、だって昨日・・・」  
  大島「ああ、昨日からずっと考えてたんだけど、やっぱ小嶋ちゃんとは今まで何にもなかったって分かった!俺の勘違いぜーw」  
  秋宮増「・・・・」  
  大島「まぁ、って事で女見つけてくるぜー!」ダッ  
  秋宮増(優人・・・)  
   
  続く  
 
530 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 21:27:46.61 ID:8v8jfpzK0 
  >>438  
   
  女子「きゃー!優人先輩だー!かっこいいー!!!」  
  大島「お~君たちの方がかわいいぜ~!てか今日暇?暇だったら俺と遊ぼうぜー」  
   
  増田「あれからずっとこんな感じやで・・・」  
  宮澤「もうほんとににゃんにゃんのことは忘れたって事?」  
  秋元「このままじゃかなりやばいな・・・小嶋に気づかれたら最悪だぞ」  
  増田「やな。まぁここは・・・」  
  女子「きゃー!増田先輩もいるー!」  
  増田「呼んだ?あ~君たちかわうぃ~ね~!」  
  ボコッ  
  秋元「お前までそうなってどうする!」  
  増田「わりーわりー!wとりあえずここは峯岸に・・・」  
   
  峯岸「で、陽菜と仲いい私にって訳ね」  
  増田「頼む!小嶋に今の優人の様子喋らんといてーや!」  
  秋元「お前も俺たちとクラス一緒だから見ててわかるだろーけど優人の暴走が止まらない」  
  宮澤「だから、ノースリー部とかでいつも一緒にいるみぃちゃんに頼みに来た!」  
  峯岸「あ~でもたかみなには言わないの?」  
  増田「あいつは今手相のことでそれどころじゃないからな」  
  峯岸「なるほどwじゃあ、私に陽菜は任せて!」  
  秋元「おー頼もしい!」  
  増田「ほな、小嶋は任せたで。俺たちは優人どうにかせな・・・」  
 
533 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 21:48:32.31 ID:8v8jfpzK0 
  >>530  
   
  大島「・・・入れていい?」ハァハァ  
  女子「はっ・・はい・・・」ハァハァ  
   
  小嶋(あ~最悪。携帯学校に忘れてた~・・・教室真っ暗だし怖いよ~)ソロッ  
  大島「はぁ・・・はぁ・・かわいいよ・・」  
  小嶋(え?優ちゃん・・?)  
  女子「先輩・・・もっと・・・」ハァハァ  
  大島「あ・・出る・・・」  
  小嶋(え・・・何やってるの・・・優ちゃん・・・)  
  大島「あ~最高ぜ~・・・もう一回する?」チュ  
  小嶋(・・・この前の優ちゃんじゃない・・・何で?)ダッ  
   
  次の日  
  峯岸「は~るな!一緒に帰ろ?」  
  小嶋「うん・・・」  
   
  小嶋「・・・・」ボー  
  峯岸「・・・どした?」  
  小嶋「・・・何もない」  
  峯岸「言わなきゃわからないよ?大丈夫だから言ってごらん?」  
  小嶋「ちゃった・・・見ちゃった・・・」  
  峯岸「ん?何を?」  
  小嶋「・・・優ちゃんが女の子と・・・エッチしてるの・・・」  
  峯岸「!!!」  
  小嶋「学校でしてた・・・」  
  峯岸「・・・はる・・」  
  小嶋「もう嫌だ!!!!」  
  峯岸「・・・陽菜・・・」  
  小嶋「もう私待ちくたびれた!優ちゃんなんてもうしらない!勝手にすればいいじゃん!」ボロボロ  
  峯岸「落ち着いて、陽菜・・」  
  小嶋「うぅ~もう最悪・・・」  
  峯岸(優人・・・)  
  小嶋「優ちゃん・・・」  
 
537 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 22:17:22.32 ID:8v8jfpzK0 
  >>533  
   
  増田「おい、優人ちょと来い!」  
  大島「んだよ~そんな顔してwそんなんだから女の子も・・」  
  ドゴッ  
  増田「いい加減にしろよ!てめー!」  
  秋元「おい有、やめろ!」  
  増田「だってよ、考えろよ!小嶋の気持ち・・」  
  大島「また小嶋かよ・・・小嶋小嶋うるせーんだよ!俺は小嶋のことなんて知らない!」  
  増田「じゃあこれなんや!お前と小嶋が付き合いたての頃撮ったプリやで!」  
  大島「え・・・?」  
  増田「お前たちは付き合ってたんだよ!早く目ぇ覚ませや、ぼけ!!」  
  大島「これ・・・」  
  増田「いいからこれ見てよく考えろよ・・・じゃあな」  
  大島「・・・」  
   
   
  その頃  
  男「ねぇ、君暇?これから遊ぼうよ?」ニヤニヤ  
  小嶋「・・・いいよ」  
  男「まじ?じゃあいいとこ連れてってあげる!」  
   
  ホテル  
  ドサッ  
  男「いい?」  
  小嶋「・・・うん」  
  男「かわいいよ、陽菜ちゃん・・・」チュ  
  小嶋(もう、どうにでもなれ・・・)  
  男「下・・行くよ・・・」クチュ  
  小嶋「あっ・・・(やっぱだめかも・・・優ちゃん・・・)」  
  男「陽菜ちゃん・・・」チュ  
  小嶋(助けて・・・優ちゃん・・・)ボロッ  
  男「え?」  
  小嶋「優ちゃん・・・」ボロボロ  
  男「痛かった?大丈夫?」  
  小嶋「・・・ごめんなさい」  
  男「は?」  
  小嶋「ごめんなさい!!!」ダッ  
 
538 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 22:33:52.66 ID:8v8jfpzK0 
  >>537  
   
  小嶋(もう・・・最悪)ボロボロ  
  ザー  
  小嶋「あ・・雨・・・傘ホテルだ・・」  
  ザー  
  小嶋「あなたは・・今でも・・そっぽ向いてるわ・・・さりげない気持ち・・だけでは・・・届かない・・ものね・・・・みんなに囲まれ・・・笑顔・・見せて・・いるわ・・・そのすべて私・・のものに・・・してしまいたいの・・・・うっ・・・優ちゃん・・・」  
  ザー  
   
   
  大島(考えろって・・・)  
  ザー  
  大島「うわ、雨かよ・・・っくそ・・・」  
   
  大島(それにしてもこれ見ても小嶋ちゃんの事思い出せねぇよ・・・ん?)  
  ザー  
  小嶋「・・・」  
  大島(あれ小嶋ちゃんだ・・・こんな雨の日に傘もささないで・・・それに服もぼろぼろ・・)  
  小嶋「優ちゃん・・・寒いよ・・・」  
  大島「おい、大丈夫か?」  
  小嶋「!優ちゃん・・・」グスッ  
  大島「こんなとこで何やってんだよ!これ着ろ!」ガバッ  
  小嶋「うぅ・・・優ちゃんの匂い・・・」  
  大島「とりあえず家来いよ・・・」  
 
415 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 02:56:57.26 ID:QL+0kteY0 
  菊地「ゴクゴク」  
  秋元「あやかおはよう」  
  菊地「あ、お兄ちゃんおはよう」  
  秋元「何飲んでるんだ?」  
  菊地「豆乳だよー」  
  秋元「はははw無理するなよ」  
  菊地「・・・」イラッ  
   
  ぴるるるるる  
   
  大島「はい?」  
  秋元『優人・・・あやかが口きいてくれない』泣  
  大島「はぁ?どうしたんだよw」  
  秋元『実はかくかくしかじか―・・・』  
  大島「ギャハハハハww」  
  秋元『笑うなよ!あやかが口きいてくれないのも、一緒にお風呂入りたがらないのも初めてなんだよ!(泣)』  
  大島「シスコンを卒業するいい機会じゃねぇかwww」  
  秋元『お前だってシスコンだろ!』  
  大島「はぁ!?麻友は俺の事が大好きで仕方ないだけだよ!」  
  秋元『それをシスコンって言うんだよ!』  
  大島「何をテメー!」  
   
  友麻「朝から兄さんが電話で喧嘩してるや」ヤレヤレ  
  麻友「まったくウルさいぜー」ゴクゴク  
  友麻「あれ?麻友それ何飲んでるの?」  
  麻友「豆乳だけど?」  
 
420 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 09:55:10.12 ID:FBPlZiMDO 
  高橋「ハァハァ…も、もう限界…でス…」パンパンパン  
  小嶋「んっ…いいよ?そのまま…ハァハァ…出し…て?」  
  高橋「ダ、ダメでス…ハァハァ…僕ら、まだ学生ですし…」パンパン  
  小嶋「たかみなのが…アッ…欲しいの…」  
  高橋「にゃ、にゃんにゃん!!…で、でもにゃんにゃんには優人が…そ、それに、敦子も……」  
  小嶋「…いくじなし……」バッ グッ!!  
  高橋「ちょ!!両足でホールドなんかされたら……あ、出る、出る!!…うっ!!!!」ビュルルル  
  小嶋「…よくできました♪」ニコッ  
   
   
   
  高橋「(…なーんてw)グヘッw」ニタニタ  
  敦子「………」ジーッ  
  高橋「グヘヘヘッw」  
  敦子「……南?」  
  高橋「え??あ、あ、敦子ぉーーー!!??」ズザッ!!  
  敦子「なに気持ち悪い笑方してんの?」ギロッ  
  高橋「え?あ、い、いや!ななななにもないでス!!べべべ別ににゃんにゃんに中出しする妄想だなんて!!!!」  
  敦子「………」  
  高橋「……あ…」  
  敦子「…歯ぁ食いしばれよ?」ボキボキ  
  高橋「ヒィィーーー!!!!!」  
   
  ドカッ!! バキ!!!! グシャッ!!!!!!  
   
  高橋「…ぐふっ……」ピクッピクッ  
 
428 名前: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 [] 投稿日:2012/01/12(木) 17:02:00.37 ID:99bn4j+z0 
  小嶋が双子だったら  
   
  陽「指原ー」  
  指原「あっ陽くん!今日は一緒に帰れますか?」  
  陽「うん。麻里が用事だってさー」  
   
  陽菜「待ってーはるなも一緒に帰るー!」パタパタ  
  指原「あ、こじはるさんも一緒に帰りますか?楽しそうっ」  
  陽「陽菜はいいよ、優人と帰るでしょ?指原っ帰ろー」  
  陽菜「えーん優ちゃんは今日委員会なのー!陽なんでそういうこと言うー?」  
  陽「なんで陽菜が入ってくるー?」  
  陽菜「同じ家なんだからいいじゃんー(бвб)」  
  陽「俺は指原の家まで送ってくしー(бвб)」  
  指原「……さ、3人で帰りましょうよー(´□`)」  
  陽・陽菜「「指原のバーカ!!」」  
 
429 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 17:14:03.18 ID:QL+0kteY0 
  増田「よう・・・」ゲッソリ  
  横山「おはようございます」ゲッソリ  
  増田「昨日もか?」  
  横山「ええ・・・」  
   
  ガララッ  
  高城「おはようございまーす♪」ツヤツヤ  
  増田「何や、今日はご機嫌やな」  
  横山「何かあったんですか?」  
  高城「実は昨日ね・・・」  
   
  増横「ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!」  
  増田「ぱ、ぱぱぱぱぱ・・・・」  
  横山「パイ○リ・・・!?」  
  高城「いやー、あれなら毎日搾りとられてもいいよねー♪」  
  高城「あっ、でも増田くんと横山には無理だねー」  
  増田「・・・」イラッ  
  横山「・・・」ムカッ  
   
  ・・・  
  増田「明日香ちゃんちょっと・・・」  
  倉持「?」  
  横山「これ、あげます!」  
  倉持「こ、これは・・・」  
  倉持「プロレス悪役レスラー最凶技特集!!!」  
  増田「じゃあ俺らはこれで」  
  倉持「うん!ありがとう!」  
  増田横山「フヒヒw」ニヤニヤ  
   
  その夜  
  高城「あ、明日香・・・そのマスクは何?」  
  倉持「・・・」ニヤリ  
 
433 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 18:49:50.94 ID:FatZN1GXO 
  >>429  
  ツヤツヤ抜け駆けなんて許さないこれぞG3の絆だなwww  
 
434 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/12(木) 19:46:50.97 ID:LYH7YIFvi 
  双子いいな敦と敦子とか  
 
450 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/12(木) 22:34:01.36 ID:bQy2rcUr0 
  >>434  
  実際男女の双子ってどんな感じなのかな  
  顔や性格や心境とか  
 
435 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 19:47:13.56 ID:QL+0kteY0 
  小嶋「優ちゃん見てー」  
  大島「ん?」  
  小嶋「あのお店!この間テレビでやってたー(бвб)タピオカが有名なんだってー!」  
  大島「じゃあ入ってみるか」  
  小嶋「うん!」  
   
  カランコロンカラン  
  大島「ん?あれは・・・」  
   
  峯岸「ほら麻友、俺の少し飲んでいいよー♪」  
  麻友「いらない」  
  峯岸「じゃあ麻友の少しちょうだーい」  
  麻友「ふざくんな!」  
  峯岸「相変わらず麻友は素直じゃないなぁw」デレデレ  
   
  大島「おい!!!」  
  峯岸「ん?ああ、優人」  
  大島「何でみーくんが麻友といるんだよ・・・!」プルプル  
  麻友「(タピオカ奢ってくれるって言うからだよ)」  
  峯岸「何でって・・・そりゃあ俺達付き合ってる(つもり)からだよw」  
  麻友「付き合ってねーよ」  
  大島「いくらみーくんとは言え麻友に手出すとは不届き千万!」  
  峯岸「おいおいwそんな怒ったらダメだよ義兄様!」  
  大島「誰がお兄様だああああ!!」  
   
   
  小嶋「・・・(бвб)」  
  麻友「あ、こじまるー♪この後どっか行こー」  
  小嶋「うん!いいよー(бвб)」  
 
440 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 20:16:41.98 ID:esPQ0+EgQ 
  >>435  
  宮澤「みーくんチャラいよ」  
 
441 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 20:45:15.93 ID:d+1r+knu0 
  >>440  
  増田「お前が言うなやー」  
 
445 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 22:00:59.80 ID:esPQ0+EgQ 
  咲彦「美郷独占!」  
 
453 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 23:07:27.87 ID:lhqh24YA0 
  うちの学校のは似てないけど仲良かったよ  
   
  学校行ってたし  
 
455 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 23:25:01.46 ID:esPQ0+EgQ 
  増田「たまにはみちゃニーでもするか」  
 
458 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/12(木) 23:36:18.68 ID:HdTAtqbe0 
  >>455  
  宮澤「(俺もみちゃニーしよ///)」  
 
462 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 00:05:30.81 ID:esPQ0+EgQ 
  ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵  
 
464 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 00:06:46.77 ID:NqK2qjmj0 
  宮澤「ドキドキアセアセドギマギ」  
  大島「冴のやつ、最近なんで何あんなきょどってんだろ?」  
  秋元「さあな。どうせまた何か一人で想像でもしてんだろ」  
  大島「…いや、あれはきっと違うぜー」  
  秋元「ん?」  
  大島「いつもの冴ならすぐにトイレに行くはずなのに、それを我慢してるんだぞ?」  
  秋元「……確かに。確かにそうだ」  
  大島「これは訊くしかないぜー」ガタッ  
  秋元「うむ」ガタッ  
   
   
  秋元「なぁ冴―――」  
  宮澤「ウヒャァァァァァァァァ!!」  
  大島「ちょw」  
  宮澤「お、お、お、お、おおおオカ朗おぉぉぉ」  
  大島「冴、落ち着けってwwwどうしたぜー」ポン  
  宮澤「うわぁぁああぁ今俺に触らないでぇえぇぇえぇぇ」  
  秋元「なんだ?どうしたんだ??」  
  大島「気になってしょうがないぜー」  
   
  宮澤「ハァハァ…実は……今りんちゃんと誘惑に先に負けた方がダメよゲームしてて…」  
  秋元「よし、詳しく聞こう」  
  大島「ぜーwww」  
 
469 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 00:26:00.85 ID:NqK2qjmj0 
  >>464  
  宮澤「目の前でりんちゃんがあんなことやこんなことをして誘惑してくるの」  
  秋元「む、ムム」  
  宮澤「だけど絶対触ってこないし、俺も触っちゃ負けなの」  
  大島「wwwww」  
  宮澤「勝ったら相手のこと、一週間何でもしてOKってルールでさ//////」  
  秋元「それで今何日目ぜー?」  
  宮澤「今日で一週間・・・けど、俺もう限界かも…・・・でも、でも///」  
  大島「あのゆきりんを一週間何でもOKなんてのが目の前にあったらなぁ」  
  秋元「ん?ってことは、お前、一週間自分でも…」  
  宮澤「だからもう限界なんだって」  
  大島「冴、お前なんかかっけーよ。すんげー熱いよ」  
  秋元「確かに。ってか、本当この教室暑くね?暖房強すぎだろ」パタパタ  
   
  宮澤「!!!!!!」  
   
  大島「ぜー?」  
  宮澤「か、可愛い……」  
  秋元「んあ?」  
  宮澤「オカ朗が……可愛く見えた。俺、今すんごい可愛く見えた」ハァハァ  
  大島「wwwついに冴に禁断症状出たぜーwwwwwww」  
  秋元「え、いや…お前何言ってんだよ?ちょ、近づいてくんなって!」  
  宮澤「オカ朗!ちゅーしよう。ちゅうぅぅうぅぅぅ」  
  秋元「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ」ダダダダダダッ  
  宮澤「待ってオカ朗!逃げないで!」  
  大島「冴行くんだ!追いかけろ!!因みにオカ朗はリップをちゃんと塗ってる人がいいらしいぞ!」  
  宮澤「分かった!ありがとう優人!!」ヌリヌリダダダッ  
  大島「ちゃー塗りだなwww」  
   
   
 
467 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/13(金) 00:22:52.89 ID:VehKbkfki 
  最近はたかみなとにゃんにゃんが一緒にいる感じがする前にたかみなとにゃんにゃんが浮気してーみたいなの書いた人いたけど  
 
468 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 00:25:21.31 ID:2hv5v0WC0 
  >>467  
  落ち着いて深呼吸してから>>1を5回くらい読むといいと思う  
 
470 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 00:27:25.74 ID:putIjsnRO 
  増田「彩佳…」ギュッ  
  梅田「ん…有」  
  増田「好きやで」ドサッ  
  梅田「だ、だめ」グイッ  
  増田「また?なんでなん。生理ももうとっくに終わったやろ?」  
  梅田「そうだけど…」  
  増田「ならええやん…」チュッ  
  梅田「っ、やだ!」ドンッ  
  増田「っ!?お前…」  
  梅田「…ごめん……あたし今日は帰る」スッ  
  増田「ちょ、待」  
  バタン  
   
  増田「最近どうしたんや、あいつ…」  
 
472 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 00:37:11.84 ID:02c22etRQ 
  >>470  
  続き全裸待機  
 
474 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 00:44:41.24 ID:/PWVrMCT0 
  餅つかせてみた  
  http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2508071.jpg
 
 
481 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 01:43:21.65 ID:pYs+JZVLO 
  由紀友麻が好きだった俺は少数派か  
 
483 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 01:47:02.65 ID:n3UYDUQ10 
  >>481  
  いやオレも好きだぞ  
 
484 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 01:50:00.67 ID:B9Vg4A6g0 
  >>481  
  ゆきりんとまいまいが友麻の姉の座を取り合うみたいな話好き  
 
488 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 02:22:23.23 ID:Bdg+on6Y0 
  一方その頃 K組  
   
  秋元「………」  
  梅田「………」  
  大島「オカ郎も梅ちゃんもどうしたぜー」  
  秋梅「え?」  
  大島「なんか顔色がさえないぜー」  
  秋元「そうか?」  
  梅田「別に普通っちゃよ」  
  大島「それならいいけど」  
  秋元(冴が有華のことを好きって聞いてから、なんか変な気分だな)  
  梅田(冴が好きなのは有華で、有華が好きなのはオカ郎で………)  
  秋元(二人とも大事な幼馴染だし、付き合うことになったら嬉しいことになのに……)  
  梅田(DiVAで三角関係なんてことに……)  
  秋元(素直に喜べないのはなんでだ?)  
   
  大島「お、冴が帰ってきたぜー」  
  秋元「ど、どうだった?」  
  宮澤「告白してきた」  
  大島「おおおおおお!!」  
  秋梅「それで?」  
  宮澤「いきなり言われても困るって」  
  大島「ええええええ!?」  
  秋元(なんで俺はちょっと安心してるんだろ?)  
  宮澤「だから、返事を待ってるって伝えてきた」  
  大島「おおおおおお!!」  
  秋元「やったな、冴(とは言ったものの…やっぱり複雑な気分だ)」  
  梅田「有華はどんな感じやったと?」  
  宮澤「いきなりだからちょっと困ってた」  
  梅田「そっか…(有華、なんかごめん)」  
  大島「初めはそんなもんぜー」  
  秋元「それじゃあ俺も有華に謝ってくるか(気持ちを切り替えてちゃんと二人を応援してやらないと)  
 
489 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 02:23:22.59 ID:Bdg+on6Y0 
  >>488  
   
  B組  
   
  佐藤亜「あ、秋元君」  
  秋元「佐藤、有華いる?」  
  佐藤亜「うん。ちょっと待ってて」  
   
  佐藤亜「有華、秋元君が有華に会いに来てるよ」  
  増田「うん(今オカ郎に会いたないなぁ…)」  
  佐藤亜「有華、どうかしたの?」  
  増田「え? なんでもあらへんよ」  
  佐藤亜「?」  
   
  増田「オカ郎、どしたん?」  
  秋元「昨日のことを謝りに来たんだ。ごめんな」  
  増田「うん。別にええよ」  
  秋元「別にいいって…(なんだよ、有華のやつ。別に俺のことはどうでもいいのかよ)」  
  増田「怒ってへんから」  
  秋元「怒ってないならなんで昨日はあんな風に帰ったんだよ(なんか面白くないな)」  
  増田「なんでって…(オカ郎と一緒にご飯食べたかったからに決まってるやんか)」  
  秋元「なんでもないのに人を振り回すなよ。こっちは心配したんだぞ?」  
  増田「心配してくれなんて頼んでへん(こっちの気もしらんでふざけてたくせに)」  
  秋元「なっ!」  
  増田「バカオカ郎!」ウル  
  秋元「わかったよ。俺はもう有華にかまわないことにする」  
  増田「……なんでそんなこと言うん?」ウルウル  
  秋元「ゆ、有華?」  
  増田「昨日はオカ郎と一緒にご飯食べたかったから声かけたのに、茶化したのはオカ郎やんか」ポロポロ  
  秋元「え? お、おい、有華」アセアセ  
  増田「オカ郎のこと好きやのに、なんでいつもそんなこと言うん?」ポロポロ  
  秋元「泣くなってば、ごめん」アセアセ  
  増田「オカ郎なんか大嫌いや。もう知らん」ダッ  
  秋元「有華…」  
   
  終わり  
 
492 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 02:30:49.18 ID:SspllB2mO 
  ええええええええ…!  
  いや終わりって今日の投下が終わりってヤツだよな!?  
 
494 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 02:48:32.74 ID:Bdg+on6Y0 
  >>492  
  出口が見えなくなりまんた…  
 
495 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 02:55:00.55 ID:CdfTnyAA0 
  大島「咲彦は彼女以外の子をオカズにしたことあるか?」  
  咲彦「あ、ある訳ないじゃないか!!!」汗  
  宮澤「うそだー!あるでしょ普通!」  
  咲彦「な、ないよ・・・」  
  大島「ここだけの秘密にしておいてやるからさ、素直に言ってみ?」  
  咲彦「うぅぅ・・・」  
  宮澤「あるんだね?」  
  咲彦「ま、まりやとは仲良いから何度か・・・」  
  大島「ほうほう!他には・・・?」  
  咲彦「あと、亜美菜ちやんでも数回・・・」  
  宮澤「結構やってるねw」  
  咲彦「あと米ちゃんとか・・・」  
  増田「ほうほう・・・」  
  大島「だってさ」  
  咲彦「え?」  
   
  野中「信じられない・・・」  
   
  咲彦「みみみみみみみ美郷!?!?!?!」  
  梅田「咲彦あんたサイテー!」  
  咲彦「梅田・・・!さてはお前ら計ったな!?」  
  野中「しばらく咲彦との付き合いに関して考えさせていただきます」ダダダッ  
  咲彦「ま、待って美郷ぉぉぉ!」ダダッ  
   
  梅田「ふぅ・・・『みちゃを咲彦から取り返せ大作戦』終了っと」  
  大島「ほら!梅ちゃんの言う通りに動いたぜー!」  
  宮澤「ご褒美ちょうだい!」  
  梅田「そうやったね。はい、口開けて!」  
  大宮「あーん」  
  梅田「はい、角砂糖」ポイッ  
  大島「あまーい♪」  
  宮澤「おいしーい♪」  
 
504 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 06:52:59.14 ID:pYs+JZVLO 
  >>483-484  
  おー同志がいたか  
  書き手さんもし思い付いたらお願いします  
   
  >>495  
  角砂糖て安いやつらだなw  
  でも梅ちゃんに子どもみたいに扱われるこいつらかわいいな  
 
497 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 03:16:33.07 ID:B9Vg4A6g0 
  >>495  
  横山「まりやをオカズにとか…」ワナワナ  
  島田「まりやぎのことじゃないと思うぞ。」  
 
498 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 03:28:17.45 ID:n+8D4HaOQ 
  >>495  
  報酬角砂糖かよw  
   
  >>497  
  北原「横山?ちょっと集合」  
 
500 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 04:01:31.38 ID:GHhnMgLoO 
  >>495  
  何故角砂糖?  
 
507 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 08:12:07.70 ID:GHhnMgLoO 
  スキーシーズン始まったがこのメンツでスキー上手そうな人間っていそうかな…  
 
519 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 12:57:40.67 ID:VZL9Ae3T0 
  珠理「姉ちゃん、明日陽くんとみずきとボード行ってくる!」  
  玲奈「ボード?!あんたやったことないでしょ?陽くんかみずきに教えてもらうの?」  
  珠理「んーん。全員初心者だよ。朝行って夕方には戻るよ」  
  玲奈「心配だから私もついてく…陽くんとみずきじや何やらかすか分かったもんじゃない…。」  
  珠理「だ、大丈夫だよ…。姉ちゃんこそボードなんて無理でしょ?」  
  玲奈「レストランで待ってるから。古川も連れてくし…」  
  珠理「えっ?」  
  玲奈「(電話)あ、変態?女王様だよ…!明日スキー場行くぞ。」  
  古川「(電話)えっ!?僕明日はコミケが…」  
  玲奈「(電話)ぶっ殺されてえか?」  
  古川「(電話)い、行きましゅ!」  
   
   
  珠理「……。愛季大丈夫かな」  
 
557 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 01:07:58.31 ID:C4TdmMgd0 
  >>519より  
   
  珠理「うわぁ♪スキー場だぁ!」  
  陽「おい、珠理太!何でお前の姉ちゃんがついてくんねん!」  
  鰹「しかも愛季連れてきちゅう…。」  
  玲奈「みんな怪我しないでね~♪」  
  古川「れ、玲奈さん…ぼ、僕だけなんでTシャツに短パンなんですか…?」  
  玲奈「お前が露出狂の変態だからに決まってんだろ?」  
  古川「はうぅ…さ、寒いうえに玲奈さんの冷たい目線…愛季いきます!」  
  珠理「ごめん…2人ともレストランで待機してて…。俺達は早く行こっか…。」陽「せやな。」  
  鰹「SM見にゲレンデ来た訳じゃないしな!」  
  玲奈「3人とも緩やかなとこ滑るのよ~」  
   
   
  二時間後…  
  珠理「初心者コースは滑れるようになったし…午後は上いかない?」  
  陽「せやな。腹減った…飯食う!」  
  鰹「なあ、俺見てはいかん物を見ちゅう気がする…。」  
  珠理「あっ…愛季がパンイチで正座してる…。」  
  陽「しかもブリーフや!」珠理「愛季!風邪ひくよ!」  
  古川「珠理太くん…僕は玲奈さんの命令に従ってるだけです!」  
  玲奈「おい変態!中入れ!もちろんパンイチでな!」古川「やったぁぁぁ!玲奈さぁぁん!寒かったですよぉおー!」  
  珠理「俺達も中入ろう…」陽「せやな」  
   
  たぶん続く?  
 
520 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 15:12:11.89 ID:kD4N1NcM0 
  岩佐「らぶたん独占!」  
 
521 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 15:25:30.10 ID:6RRmE2/RO 
  >>520  
  片山「阻止!」  
 
528 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 19:13:04.29 ID:n+8D4HaOQ 
  咲彦「梅田さんと不倫か・・・」ゴクリ  
 
529 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 20:35:50.53 ID:CdfTnyAA0 
  >>528  
  野中「・・・」イラッ  
 
547 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/13(金) 23:51:27.01 ID:zyhviXIPO 
   
   
  ピピピピ  
  陽「んー。…やっぱ熱あるみたい…。」  
  陽菜「優ちゃんも風邪で休むってー。」  
  陽「風邪はやってんだねー。」ゲホゲホ  
  陽菜「微熱じゃーん。学校いこー。」  
  陽「……おやすみー。zzz」  
  陽菜「えーん(бвб)つまんなーい!」  
  陽「……zzz」  
  陽菜「むー。…………そーだっ!」  
   
   
  陽菜「(今日は男装して学校いこー♪陽と間違われるかなー。)」テクテク  
  指原「陽くーん!」タタタッ  
  陽菜「あー!指原ー(бвб)♪」  
  指原「おはよー!」ギュッ  
  陽菜「(さ、指原って意外と積極的…)おはよー。」  
   
  指原「ん?陽くん…背、低くなってない?」  
  陽菜「そ、そんなことないよ。」  
  指原「そーかなー。声も高い気が……あと指原よりおっぱいが…」  
  陽菜「気のせいじゃない(бвб)?」  
   
   
   
  指原「陽くん!帰ろー♪」  
  陽菜「うん。指原、今日陽菜んちくるー?」  
  指原「こじはるさんの家?ってことは陽くんの家じゃないですかww」  
  陽菜「あ、うん。俺んちくるー?」  
  指原「うん!陽くんのお家行きたい!」  
   
   
  陽菜「ただいまー。」  
  指原「お邪魔しまーす。」  
  陽菜「先に俺の部屋行っててー?」  
  指原「分かりましたっ!」  
   
   
   
  ガチャ  
  指原「!!陽くん!?なんで!」  
  陽「あ、指原。どした?」  
   
  ガチャ  
  指原「あ、こじはるさんっ!さっき陽くんが2人でそれで……  
   
  陽菜「陽じゃないよー!」  
  陽「?」  
  陽菜「指原のばーか(бвб)」  
   
  指原「えー(´□`)」  
 
551 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 00:08:39.42 ID:EUogvL6t0 
  小嶋兄妹かわええええええええぇ  
  陽君が女装したら優きゅんは気付かずに掘っちゃうのかな…ハァハァ  
 
553 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 00:21:43.72 ID:tdPdv2XC0 
  >>551  
  大島「なぜだ!にゃんにゃんがこんなに近くにいるのに俺の息子が反応しない…なぜだああああああ」  
  陽(陽菜…こんな変態と付き合ってるのか)  
 
577 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 15:24:00.55 ID:cJyBtc8Z0 
  <晴樹イケメーン!  
  <晴樹こっち向いて~♪  
  <お前土手好きだなって言ってー!  
   
  石田「・・・ふぅ」  
   
  指原「最近晴樹モテるなー」  
  大家「まぁ確かにイケメソだもんな・・・」  
   
   
   
  藤江(物陰)「ぐぬぬぬぬ」  
  ヒラリ  
  藤江「?」  
   
  ~~~~~~~~~~~  
  害虫駆除請け負います!  
  ㈲柏GI商事  
  秋葉営業部 中TAちさと  
  ○○○-△△△-□□□  
  ~~~~~~~~~~~  
   
  藤江「・・・」ニヤリ  
 
579 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 17:37:31.02 ID:EWlTBglG0 
  たこともでも書いてみる  
  ~秋葉高入学式~  
  増田「うげっ俺だけ違うクラスじゃん…」  
  宮澤「有一人だけBクラスじゃんかわいそーww」  
  大島「こりゃ今日限りでK4じゃなくてK3だなww」  
  秋元「おいお前ら少しは有の気持ちをだな…」  
  増田「はぁ…こればっかはしゃーないからな…じゃあ俺は先にクラス行ってるでー…」トボトボ  
  大島「なんだあいつ結構ショック受けてんじゃんw」  
  秋元「そりゃ小中ずっと一緒のクラスだったんだから落ち込むだろ…」  
  宮澤「でも有ならすぐ他の友達できるでしょw」  
  秋元「お前らな…ほら俺達もいくぞ」  
  ~~~~~~~~~~~  
  増田「ここがBクラス…でいいのかな?」  
  増田「ん?(あそこの娘に聞いてみるか)ちょっとええかな?ここがBクラス?」  
  河西「……(コクリ」  
  増田「ここでよかったんやなwありがとな、君もBクラス?」  
  河西「(コクリ」  
  増田「そっか同じクラスやねwあっ名前は増田ねよろしく」  
  河西「あっあの…もういいですか…?」  
  増田「えっw?あっ引き止めてごめんねもういいよw」  
  河西「じゃあすいません…」タッタッタ  
  増田「あの娘涙目やった…俺なんかしたかな…?」  
  ~~~~~~~~~~~  
  河西「はぁはぁ…男の人と喋るのなんていつぶりだろ…」  
  とりあえず続く  
   
   
   
   
   
 
582 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 18:26:36.63 ID:EWlTBglG0 
  >>579続き  
   
  増田「うーん思い返しても何が悪かったのか全然わからん…とりあえず後で謝っとくか」  
  増田「えーっと席はここか…周り全員女子かいw」  
  佐藤亜「あっいい男発見」  
  仲川「はっけーん」  
  増田「(面倒くさそうなのに絡まれたな…)おっおう俺増田よろしくな」  
  佐藤亜「私佐藤よろしくー」  
  仲川「私A組のはるかーはるごんってよんでねー!!」  
  増田「…よっよろしくな」  
  増田「にしても本当に女子ばっかやなー男子は俺と変なオタクっぽい奴ら三人だけ…」  
  佐藤亜「ほーんと増田君いなかったら男子全滅してたよーw」  
  増田「はは(苦笑)てか後来てないの俺の隣の席の人だけやな確か河西って人だっけ?」  
  佐藤亜「あぁ河西さんね中学一緒だったけどあんま喋らないし絡みづらい娘よ」  
  増田「ふーん…(そういえば今朝の娘まだ来てないな…もしかして…)」  
  ガラガラ  
  河西「えっと席は…」  
  増田「(おっ!!やっぱ今朝の娘や)かさーいお前の席ここやでー」  
  河西「(びくっ、(今朝の人だ…)あっあのよろしく…」  
  増田「よろしくなーwwそういえば今朝俺なんかした涙目に見えたからちょっと心配でw」  
  河西「あっ…いやなんでもないです…目にゴミが入っただけですから…」  
  増田「そっかーwwよかったー俺なんかしたかと思ったわーww」  
  河西「本当に大丈夫ですから…あのあんまりかまわないでください…」  
  増田「あっ…ごめんな…」  
  佐藤亜「ちょっとそういう言い方ないんじゃなーい?せっかく増田君が話しかけてくれてるのに」  
  増田「いいねんいいねん、喋りっぱなしの俺が悪いねんww」  
  河西「(どうしよまた誤解させちゃった…)」  
  増田「(はぁ…やっぱ俺嫌われてんのかな(泣))」  
  続く ちょっと長くなりそうだけどいいかね?  
   
 
586 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 19:45:04.58 ID:EWlTBglG0 
  >>582続き  
  ~放課後~  
  宮澤「有ーかえろー」  
  増田「おうって優人は?」  
  秋元「授業終わった瞬間A組の娘のとこいってそのまま」  
  増田「もう彼女見つけたんかいwwさすが優人やなww」  
  宮澤「それが全然相手にされてないみたいでかなり悩んでるよ」  
  増田「ははっwwまぁ優人はほっといてかえろうかー」  
  ~帰り道~  
  宮澤「隣の席の娘?」  
  増田「そうやねん…入学そうそう嫌われたかも…」  
  秋元「なにもしてないのに嫌われるはずないだろ」  
  増田「いやっほんっとうに心当たりないねんてw」  
  宮澤「なんでだろうね?照れてるとかじゃない?」  
  増田「てっ照れるっておまえ//」  
  宮秋「(有が照れてんじゃん…こいつもしかして…)」  
  秋元「冴…有の奴河西のこと好きなんじゃないか?」ボソボソ  
  宮澤「俺もそう思う」ボソボソ  
  増田「お前ら何話しとんねん?」  
  宮澤「えっいっいっいやなんでもないよー(棒)」  
  秋元「まぁ関係ない話しだ…でどうするんだ?」  
  増田「どうするって…嫌われてたらどうしようにも…」  
  宮澤「河西さんのこと他に知ってる人いないの?」  
  増田「知ってる奴なー…あっいた…」  
  秋元「とりあえずそいつから河西のこと聞いてみたらいいんじゃないか?」  
  増田「そうやな…今日はありがとなじゃあまた明日」タッタッタ  
  続く  
 
583 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 18:39:17.77 ID:LmUmLneSO 
  宮男「俺最近影薄くね  
  回りイケメンだらけだからブ男は相手にされないか?」  
  内田「宮男君はいいよ…俺は岩扱いだから」  
   
  宮内「K4みたいにとは言わないが少しは出してくれ」  
 
585 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 19:43:40.49 ID:kEER57kQQ 
  >>577  
  柏GI商事ワロタw  
   
  >>583  
  大家「俺だって出番ねぇし・・・」  
 
588 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 20:25:33.62 ID:2wt+wcxW0 
  別に卒業してない話でもいいんじゃね  
  あくまでもいろんな話の1つでそれを固定するわけじゃないのは前からそうじゃん  
 
591 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 21:13:01.10 ID:kEER57kQQ 
  >>588  
  まぁしーくんに関してはそれが難しいよね  
  今まで鉄板だっただけに一度それが終わっちゃうとw  
 
589 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 20:41:05.77 ID:kEER57kQQ 
  高橋「にゃんにゃんハァハァ」  
   
  前田「・・・」イライラ  
  倉持「前田さんちょっとちょっと」ヒラヒラ  
  前田「?」  
  倉持「高橋さんが小嶋さんばかり見て気に食わない。そうでしょ?」  
  前田「な、何でそれを・・・」  
  倉持「もし高橋くんをの目を(強制的に)小嶋さんから奪い返せる方法があるって言ったら、どうする?」  
  前田「お、教えて!」  
  倉持「実はね・・・」ヒソヒソ  
  前田「ほうほう」メモメモ  
  倉持「更に・・・」  
  前田「なるほど」ニヤリ  
   
   
   
   
  高城「高橋くん・・・」  
  高橋「どうした?」  
  高城「ごめんなさいっ!!」  
  高橋「うぇぇ?」  
  高城「夜になったら分かりますよ・・・」  
  高橋「???」  
 
598 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/14(土) 23:29:31.12 ID:CAlPJWApO 
  梅田「有ー!話があるってなんのことね?」  
  増田「…うん。」  
  梅田「…?」  
  増田「……彩佳、いきなりで悪いんやけど別れてほしい」  
  梅田「え…?いきなりどしたのw?ドッキリw?」  
  増田「……」  
  梅田「なんで?理由ないなら別れられんよ…」  
  増田「理由は…他に好きな人ができたからや」  
  梅田「………嘘でしょ?」  
  増田「俺、その子と付き合うことになったから。じゃーな」テクテク  
  梅田「ちょっ!有っ!」  
   
 
614 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 05:39:15.87 ID:bQP8z4XSO 
  >>598  
   
  翌日  
  梅田「あ、オカ郎?ちょっと話あるんだけど」  
  秋元「俺?」  
  梅田「うん。ちょっと来て」  
  秋元「お、おう」  
   
  屋上  
  秋元「話ってなんだ?」  
  梅田「あんたたち最近なんかあった?」  
  秋元「ん?最近?なんもないと思うけど…」  
  梅田「そう…」  
  秋元「なんかあったのか?」  
  梅田「実は昨日有に別れようって言われたんよ…」  
  秋元「は?有が?」  
  梅田「好きな人ができたんだって」  
  秋元「なんでいきなり…」  
  梅田「……」  
  秋元「…そういえば最近有元気なかったような気が……」  
  梅田「まぁいーけど。あんた有に会ったら話聞いといて!」  
  秋元「あぁ…」  
   
   
 
625 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 08:48:52.60 ID:bQP8z4XSO 
  >>614  
  数日後  
  増田「オカ郎ー。この前のCD返しに来たでー」  
  秋元「有か。そうだ!お前今日午後空いてるか?」  
  増田「午後?別に暇やけど」  
  秋元「じゃあ飯おごってやるから付き合え!」  
  増田「お!いいのか!?」  
  秋元「おう」  
   
   
  秋元「なんでも好きなの頼めよ」  
  増田「いやぁ、悪いな。」  
   
   
   
  秋元「……」モグモグ  
  増田「うまいな。」パクパク  
   
  秋元「…お前……別れたんだって?」  
  増田「……なんや。その話か。」  
  秋元「他に好きな人できたんだって?」  
  増田「………」  
  秋元「………」  
  増田「………」  
  秋元「…正直に話せよ。誰にも言わねえから。」  
   
  増田「…実は俺、病気やねん。」  
  秋元「は?病気?」  
  増田「あぁ……」  
  秋元「……なんの病気だよ。」  
  増田「だんだん声が出なくなる病気や。」  
   
   
 
627 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 11:08:16.16 ID:RugPXJ/40 
  >>626ありがとう  
  >>625続き気になる!全裸で待機しまーす。  
   
  あえて言おう!>>279 >>470の作者の方々こっちの続きも気になってるのでお願いします。  
 
602 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 00:52:39.35 ID:zodY33h10 
  有の家にて  
   
  増田「さあー!たこ焼き祭りやでー!」  
  宮澤「今日もたこ焼きかよ~」  
  秋元「有の家ってなると絶対たこ焼きだもんなw」  
  大島「・・・・」  
  増田「なんやねん!優人そこは『ぜー!』やろが!w」  
  大島「・・・・」  
  秋元「おいおい、どうしたんだよ。また浮気ばれたのか?」  
  増田「ったくー、これで何回目やねんw」  
  大島「・・・違うぜー。なんかこの前にゃんにゃんに『優ちゃんに会えて幸せだよ』って言われてさ・・・」  
  宮澤「なんだよー、ノロケじゃんかー」  
  大島「でさ、俺すっげーその言葉うれしくてにゃんにゃんと出会った日のことから今まで思い出してみたんだけど、俺もすっげー幸せだなーって思ってさ」  
  秋元「じゃあなんでそんな元気ないんだよ」  
  大島「いや、なんかお前らと出会った事とかも思い出してみたら、いろんな事あったなーって思ってさ・・・」  
  増田「それぞれに彼女できたな!」  
  宮澤「エロ本探しいっぱいした!」  
  秋元「たくさん喧嘩もしたよなー」  
  大島「ぜー。なんか俺お前らにも会えてほんとよかったなーって・・・」  
  秋元「・・・」  
  増田「おいおい、オカ郎泣くなや・・・」  
  秋元「ウホッ(泣)」  
  宮澤「なんか俺も泣きたくなってきたー!」ウルウル  
  大島「お前ら・・・・」  
  大秋宮増「大好きだーーーーー!!!」ガシッ  
   
  ガラッ  
  梅田「おじゃま~!・・・ってなんやとー?4人して泣いてw」  
  大秋宮増「梅ちゃん大好きー!!!」ガシッ  
  宮澤「やっぱ梅ちゃんは落ち着くなー!」  
  秋元「ウホッ(泣)」  
  増田「いつもながらこの平らな胸は最高やな~」  
  大島「品にゅ・・・」  
  ドゴッ  
  大島「痛いぜー!」  
  梅田「今度あんたらに一回地獄見せたるわ!」  
  大秋宮増「梅ちゃぁぁ~~ん(泣)」  
  梅田(ほんとこいつら馬鹿だけど可愛いんだからっ!ったく・・・)  
  梅田「まぁ、もういいからご飯にしよ?」  
  宮澤「うん!お腹ペコペコ~」  
  秋元「ウホッ!」  
  増田「やな!」  
  大島「ぜー!」  
  キャキャキャ  
   
   
  キートン山田「こうしてまた一つ思い出が増えたのであった。後半へ続く」  
 
607 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 04:07:33.35 ID:TPtZQso9I 
  藤江「ねぇ、晴樹ってほんとにれいなのこと好きなのかなぁ?」  
  佐藤「急にどうしたの?あんなにイチャイチャしてるくせに」  
  仲川「くせに。」  
  藤江「晴樹ね、一回も好きって言ってくれた事ないんだ…」  
  佐藤「あー…、付き合う事になったのも、結局亜美菜達が両想いだってバラしたからだもんね?」  
  藤江「うん…」  
  仲川「そんなの簡単だよ!好き?って聞いちゃえばいいんだよ!」  
  藤江「でも恥ずかしいし…」  
  佐藤「れいにゃんは好きって晴樹に言ってるの?」  
  藤江「うん、たまに…」  
  佐藤「じゃあ、れいにゃんが先に好きって言って、晴樹は?って聞けばいいんだよ!解決!」  
  仲川「そうと決まったら早速やってくる!いってらっしゃい!」  
  藤江「う、うん…」  
   
   
  石田「急に会いたいなんてどうしたの?」  
  佐藤「れいにゃん上手くやれるかな?」コソコソ  
  仲川「頑張れー!」コソコソ  
  藤江「あ、あのさ…れいなは晴樹の事好きなんだけど…晴樹は…?」  
  石田「…は?ど、どうしたのいきなり…」  
  藤江「い、いいから答えてよ」  
  石田「…」  
   
  続く  
   
 
609 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 04:26:20.63 ID:TPtZQso9I 
  >>607  
  石田「…嫌いなやつだったら付き合わない。以上。もう行っていい?」  
  藤江「ちょっと待って!」  
  石田「なんだよ…」  
  藤江「れいな、嫌いかどうかなんか聞いてないよ…好きかどうか聞いたんだよ?」  
  石田「(好きなんて恥ずかしくて言えるかっつーの…)…いきなり呼び出しといて好きとか嫌いとか意味わかんないんだけど…。その質問答える必要あんの?」  
  藤江「っ…晴樹のバカ!!」ダッ  
  石田「あ、ちょっと!…なんだったんだ…?」  
  佐藤「(あいつ、破産させてやろうか…)れいにゃん追いかけなきゃ!」  
  仲川「(腕一本折ったくらいでバチは当たらないだろうな…)待ってー!」  
   
   
  佐藤「れいにゃん!」  
  藤江「見てた…?」  
  佐藤「うん…ごめんね…」  
  藤江「晴樹、いっつもあんな感じなの…嫌いじゃないって言うだけ」  
  仲川「あとでコテンパンにしてやるから!」  
  藤江「ううん、いいの…。れいなに魅力がないのがいけないんだよね…」ぐすっ  
  佐仲「違うよ!!」  
  佐藤「れいにゃんはいい子だし、料理も出来るし…亜美菜が男だったら彼女にしたいくらいだよ!」  
  仲川「遥香も!」  
  藤江「ふふっ…w2人ともありがとう。ちょっと元気でたよw」  
   
   
  続く  
   
 
610 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 04:36:29.07 ID:TPtZQso9I 
  >>609  
  佐藤「で、だ。仲川氏。」  
  仲川「なんだね佐藤氏。」  
  佐藤「れいにゃんを泣かしたやつは許せないわけだ。」  
  仲川「晴樹ってとこが余計許せないね。」  
  佐藤「晴樹かられいにゃんに好きって言わせるのは、亜美菜達がどうこうやって言わせたんじゃダメじゃん?」  
  仲川「うん。だからせめて弱みを握って…」  
  佐仲「れいにゃん泣かせたお仕置きはしなきゃね?」ニヤリ  
  佐藤「くれぐれもこの事はれいにゃんに言わないこと!」  
  仲川「ラジャー!ではさっそく尾行と行きますかね、婆さんや。」  
  佐藤「そうですね爺さん。ってだれが婆さんだ」  
  仲川「遥香だって爺さんじゃないもん」ぷんぷん  
  佐藤「そっちが始めたんでしょー!…じゃ、そういうことで、尾行開始」  
   
   
   
  続く  
 
611 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 04:53:44.32 ID:TPtZQso9I 
  >>610  
  佐藤「晴樹発見!」  
  仲川「女の子と話してるねー」  
  佐藤「 仲良さげだね…」  
  仲川「ってかあの子、ちょっと晴樹にベタベタしすぎじゃない?」  
  佐藤「確かに。弱み候補1だね」  
   
  ~~~~~~  
   
  佐藤「結局、放課後まで目立ったことはなんもしてなかったね…」  
  仲川「ねー…。明日に持ち越しかな」  
  佐藤「あれ?晴樹どこ行くんだろ?」  
  仲川「あっちは…体育館の裏かな?」  
  佐藤「行ってみよ!」  
   
   
  仲川「ねぇ、誰か待ってんのかな?」コソコソ  
  佐藤「怪しい…誰待ってんだろ…」コソコソ  
  仲川「…!誰か来た!」コソコソ  
  佐藤「…あれって…昼休み話してた女の子?」コソコソ  
  石田「どうしたの?体育館の裏まで来なくったって教室で話せばいいのに。」  
  女子「晴樹君さ、最近すごいかっこいいよね」  
  石田「…?ありがとう…」  
  女子「わ、私ね、晴樹君の事好き…!」  
  石田「えっ…」  
  女子「晴樹君は?」  
  石田「…俺、彼女いるし…」  
  女子「彼女いるからとかじゃなくて!晴樹君は私のこと好き?」  
  石田「え…うん、まぁ嫌いではないかな」  
  女子「好きじゃないの?」  
  石田「…ごめん。友達としては好きだけど…。俺はれいにゃ…れいなのことが好きだから…」  
  女子「っ…」ダッ  
  石田「あ、おい!…はぁー…」ポリポリ  
  佐藤「あらら…」  
  仲川「凄いもの見ちゃったねー」  
 
613 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 05:16:09.32 ID:TPtZQso9I 
  >>611  
  佐藤「やば!晴樹こっちくるよ!」  
  仲川「隠れなきゃ!」  
  ガサッ  
  石田「!…こんなとこでなにしてんの?」  
  佐藤「いやー…、ちょっと散歩?」  
  仲川「いい天気ー」  
  石田「…今の、見てた?」  
  佐藤「もちろん!バッチリ!…あ、いや、見てないよ?」  
  仲川「見てない!告白されてるとこなんか見てない!」  
  石田「お前ら隠す気ないだろ…」  
  佐藤「俺はれいなのことが好きだからーw」  
  石田「やめてください…」  
  仲川「てかさ、最近晴樹のくせにモテモテじゃない?」  
  石田「そう?」  
  仲川「彼氏がモテるとれいにゃんも大変だね」  
  石田「まぁ、でも…俺はれいにゃんだけだってれいにゃんもわかってるっしょ」  
  佐藤「惚気ますねーw」  
  石田「違っ…///」  
  石田「あ、てかさ、なんかこの前れいにゃんの様子が変だったんだけど、なんか知らない?」  
  佐藤「…」  
  佐藤「…晴樹ってれいにゃんに好きって言ったことないんだってね。さっきみたいに本人がいないと好き好き言うくせに」  
  石田「…だって恥ずかしいし…言わなくたってわかんだろ、付き合ってるんだから」  
  仲川「れいにゃん泣いてたよー」  
  石田「え…?」  
  佐藤「晴樹が一度も好きって言ってくれないから不安だって。」  
  石田「…」  
  佐藤「れいにゃん本当に辛そうだったよ!!」  
  石田「そんなの…言ってくれなきゃわかんなっ…」  
  仲川「自分はさっきから言わなくてもわかるって言ってるくせに!相手には言わなきゃわかんないって言うの!?」  
  佐藤「勝ってすぎるよ晴樹。」  
   
   
  続く  
   
   
 
629 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 12:43:19.40 ID:RugPXJ/40 
  ジュルルルー  
  松原「何?」  
  大家「すびばせん・・・はだびずが・・・」  
  松原「えー!しーくん風邪?」  
  大家「はい、熱は下がったっちゃけど、鼻水が・・・」  
  松原「じゃー今日お粥でも作りにいってあげよっか?」  
  大家「え?良いんですか?でも風邪うつったら悪いし・・・」  
  松原「あ!大丈夫、大丈夫。」  
  大家「本当ですか?じゃお願いしよっかな」  
  松原「うん!任せて」  
   
  ~料理中~  
  松原「はーい出来たよー」  
  大家「お!うまそう」  
  松原「あーんして欲しい?」  
  大家「え?あ?うん。うん。」  
  松原「ぷっ、じゃー、はい。あーん」  
  大家「あーん」  
   
  大家「熱っ!ハァーヒィー」  
   
  松原「あ!ごめーん。フーフーすんの忘れたーww」  
  大家「もう、なっつみぃさーんww」  
   
  松原「フーフーフーフー。はい。あーん」  
  大家「あーん」パクっ  
  大家「うまい!なっつみぃさん。うまいっす」  
  松原「じゃー、いっぱい食べて早く風邪直してね」  
   
   
  大家「あ、あのーなっつみぃさん?」  
  松原「何ー?」  
  大家「俺が風邪ひいてお粥作ってもらって、一緒にご飯食べてくれるのは嬉しいっちゃけど・・・」  
  松原「何ー?」  
  大家「目の前で生クリームたっぷりのシュークリームって・・・」  
  大家「しかも・・・スプーンで綺麗に中身だけ食べるって・・・」  
  大家「皮は綺麗によけるって・・・」  
  大家「その皮お粥に入れるって・・・」  
   
  松原「何か文句あるー?」  
   
  大家「そんななっつみぃさん」  
   
   
  大家「大好きっす!」  
   
  松原「二ヒヒヒww」  
 
644 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 23:30:48.38 ID:JPSE9/cS0 
  前に、ちょっとあったけど…  
  超絶イケメンの光宗クンが転校生でやって来て、K4大ピンチ!  
  的なの書いて欲しいんですが…  
  刺激が欲しい…w  
 
646 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 23:35:56.90 ID:RK9qm3Zz0 
  >>644  
  なんというかK4とか他の登場人物が受けてるのは  
  現実のメンにもそういう雰囲気とか要素あるよな~っていうのが大きい  
  エピソードとか性格とかまだよくわからない光宗だと  
  書く方も読む方も感情移入難しいかもな  
 
649 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 23:47:18.80 ID:qAPqrHjyO 
  個人的にはtana様にぞっこんなまゆゆを気がかりな優人がバイト先の執事喫茶にK4で乗り込む話を読みたいw  
   
  >>646  
  他メン絡みの具体的なエピがないとなかなか話は作りにくいよなあ  
 
647 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/15(日) 23:44:40.76 ID:LHuVHFbY0 
  ピンポーン  
   
  高橋「はいはい?誰でスかこんな時間に・・・」ガチャ  
  佐藤由「あぁ~たかみなぁ~♪」フラフラ  
  高橋「ゆかりん!?(酒くさっ!またかよ・・・)」  
  佐藤由「終電逃しちゃったぁ~・・・泊めて?」  
  高橋「うええ!?ま、まずいっスよそれは!」汗  
  佐藤由「ふふwちゃんとお礼はするよ?」←上目遣い  
  高橋「(色っぽ!!!)ど、どうぞ・・・」  
  佐藤由「おじゃましまぁ~す」  
   
  佐藤由「ふーん、結構キレイだねw」  
  高橋「ま、まぁ・・・(照)」  
  佐藤由「じゃあシャワー借りるね?」  
  高橋「うえぇ!?しゃ、シャワー!?」  
  佐藤由「ダメ・・・?」←上目遣い  
  高橋「どうぞ!!!」  
  佐藤由「ありがとー♪」  
   
  シャアアアアア  
   
  高橋「ゆ、ゆかりんが我が家のお風呂に・・・」ハァハァ  
  高橋「の、覗きたい・・・けどダメだでスよね・・・」  
  高橋「でもおおおおお!!!」  
  ぴるるるるる  
  高橋「うわっ!びっくりした」  
  高橋「電話・・・?」ピッ  
  前田『あ、みなみー?』  
  高橋「敦子・・・?」  
  前田『今何してるー?』  
  高橋「な、何も・・・」  
  前田『あのねー、来週のデートなんだけど・・・』  
   
  佐藤由「たかみなー!お風呂ありがとー!」  
   
  高橋「!」  
  前田『・・・』  
  高橋「あ、敦子・・・ちょっと話を」  
  前田『サイテー!!!!』ガチャ  
   
  高橋「あつこおおおおおおおおおおおおおお!!!」  
  佐藤由「?」  
 
652 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/16(月) 00:02:44.16 ID:2T53qf7m0 
  >>647  
  そこは  
  高橋「ゆかり…ん」ビュルッビュルルルルル  
  からぴるるるだろww  
 
655 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 00:42:21.06 ID:PoGZqa380 
  >>649  
  何スレ目か忘れたけどあった気がするよ。思い出せなくてごめんー  
   
  >>652  
  それなww同じこと思ったww  
   
  >>653  
  晴樹もゲッソリの仲間入りか...  
 
660 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 08:46:53.70 ID:YzBJBvfKO 
  G3  
   
  横山「おはよ」ツヤツヤ」  
   
  咲彦「おはよって横山か?凄い輝いてるんだけど」  
  横山「いつも俺たちが一方的に逝かされて終わりやないですか、これだと男の威厳がなくなるから逆に逝かせてやりました」  
  咲彦「ようやくゲッソリ地獄から解放か」  
  横山「咲彦くんはやらないんですか?」  
  咲彦「俺の場合やる前に梅田が近くにいないかとか忍びこんでないか入念にチェックして携帯を離す、そうでもしないと美郷とエッチなんてできないよ」  
  横山「なんか大変ですね」  
  咲彦「もう慣れたけどね、でも美郷の逝った姿はもう…トイレ行ってこよ」  
  横山「俺も」  
   
  (後ろで聞いてた高城くん)  
  高城「俺だって明日香のこと逝かせたいのになんで一方的に逝かされて挙げ句に不知火喰らわなければいけないんだ?  
  俺はプロレスラー志望じゃなくテニスプレイヤー志望なんだ…けど、あと僕がテニスやってるとこ書いて欲しかった」ゲッソリ…バタン  
   
  大家「おい高城しっかりしろ!…仕方ないしーくんが保健室運んでやるけん無理はすんなよ」  
 
661 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 09:24:20.93 ID:CHHyROQcO 
  >>660  
  優しーくん!!  
 
665 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 15:09:52.41 ID:TabRPVqL0 
  片山「はい、これお土産」  
  秋元「ん?どっか行ったの?」  
  片山「TDS行ったの」  
  秋元「え・・・だ、誰と?(まさかtanaと!?)」  
  片山「独りだけど?」  
  秋元「え・・・?」  
  片山「だから、独りだけど?」  
  秋元「いやいやいや・・・え?」  
  片山「?」  
 
666 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 16:39:28.71 ID:PoGZqa380 
  >>665  
  玲奈「ひとりディズニー楽しいよね!!わかるよ!!!」  
 
671 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 20:12:03.41 ID:LrtrMIhPO 
  tomo「莉乃ちん。ちょっといい?」  
  指原「指原ですか!大丈夫ですよっ。」  
  tomo「ちょっと相談があるんだけど…」  
  指原「指原に?」  
  tomo「うん。実はtomo、雑誌の取材受けることになって…」  
  指原「へー。何の雑誌ですか?」  
  tomo「tomo-Cawaiiって雑誌分かる?」  
  指原「知ってますよー!tomoちんさんすごいですねっ。」  
  tomo「tomoわかんないことばっかだから莉乃ちんに聞こうと思って……」  
  指原「指原で良ければ何でも相談うけます!」  
  tomo「ありがと。こんなこと頼めるの莉乃ちんしかいないからさ。」  
   
   
  tomo「まずうちのクラスの男子が言ってたんだけど…フェラってなに?」  
  指原「あ!聞いたことあります!確か……車の名前ですよね?」  
  tomo「やっぱり!?tomoもそれだと思った!高い車だよね!」  
  指原「多分それですよー!」  
   
  tomo「あとは……騎乗位ってなにかわかる?」  
  指原「これは分かります!水泳の泳ぎ方の種類ですよ!テレビで言ってたし!」  
  tomo「そうなんだ!確かに漢字みてみるとそれっぽい。」  
  指原「ですよね!」  
   
  tomo「あと手マン?も分かんないよ(泣)」  
  指原「tomoちんさん!指原に任せて下さい!手マンってゆーのは饅頭の種類です。京都で有名なやつ。」  
  tomo「饅頭…。そっか!ありがとー!莉乃ちん!取材で恥かかずにすむよっ。」  
  指原「いえいえ。取材頑張って下さい!一応陽くんにも聞いときます!」  
  tomo「うん!よろしくねっ。」  
   
   
   
   
  続くと思うwww  
  続き思いつかないけど  
 
749 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 19:48:14.79 ID:yj5iGOR50 
  >>671の続きを勝手に  
   
  記者「最近の女子高生は、彼氏にフェラとかご奉仕するの?」  
  tomo(えっ?そんな高い車彼氏にあげられないよ・・・)  
  tomo「するわけないじゃん、そんなの高すぎるでしょ」  
  記者「なるほど、お金取るんだ!じゃあ手マンとか自分がされるのは?」  
  tomo(お饅頭ぐらいなら手軽だよね、うん)  
  tomo「されるってゆーか、くれるってんなら良いけど」  
  記者「されるだけかぁ、やっぱ女子高生って結構マグロなんだねぇ」  
  tomo(マ、マグロってどういうこと?何でお魚なの?、あ、そうか!)  
  tomo「マグロほどじゃないけどー、騎乗位でなら結構速いよあたし。スイスイって」  
  記者「騎乗位で早くイケるんだ!結構積極的だね」  
  tomo「あと、バタフライもできるし」  
  記者「バ、バタフライ?それってどういう体位?いま流行ってるの!?」  
  tomo「流行ってるつーか昔からあるっしょ。めっちゃ疲れるけど」  
  記者「じゃあそこのクマさん人形とちょっとバタフライの体位してみてよ」  
  tomo「え?普通一人でしょ?」  
  記者「オナニーの方法ってこと?」  
  tomo(おなにーって何?ちょっとわかんないよー・・・適当に合わせちゃお)  
  tomo「う、うん、そう」  
  記者「じゃあちょっと格好だけでもやってみてよ」  
  tomo「は、恥ずかしいでしょ。水もない地面でバタフライとか」  
  記者「水中でやるの?え?」  
  tomo(あーヤバいよぉ、記者さん混乱しちゃってる(涙)  
  tomo「あ、あとはプールとかで確認してよね、じゃ、あたし忙しいから」  
   
  翌月のtomo-Cawaii  
  「驚愕!最近の女子高生がプールで楽しむ野外オナニー『バタフライ』の謎」  
 
672 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 20:37:49.40 ID:h3joK6IpQ 
  中塚「みちゃ独占」  
 
675 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 22:29:36.66 ID:fsqlJHI40 
  >>672  
  梅田「みちゃもクリスも面倒みると」  
 
677 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 22:52:53.91 ID:PoGZqa380 
  野中「最近、咲彦がGoogle+ばっかりやってて構ってくれないからいっそ梅田さんと、、」  
 
680 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 23:07:44.56 ID:h3joK6IpQ 
  >>677  
  増田「なら俺が相手になるで!」  
 
678 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 22:53:22.24 ID:UE0GwskF0 
  小嶋「きゃあああああああああ!!!」  
  ユウト「どうしたの?にゃん姉ちゃん!」  
  小嶋「わたしの・・・わたしのパンツが無い・・・」  
  ユウト「・・・事件だ!」  
   
  タタッタータタタタッタータタタタッタータタタタタタン♪  
  大島「俺は高校生探偵、大島優人。ある日、黒の組織『ブラック』ことユキに謎の薬を飲まされて体が小さくなった・・・!それからというものの事件が絶えない・・・。たった一つの真実を見抜く!見かけは子供、下半身は大人!その名は名探偵ユウト!」  
   
  増田「どうしたんや!悲鳴上げて!」  
  ユウト「あっ!有兄ちゃん!」  
  増田「おお、優人!どや、小さい体は慣れたか?」  
  小嶋「え?優ちゃん?」  
  増田「ああああああああ!言うとや言・う・と!そんなん言うてるともっと背縮むで~ってな!がはははは!w」  
  ユウト「おい、気をつけろよな!」ボソッ  
  増田「わりぃわりぃ!で、どうしたんや一体・・・」  
  ユウト「ああ・・・陽菜の下着が盗まれたらしい・・・」  
  増田「・・・!!!それまじか?」  
  ユウト「バーロ!嘘言ってどうする!」  
  梅田「ちょっと有~?どこいったと~?」  
  小嶋「あっ、有くんの・・・梅ちゃん!」  
  梅田「おー!陽菜ちゃんじゃーん!奇遇奇遇!」  
  増田「何やってんねん!アホ!付いてくるな言うたやろ!」  
  梅田「もーそんな怒らんといて~」  
  増田「それより事件や!優人の・・・いや、このねーちゃんのパンツ盗まれたんや!」  
  小嶋「・・・どうしよ・・・」  
  ユウト「とっ、とにかくにゃん姉ちゃんのクラス行って昨日何してたか聞いてみよ?」  
   
  Aクラス  
  峯岸「えー?あたしー?あたしはー今度の文化祭でどれだけ尺取れるか研究中だったのー!」  
  前田「・・・ご飯食べてた・・・Zzz」  
  高橋「えっ!にゃんにゃんの下着っスか!?おっ俺はしっ、知らないっス!!!!断じて知らないっス!!!!」  
  指原「指原はぐぐたすしてました!ぐぐたす知ってますか?指原・・・実は・・・」  
  篠田「おはPON!」  
   
  増田「ん~・・・どいつもアリバイがなぁ~・・・どや、優人わかったか?」  
  ユウト「ああ・・・決定的な証拠を見つけたぜー・・・」  
 
679 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/16(月) 22:53:51.27 ID:UE0GwskF0 
  >>678  
  増田「やぁ!みなさんごきげんよう!」  
  峯岸「てかあんた誰よ!」  
  増田「まぁまぁ、自己紹介は後でや、後で!今日君たちを呼んだのは他でもない・・・この中に小嶋のねーちゃんの下着を盗んだ犯人がいる!」  
  峯岸「!!!!」  
  高橋「っ!!!!!」  
  指原「!!!!!」  
  前田「Zzz・・・」  
  篠田「PON!!!!」  
  ユウト「さっき僕たちがみんなに話を聞いた時明らかおかしいこと言ってた人がいたんだよ!」  
  増田「ほな、もう一度聞いてもらおうか・・・」カチッ  
  ピー  
  峯岸「えー?あたしー?あたしはー今度の文化祭でどれだけ尺取れるか研究中だったのー!」  
  前田「・・・ご飯食べてた・・・Zzz」  
  高橋「えっ!にゃんにゃんの下着っスか!?おっ俺はしっ、知らないっス!!!!断じて知らないっス!!!!」  
  指原「指原はぐぐたすしてました!ぐぐたす知ってますか?指原・・・実は・・・」  
  篠田「おはPON!」  
  カチッ  
  ユウト「あれれー?おっかしいなー?僕たちさっき事件の内容言ったんだよー?一人だけもう事件の事喋っちゃってる人がいるー!」  
  高橋「・・・っ!」  
  増田「せや・・・小嶋のねーちゃんの下着盗んだんはお前や!高橋!お前が犯人や!」  
  高橋「っ、ち、違いまス!!!!俺じゃ・・・ない・・・」  
  ユウト「わからねーやつだ・・・これでもくらえ!ボッキード博士が作った滋養強壮ボール・・・バイ・アグラァァァァアアアア!!!!」シュッ  
  バーン  
  高橋「まっ・・・参りました・・・っス・・・」バタッ  
  ユウト「罰としてそのパンツ俺にくれ・・・」ボソッ  
  高橋「は・・・はい・・・」  
   
  帰り道  
  小嶋「まーたユウトくんのお手柄だねー♪」  
  ユウト「違うよ~あれは有兄ちゃんがいてくれたからだよ~」  
  小嶋「あ~あ、優ちゃんもあんな風に私の事守ってくれたらなー・・・」  
  ユウト(バーロ・・・俺は陽菜の一番近くにいるだろーが・・・)  
   
   
  ユキ(ほほう・・・あれが噂の小学生か・・・楽しくなりそうだ・・・ふふふ・・・あはは・・・)  
   
   
   
  ネクストユウトズヒーンツ!  
  ユウト「シックスナイン♪」  
 
692 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 11:08:13.03 ID:OMDrjaHV0 
  >>678  
  >>679  
  面白かったww  
   
  来週はゆうきゅんのパンツが無くなるのかなwktk  
 
686 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 02:58:22.19 ID:wz21AOni0 
  藤江「晴樹帰ろー」  
  石田「あ、わりっ・・・今日俺掃除当番なんだよね」  
  藤江「そっか・・・じゃあ待ってる!」  
  石田「悪いな」  
   
  ぴるるるる  
  藤江「ん?電話だ・・・(ピッ)もしもし?」  
  山内『あ!もしもし藤江さん?』  
  藤江「山内さんどうしたの?」  
  山内『今日バイト入ってたんですけどぉ、どうしても外せない用事が出来ちゃって、代わってもらえませんか?』  
  藤江「え・・・でも・・・・」  
  山内『お願いしますっ・・・!』  
  藤江「分かった。今すぐ行くよ」  
  山内『ありがとうございます!』  
   
  藤江「晴樹・・・」  
  石田「ん?掃除ならもうちょっとかかるんだけど」  
  藤江「ごめん・・・今日急にバイトでなきゃいけない事になってさ・・・」  
  石田「あ、そうなんだ。分かった」  
  藤江「ごめんね・・・」シュン  
  石田「気にすんな。じゃあバイト頑張れよ(いちいち可愛いなぁ♪)」  
  藤江「うん。じゃあまた明日」タッタッタ  
   
  石田「ふぅ・・・掃除も終わったし帰るか」  
  山内「はーるきさん♪」  
  石田「うわっ!ビックリした」  
  山内「あれー?今日一人ですかぁ?」  
  石田「ああ、れいにゃんバイトらしくてね」  
  山内「そうなんですかー!じゃあ一緒に帰りましょー♪」キャピ  
  石田「でも・・・」  
  山内「いいじゃないですかぁ~帰りましょうよ!」キャピキャピ  
  石田「まぁ、いいか」  
  山内「やったー!」ニヤリ  
   
  続く  
 
688 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 03:56:40.59 ID:vBLzkqdmQ 
  >>686  
  なにこれwktk  
 
698 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 19:04:05.85 ID:vBLzkqdmQ 
  高橋「にゃんにゃん独占!」  
 
699 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 19:06:57.64 ID:vf0NkFAO0 
  >>698  
  大島「高橋!体育館裏来いや!!!」  
 
700 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 19:16:38.05 ID:x7NrnrzVO 
  >>698  
  篠田「高橋!体育館裏来いや!!!」  
   
 
701 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 19:30:20.92 ID:zenVtyI50 
  >>698  
  前田「高橋!体育館裏来いや!!!」  
 
702 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 19:35:22.86 ID:XCDejurPI 
  >>699-701  
  高橋君死亡フラグw  
 
706 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 20:05:12.46 ID:vBLzkqdmQ 
  高橋「まりこ様と敦子に体育館裏でしばかれる・・・」ガクビュルルル  
 
717 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 21:29:49.74 ID:LcMdO4Bi0 
  智美「ねぇねぇ!今日転校生来るって知ってる?」  
  オカ太「ウホッ!まじかよ!かわいいといいなぁ~」  
  冴彦「でもそれ本当なの?智美ちゃん?」  
  智美「ほんとだよ!だってtgsk先生が掃除チユウに言ってたもん!」  
  ユウト「ふぅ~ん転校生か・・・まぁ、ガキには興味ねーけどかわいいといいな・・・)  
  ガラッ  
  tgsk「今日からみんなと一緒にお勉強する・・・ほら、名前言ってごらん!」  
  峯岸「峯岸みなみです・・・よろしく」  
  ユウト(俺のタイプじゃねえええええええええええ!!!!!)  
   
  タタッタータタタタッタータタタタッタータタタタタタン♪  
  大島「俺は高校生探偵、大島優人。ある日、黒の組織『ブラック』ことユキに謎の薬を飲まされて体が小さくなった・・・!今日来た転校生は残念ながら俺のタイプじゃない・・・。あいつの正体は一体・・・?  
  たった一つの真実を見抜く!見かけは子供、下半身は大人!その名は名探偵ユウト!」  
   
  峯岸「峯岸みなみです・・・よろしく」  
  tgsk「じゃーみなみちゃんの席は・・・」  
  スタスタ・・・ドサッ  
  ユウト(俺の隣きたあああああああ!!!!なんでだよ!!!!)  
   
   
  峯岸「変態探偵団?」  
  冴彦「そうだよ!いろんな事件を解決する探偵団だよ!」  
  オカ郎「まぁ、俺がキャプテンだ!ウホッ!」  
  峯岸「・・・ユウトくんもいるの?」  
  智美「そうだよ!ユウトくんはああ見えて一番変態なんだよー!」  
  峯岸「・・・そう」スタスタ  
  ユウト「あんなやつほっといて遊びいこーぜー」  
 
718 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/17(火) 21:30:10.79 ID:LcMdO4Bi0 
  >>717  
  帰り道  
  ユウト(あー今日もあいつらの相手は疲れたぜー・・・やっぱ体小さいと体力が・・・)  
  峯岸「ユウトくん!」  
  ユウト「峯岸・・・!」  
  峯岸「ごめんね!なんか考えたら前半私の尺少なかったからさー6コマ早く出てきちゃった!」テヘ  
  ユウト「・・・てか最近峯岸って名前多くね?前回もにゃん姉ちゃんの友達に峯岸ってやついたし・・・」  
  峯岸「あーあれは~・・・まぁ私じゃないけど・・・その峯岸ちゃんはAクラスじゃないにも関わらず尺が欲しいが為にAクラスにいた。って設定じゃない?まぁ本音言っちゃえば作者の間違いね!」  
  ユウト「・・・そっか・・・じゃー俺はこの辺で・・・」ザッ  
  峯岸「KUKX(コウキシン)11072・・・」  
  ユウト「へ?」  
  峯岸「・・・これあなたが飲まされた薬よ・・・」  
  ユウト「俺はそんな薬飲んでないぜー?」  
  峯岸「薬品名は間違ってないはず・・・だってこれは私が・・・組織に命じられて作った薬だもの・・・」  
  ユウト「!!!」  
  峯岸「そう・・・『ブラック』率いる黒の組織に私もいたの・・・でもブラックがなんだか分かんないけど総選挙3位とかでいろいろメディア出まくったりお天気やったりして私の尺ぜ~んぶ取るの・・・わたしそれが嫌だからこの薬飲んで逃げて来ちゃった!」  
  ユウト「峯岸・・・お前・・・」  
  峯岸「峯岸じゃないわ・・・ガ・チャピン・・・これがわたしのコードネームよ・・・」  
  ユウト「なにっ!!!!ガチャピンだと・・・?」  
  峯岸「もー違うー!ガ・チャピン!!!!私こう見えてけっこー心は乙女なんだからっ!」  
  ユウト「あ・・そう・・・」  
   
  ??「きゃぁぁぁぁぁぁあああああああ!!!!」  
  ユウト「事件だ!!!!」  
  峯岸「んもぅ!まだ全然喋ってないー!」  
  ユウト(よく喋るやつぜー・・・とにかく『ブラック』・・・お前を絶対許さない!!!)  
   
   
   
   
  ネクストユウトズヒーンツ!  
  ユウト「騎乗位♪」  
 
727 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 00:29:44.73 ID:o6myo7s60 
  初投下  
   
  オカこば  
  オカ郎フリー設定  
   
  秋元「あー終わったー!」  
  宮澤「オカ郎ーもう帰るの?テスト前だから俺に勉強教えてよ!」  
  秋元「悪い、先客がいるから」  
  大島「最近付き合い悪いぜー!分かった!彼女できたんだろ!」  
  秋元「ばか!ちげーよ、彼女じゃねーよ!じゃあな!」  
   
  大島「なんだぜーあれ」  
  宮澤「ほんとだよ!まあいいや、りんちゃーん!」  
  梅田「なになに?オカ郎もう帰ったと?」  
  大島「うん、オカ郎絶対なんかあるぜー」  
  増田「彩佳ー迎えきたでー」  
  梅田「あ、有、聞いてー最近オカ郎がすぐ帰るとよー」  
  増田「ああ、オカ郎なら最近香菜迎えにくるで」  
  大島「なーんだ、香菜か!つまんねーなー」  
  梅田「なんであの二人って付き合わないんやろ」  
  増田「確かに…」  
  梅田「あの二人お互いどう思ってるんやろうね」  
  大島「ただの腐れ縁ぜー」  
  増田「んーでもオカ郎落ち込んだらまず香菜んち行ってるよなー」  
  梅田「でも中学の時は大喧嘩ばっかしてたよね」  
  増田「謎やなー」  
   
  続く  
 
775 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/19(木) 00:13:17.37 ID:wEPkEIyl0 
  >>727  
  続き  
   
   
  秋元「でね、またゴリラって言っていじめられたー」  
  小林「だってほんとにゴリラだもん」  
  秋元「ウホ」  
  小林「嫌って言いながら乗ってるじゃん!笑」  
  秋元「うぅ…今日は小林んちで勉強しない?」  
  小林「オカ郎うち来たらいつも汚すじゃん!」  
  秋元「汚さない!ちゃんと勉強教えてあげるから!」  
  小林「分かった。じゃあご飯も作ってあげるよ!」  
  秋元「ほんと?やった!小林のご飯うめーもんな!皿洗いくらいするよ!」  
  小林「だめ!オカ郎お皿割りそうだもん」  
  秋元「はーい…」  
   
  増田「おはよー香菜」  
  小林「おはよー!」  
  増田「昨日オカ郎とどこ行ってたん?」  
  小林「ん?香菜んち。私、次赤点取ったら卒業やばいからオカ郎に勉強教えてもらってたの」  
  増田「それでかー。それで?」  
  小林「それでって?」  
  増田「勉強してるだけ?」  
  小林「んー昨日はご飯作ってあげた」  
  増田「それで?」  
  小林「オカ郎がおいしいおいしいって  
  」  
  増田「もーだからさー!」  
  小林「なんだよう」  
  増田「香菜はオカ郎のこと好きなの?」  
  小林「……私がどう思ってても…オカ郎にとってはきっとオカ郎のお母さんであって、妹であって、友達なの。ただそれだけ!」  
  増田「………」  
   
 
732 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 03:55:25.98 ID:qGbQIxkd0 
  ・・・  
   
  高橋「お風呂沸きましたよ・・・」シクシク  
  小嶋「じゃあ行ってきまーす」  
  篠田「にゃろとお風呂ー( *`ω´*)」  
  高橋「・・・」  
   
  ジャブーンキャイキャイ  
   
  小嶋「お風呂ありがとー」ホカホカ  
  篠田「たかみなも入りなよー」ホカホカ  
  高橋「じゃ、じゃあ行ってきまス」  
   
  ザブーン  
  高橋「こ、このお湯ににゃんにゃんと麻里子様が浸かった・・・のか」  
  高橋「ハッ!・・・俺は今なんて最低な事をしようとしたんだ!」  
  高橋「いかんいかん!とっとと身体洗って出よう!」  
  高橋「うおおおおおお!」ゴシゴシゴシゴシゴシジャブジャブジャブ  
   
  ガララッ  
  高橋「上がりました!!!」ホカホカ  
  篠田「あちゃー・・・たかみな・・・( ;`ω´)」  
  小嶋「ごめーん・・・(бвб;)」  
  高橋「え?」  
   
  前田「・・・」  
   
  高橋「あああああああああつこおおおおおおおお!?!?!?」  
  篠田「ぐぐたすでたかみなの家なうって言っちゃってさ・・・w」  
  小嶋「あっちゃん怒ってるー(бвб;;;)」  
  前田「・・・」ゴゴゴゴゴゴゴ  
  高橋「あ、敦子話を聞いてくれ・・・これは違うんだ」  
  前田「・・・ユルサナイ」ゴゴゴゴ  
  高橋「ぎょええええええええ!!!」ドカッバキッグシャッピシャッ・・・ゴロゴロドッカーン!  
   
  ( *`ω´)人(бвб)<んもぅ!  
 
734 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 06:19:43.71 ID:OnLdt/mKO 
  >>732  
  想像しやすすぎるw  
 
738 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/18(水) 12:12:30.93 ID:4ClC1TTVi 
  >>734  
  やすす「呼ばれた気がする」  
 
781 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/19(木) 01:57:15.89 ID:K3ESA5C20 
  >>732  
   
  指原「高橋君!!!」  
  高橋「ほぇ?」  
  大家「聞きたいことがありけり!!!」  
  高橋「んぁ?」  
  指原「一昨日の晩!ゆかりんさんが泊りに来たらしいですね!!!」  
  高橋「ええ、大変でしたよ・・・」  
  大家「それだけじゃない!昨日の晩!今度はこじまりで泊りに来たらしいな!!!」  
  高橋「ええ、そのおかげで敦子に半殺しにされましたよ」  
  指原「今夜・・・」大家「俺達・・・」  
   
  『泊りに行きます!!!』  
   
  高橋「えー・・・まぁいいけど・・・」  
  指原「よっしゃあああ!今晩はどんな美女が訪ねてくるんだろう!!!」  
  大家「佐藤さん小嶋達ときたら・・・次は芹那さんとか!?」  
  高橋「!!」  
  指原「いやいや・・・もしかしたら小原さんかも!!」  
  大家「くぅ~!大人の女性たまんねぇ~!!!!」  
  指原「と、言う訳で今宵はおじゃましますね!!!!」  
  高橋「なんか俺もドキドキしてきました!!!OKです!!!」  
   
   
   
  その夜  
  野呂「うわ!終電ないじゃねぇの!」  
  なちゅ「パイセンwwwそれガチヤバっすよwww」  
  野呂「あ、そうだ!この近くにたかみなの家があったはず!」  
  なちゅ「マジッすかwwwそれ行けますよwww」  
  野呂「よっしゃ!行くぜ!!」ドドドドド  
  なちゅ「ラジャッ!」ドドドドド  
 
744 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 18:17:10.04 ID:sh1chwxrQ 
  大家「あえてのこじはるさん独占!」  
 
756 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 21:07:15.58 ID:0qA3X/XeO 
  うまく書けるかわからないけど…  
  携帯からだから読みにくいです。  
   
   
  ゆう♂にゃん♀+光宗♂  
   
   
  …学校屋上にて。  
  陽菜「…グズッ(また浮気して…ゆうちゃんのバカ。陽菜が何にも気づかないワケないじゃん。。)」  
   
  光「……コホン。」  
   
  陽菜「あっ(やだ人がいたんだ。もう授業サボッちゃったし、どっか他のとこいかなきゃ。)」タタッ  
   
  光「あ~~っと。ねぇ!」  
  陽菜「えっ?(目ゴシゴシ)」  
  光「ここ使って下さい。俺もう行くんで。」  
   
  陽菜「あ…ありが…と。」  
  光「いえ。んじゃ。」タタッ  
  すれ違う二人。  
   
  光「あっ」  
   
  陽菜「えっ?」  
   
  光「マスカラ付いてる。」  
  陽菜「どこ?」  
   
  光「ここ。(指で拭う)マスカラ落ちてますから。」  
   
  陽菜「フフッ…ありがと。」  
  光「あ笑ったw。じゃ。」  
  陽菜「(後ろ姿見送りながら)ありがとー。」  
   
  陽菜「(今の人誰だろう…キレイな顔で、何か不思議な人だったなぁ。)」  
   
  マッタリ続きます。  
 
766 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 22:45:09.03 ID:0qA3X/XeO 
  >>756続き。  
   
  女子の群れA「見た~?(キャーキャー)転校生で…(ワーワー)」  
   
  女子の群れB「ちょっっうちらも早く行こっ(パタパタ)」  
   
  優「何か女の子たちが騒がしいぜー!」  
  秋「1年の校舎に行ってるな。」  
  有「転校生が~とか言ってるからそれやろ。」  
  優「転校生ぜー?男?女?」  
  宮「あの様子じゃ男だろ。」  
  有「相当良い男なんやろか。あっ彩佳。」  
  梅「お~四人揃ってどないしたん?」  
  優「梅ちゃん、1年の転校生って知ってるぜー?」  
  梅「あ~知っとうよ!かなりのイケメンらしいんよ。」  
  優「フーン。…まーどんだけのイケメンか知らねーけど、俺らK4程のオーラ出せるヤツはそういないぜー!!あっにゃんにゃんだ。にゃんにゃーん!」  
  陽菜「あ…ゆうちゃん。」優「昨日は一緒にいれなくてゴメンぜー!今日は一緒に帰ろ!」  
  陽菜「…今日は陽菜は指原(♀)と帰る約束してるからダメ。」  
  優「なんだよー。指原なんか放っといて優人様と帰るぜー?(ガシッ)」  
  陽菜「…っ!…うん。」  
  優「やったぜー!やっぱりにゃんにゃん大好きぜー!」  
  陽菜「……ハァ。」  
   
   
  続きます。  
 
759 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 21:46:51.51 ID:djBne7XV0 
  ??「きゃぁぁぁぁぁあああああああ!!!」  
  ユウト「何だ!何があった!」ダッ  
  小嶋「あ、ユウトくん!」  
  増田「おー!優・・・なんやまたガキんちょかいな!」  
  ユウト「え・・・にゃん姉ちゃん達なんでここいるの?」  
  増田「それが大変なんや・・・」  
  梅田「私と陽菜ちゃんで買い物してた時誰かとぶつかっちゃって・・・でなんか様子おかしいなって思ったら・・・ブ・・・ブラジャー盗まれたみたい・・・」  
  ユウト(えええええええええええええ!!!・・・・・・・えええええええええええええええ!!!!!)  
  増田「俺の梅ちゃんをノーブラで歩かせるとはいい度胸してるわ・・・」  
  ユウト(えええええええええ!!!その前に明らかおかしい所あるだろおおおおおおお!!!!どうやって服の上から盗んだんだああああああああああ!!!!)  
   
  タタッタータタタタッタータタタタッタータタタタタタン♪  
  大島「俺は高校生探偵、大島優人。ある日、黒の組織『ブラック』ことユキに謎の薬を飲まされて体が小さくなった・・・!今回何故か服の上からブラジャーが盗まれるという事件・・・ブラジャーだけにこの事件もブ・ラジャーてか?ああ、俺は何言ってんだ・・・  
  たった一つの真実を見抜く!見かけは子供、下半身は大人!その名は名探偵ユウト!」  
   
  増田「で、梅ちゃんが見覚えあるやつに集まってもらったで!」  
  大家「もー何ですかー」  
  指原「指原トイレ行きたいですー」  
  高橋「何なんスか!いきなり!」  
  ユウト(いっ、いつかのDTブラザーズ!!!)  
  増田「おい、またこいついるで!たしか~下着泥棒の高橋!」  
  高橋「ちょ、ちょい待てーい!その件はもういいじゃないっスか!今回はほんとに何もしてないっスから!」  
  増田「怪しいけどなーまぁとにかく一人ずつ話聞かしてもらうで!」  
  ユウト「あっ!有兄ちゃん!ちょっと!」  
  増田「なんや・・・」  
  ユウト「ごにょごにょ・・・」  
  増田「はぁ~?なんでんな事せなあかんねん!」  
  ユウト「いいから!それで犯人分かるかも!」  
   
  大家「えー今日?あいつらとカラオケ。ん?財布?ほら・・・っておい!何する!おい!おい!」ピョンピョン  
  指原「今日も指原ぐぐたす日和です!え?財布ですか?はい・・・って!(ピョン)・・・あっ・・・何するんですか!取ってみろって・・・指原ジャンプ力無いんで飛びたくないです・・・」  
  高橋「なんでやあああ!だーかーらー何もしてないっス・・・財布っスかぁ?どうぞ。何もないっスけど・・・って!ちょい待てーい!絶対からかってるやん!どうせ俺が背低いからって!!!」ピョーンピョーン  
   
  増田「財布受け取って上に上げてみろって・・・こんなことして何わかんねん・・・話も大したことなかったし・・・」  
  ユウト「・・・なるほどな・・・」  
  増田「え!お前犯人わかったんかいな!」  
  ユウト「なぁ・・・有。なんで女って見栄張るんだろうな・・・」  
  増田「・・・?」  
 
760 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 21:47:18.07 ID:djBne7XV0 
  >>759  
  大家「じゃー俺たち帰るけん!」  
  ユウト「あれれー?財布預けたまま帰っちゃうのー?」  
  増田「これ・・・誰のやったっけ?」バサッ  
  指原「!!!指原の!!!」  
  増田「さっきお前だけ自力で取り返してこなかったなぁ?ほなもう一回取り返しに来てみぃや!」  
  指原「・・・・・」  
  ユウト「あれー?行かないのー?・・・そっかぁ~行けないよねー!・・・女性の下着つけてると・・・」  
  指原「!!!!」  
  増田「せや。胸の無い男がブラジャーなんてつけて手ぇ上げたらブラジャーも上に上がってきて気持ちわるーてしゃーないもんなぁ~?指原さんよぉ・・・」  
  指原「・・・・・っ!!」ガクッ  
  ユウト「あっれれー?この人前かがみになったらにゃん姉ちゃんと同じ紐みたいのが背中に浮き上がるよー?」  
  増田「確信犯やな、指原・・・」  
  指原「すみませんでしたあああああああああああ!!!!」  
  梅田「なんでこんなこと・・・」  
  指原「ちょっとだけ・・・ちょっとだけ憧れてたんです・・・ブラジャーに・・・だから去年から服の上からブラジャー取る手品をMr.マリッコに教わってて・・・」  
  大家「だ・・・だから去年付き合い悪かったのか・・・」  
  ユウト(そこどーでもいいだろおおおおおお!!!あれ手品かよおおおおおおおおおおおおおお!!!)  
  指原「でも今回でこりごりです。なんか思った以上にこれサイズでかくて・・・梅田さん見かけによらず巨乳でした・・・」  
  増田「・・・ん?梅ちゃんは品乳や・・」  
  ドゴッ  
  梅田「・・・何か言ったと?」ニヤニヤ  
  増田「いへ、なにほひってまへん・・・」  
   
  帰り道  
  小嶋「それにしてもすごいねー!あのたったわずかな行動で見抜くって!」  
  ユウト「うん!なんか女の子は見栄張るためにわざとおっきいブラジャー買ってる人もいてーその子が手上げたあとブラジャーを下ろす仕草がたまんねーんだよなぁ!」  
  小嶋「え?ユウトくん?」  
  ユウト「・・・って優人兄ちゃんが言ってたかなぁ~?」  
  小嶋「もー優ちゃんはそうやってすぐ変な事教えるー!」  
  ユウト(おー危ねー危ねー!)  
  小嶋「じゃー・・・帰ったら一緒にお風呂入ろうか!」  
  ユウト「うん!!!!!大賛成!ぜー!」  
  小嶋「ぜーって・・・また優ちゃんの真似してー!」  
  ユウト「あはは・・・あはは・・・(こりゃ、いつばれてもおかしくないぜー・・・)」  
   
   
   
   
   
  ネクストユウトズヒーンツ!  
  ユウト「足コキ♪」  
 
765 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 22:43:25.89 ID:77mzhpqY0 
  篠田「ドライブ日和のいい天気ー…たくあいつめ。わ、こらムッシュおとなしくしなさい!…あぁ」  
   
  宮澤「いってて…」  
  秋元「冴、大丈夫か?」  
  小林「ごめんね…香菜がボールを木に乗せちゃうから…」  
  梅田「それは仕方ないことやけん…有、どう?」  
  増田「血はかすり傷やし脚も挫いただけや、手当てしたいけど家運ぶには遠いしなぁ…」  
  大島「仕方ねえ戸島に車出させて…」  
  ワンワン!  
  秋元「おわ…!ムッ…なんだこの犬」  
  篠田「やっほ~」  
  大島「麻里ちゃーん!この犬麻里ちゃんの犬?」  
  篠田「そうだよ…宮澤くんどうかしたの?」  
  小林「香菜がバレーボール木に引っかけちゃって…」  
  篠田「なるほどね~。よしちょうど車で来てるから乗りなさい!あ、軽だから四人までだけど」  
  秋元「よし、冴おんぶするぞ」  
  宮澤「うん…いてっ」  
  増田「香菜と彩佳も乗ってき、俺と優人とオカ朗は歩いてくわ」  
  梅田「うん、香菜行こ」  
  篠田「これうちまでの地図ね、歩いて10分くらいだから」  
  増田「はい」  
   
   
  増田「とはいったものの…」  
  大島「なんぜこの地図…」  
  増田「川を越えるのは分かったけど…」  
  大島「んーこの連続したわしゃわしゃと猫マークはなんだあ?」  
  増田「いやてか縮尺がまずぐちゃぐちゃやねんな…あ、オカ朗は?」  
  秋元「おーい早く来いよ」  
  大島「?…あ!このわしゃわしゃはあの街路樹か!おお、猫の看板発見ぜー!流石野生の勘ぜー」  
  秋元「ウッホホー…てうるさい!」  
  大島「へっへー♪」  
  増田(あいつ…地図見とったっけ?)  
   
  大島「麻里ちゃんの部屋は何番ぜ?」  
  増田「ああ、地図に書いとったな…」  
  秋元「404…Eっと」  
  増田(!!)  
  篠田『お、来たねー入ってー』  
   
  大島「ぜー♪」  
  増田「おいオカ朗」  
  秋元「ん?」  
  増田「お前…」  
  大島「有、オカ朗!エレベーター乗れよ」  
  秋元「おう…で?」  
  増田「…後でええわ」  
   
 
767 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/18(水) 22:47:18.85 ID:77mzhpqY0 
  >>765  
  篠田「いらっしゃい」  
  秋元「お邪魔します」  
  大島「冴ーえ!大丈夫かぁー?」  
  増田「痛ないか?」  
  宮澤「うん、麻里ちゃんの応急措置のお陰だね」  
  梅田「麻里ちゃん手際良くてビックリしたよね」  
  小林「うん、バスケ部マネの香菜を置いてちゃちゃっと…」  
  大島「意外ぜー」  
  篠田「彼氏が運動好きでよく怪我するからね。テーピングとかプロ級かも、なんてねー♪」  
  宮澤「麻里ちゃん彼氏いるんだ!どんな人?!気になるー」  
  篠田「えーまぁ彼女からのドライブデートの誘いを断るような人ね」  
  小林「だから犬連れだったんだ。ドライブデートなんて大人だな~」  
  大島「麻里ちゃんの誘い断るなんてとんだ大馬鹿ぜー」  
  秋元「ま、まぁ彼氏にも理由があったのかも知れん」  
  梅田「ね、仕事とかね」  
  篠田「それが友達と遊びたいとか…」  
  小林「えーそこは彼女優先してほしい!!」  
  増田「俺はちょっと気持ちも分かるなぁ」  
  梅田「まぁ半同棲やけんねぇw」  
  篠田「うちは遊びにはなかなか行けないんだよね…」  
  宮澤「ふーん、麻里ちゃんも大変だねえ」  
  秋元「いやあ友達も大事だろ;」  
  篠田「そうかなあ~…」  
  ワンワン!ワンワン!  
  秋元「おゎ」  
  篠田「パチャ~ムッシュ~よしよし」  
  小林「かわいー」  
  梅田「オカ朗にめっちゃ擦りよっとうねw」  
  秋元「よしよし」  
  大島「おらおら、わんころーゴリラよりイケメンぜー♪」  
  秋元「おいっ」  
  篠田「ふふwみんなお昼食べてく?」  
  一同「わーい\(^O^)/」  
   
   
  篠田「気をつけて帰ってねー」  
  梅田「お邪魔しましたー」  
  増田「なんやかんや夕方までおったな」  
  大島「麻里ちゃんお菓子も作ってくれたし案外家庭的ぜ~」  
  宮澤「クッキー美味しかったあ!」  
  小林「パンダのクッキーあったよねw」  
  宮澤「え、まじ?!」  
  増田「あったなwなんでパンダやねんって思ってもうたわw」  
  秋元「ああ、先生パンダ好きだからな」  
  梅田「へー。そういえばパンダのスリッパとかあったね」  
  増田「…」  
  梅田「駅ついたとね、6人分買ってくるね」  
  秋元「あ、俺家族で食べに行く約束しててここに迎えに来てくれるらしいからいいわ」  
  宮澤「そっか、じゃあね」  
  秋元「おう、帰りも気をつけろよ」  
   
  増田「なぁオカ朗…あの」  
  秋元「ん?なんだよ?顔色悪いぞ」  
  大島「ゆーうっ」  
  増田「わ、優人?!」  
  大島「お前さっきから腹壊してるだろ?優人様の目は誤魔化せねえぞw」  
  増田「え…ちゃ」  
  大島「わざわざオカ朗と話すふりで残るなんて見ず臭いぜー!おら行くぞ。オカ朗さらば!!」  
  秋元「…?ああ」  
 
768 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/18(水) 22:48:15.87 ID:77mzhpqY0 
  >>767  
  増田「優人、引っ張んなや」  
  大島「ああすまねー」  
  増田「…気づいたんか?」  
  梅田「あんな分かりやすくて気づかないのはうちらの中じゃ二人くらいよ」  
  増田「おわ…彩佳?!」  
  梅田「有が聞きたくなるのも確かに分かるけど…  
  あいつが言わんのもなんか理由があるんやろうけん…それを問い詰めることもなかろう?  
  いつか自分から話してくれるってうちは信じてるよ」  
  大島「そういうことぜー!さぁっさと帰るぜぇー」  
  増田「…そうやな」  
   
   
   
  秋元「さみー」  
  プップー  
  篠田「よっ」  
  秋元「おう…」  
  篠田「さ、乗って乗ってー」  
  秋元「…」  
  篠田「まだまだ寒いね」  
  秋元「ごめんな、今日は」  
  篠田「まぁ結果的に一緒にいられたからいいよw」  
  秋元「…でも怒ってたじゃん」  
  篠田「あんたがそんだけ顔しかめてたら十分反省してるのわかるしもーいいよw」  
  秋元「ぬ、子ども扱いすんなよな」  
  篠田「wwさ、ディナー行こ!」  
   
  オチはないがおわり  
 
777 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/19(木) 01:15:06.24 ID:1ZBV/bdRO 
  貧乳好きは甘えん坊でロリコンという心理結果があるらしいのだが……  
   
   
   
   
   
  有、どうなの?  
 
799 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/19(木) 22:22:01.54 ID:4iyD8AhWO 
  高橋「……ふぅ…」  
 
800 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/19(木) 22:24:10.40 ID:GgejDB7+i 
  >>799  
  高橋少年は一体敦子と陽菜どっちで…  
 
809 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/19(木) 23:36:51.53 ID:kGid3P6I0 
  前田「あーもうムカつく」  
  敦「どうしたの?」  
  前田「また南がにゃんにゃんにデレデレしてたの」  
  敦「ふーん」  
  前田「ムカつく!」  
  敦「敦子は、南に甘えすぎ」  
  前田「え?」  
  敦「いっつも南南って、ご飯作って貰ったり、あれこれやらせすぎ」  
  前田「でも・・・」  
  敦「南はチビでバカだけど、あれでも学校の委員長で、色んな人から頼られてる」  
  前田「うん・・・」  
  敦「それで敦子までおんぶに抱っこじゃ、疲れる」  
  前田「確かに・・・」  
  敦「もっと、南の事を思ってあげなくちゃ」  
  前田「そうだね!」  
   
  ガチャ  
   
  高橋「ふぃ~今日も疲れた・・・」  
  前田「おかえりー!」  
  高橋「キャアアア!あ、敦子・・・なんでェ?」  
  前田「なんでって、南の彼女だから」  
  高橋「どうやって入ったの・・・?」  
  前田「この間(勝手に)合鍵作ったの♪」  
  高橋「ええええ・・・」  
  前田「そんなことより・・・食事にする?ディナーにする?それとも・・・ご・は・ん?」  
  高橋「じゃあ・・・ごはんで」  
  前田「かしこまりました♪」  
   
  前田「もつ鍋にー、かつ丼にー、餃子にー、ハンバーグに、お刺身にー、ピザにー(ry」  
  高橋「は、はは・・・w(こんなに食えるかー!)」  
  前田「召し上がれ♪」  
  高橋「いただきまース・・・」シクシク  
   
  前田「ということで、今日からしばらく南の家に住むから」  
  高橋「(モグモグ)あーはいはい了解・・・」ムシャムシャ  
   
  高橋「ってえええええええええええ!?」  
 
813 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 02:49:20.19 ID:s0BNPh1B0 
  >>809  
   
  翌日  
  高橋「ただいまー」  
  前田「おかえりっ!ごはんもうすぐ出来るから、先お風呂入ってて!」  
  高橋「え?あ、ハイ・・・」  
   
  ザブーン  
  高橋「つめたっ!!!下の方水じゃんコレ!!!」  
  高橋「・・・まぁでも敦子が一生懸命やってくれた訳だし・・・」  
  高橋「お湯足すか・・・」  
   
  高橋「上がったよー」ホクホク  
  前田「・・・みなみぃ」  
  高橋「ん?何この匂い・・・ってか!煙たい!」  
  前田「お魚焼こうと思ったの・・・」  
  高橋「と、とりあえず俺がここは片付けとくよ」  
  前田「ごめんね・・・」ションボリ  
  高橋「冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと何か作るから、テレビでも見てて」  
  前田「・・・」  
   
  高橋「ふぅ~・・・出来たぞ」  
  ガタガタガタガタガタ  
  高橋「!?な、なんだなんだ!?」  
  前田「お洗濯~♪」  
  高橋「あ、敦子!何やってるんでスか!」  
  前田「何ってお洗濯じゃん♪」  
  高橋「こんな夜に洗濯機なんて回したら近所迷惑でしょ!何でそんなことも分からないんでスか!」  
  前田「・・・ごめんなさい・・・」  
  高橋「敦子は何しにウチに来たんでスか!?」  
  前田「え・・・」  
  高橋「お風呂だってさっき冷たかったし!」  
  前田「・・・ごめんなさい」ジワッ  
  高橋「家事してくれるのはありがたいけど、今のままじゃはっきりいって迷惑でス!」  
  前田「ごめん・・・私、出て行きます」ダダッ  
  高橋「え?あ、敦子・・・!」  
   
  高橋「・・・どうしよう」  
 
817 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 06:06:07.21 ID:7KlR8lbNO 
  >>813  
  大家「しーくんやったら、あっちゃんが用意してくれたんなら喜んで水風呂でも入るし!」  
 
830 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 20:37:44.43 ID:s0BNPh1B0 
  >>813  
   
  タッタッタ  
  前田「はぁ・・・はぁ・・・」タタタタ  
  高橋「敦子待って!」テケテケ  
   
  ガシッ  
  高橋「待ってってば!」  
  前田「いや!離して・・・!」ジタバタ  
  高橋「ごめん!さっきのは言い過ぎた!ごめん!」  
  前田「・・・違う」  
  高橋「え?」  
  前田「悪いのは私なの・・・!」  
  高橋「何言って・・・」  
  前田「みなみがいないとお料理もお洗濯も出来なくて・・・」グスン  
  高橋「・・・」  
  前田「敦に・・・私は甘えすぎで南が疲れちゃうって言われて・・・そんなのイヤだから・・・」  
  高橋「それで急にウチに住むなんて言ったの?」  
  前田「」コクリ  
  高橋「バカだなぁ敦子はw」クスッ  
  前田「へ?」  
  高橋「別に料理や洗濯が出来ないからって疲れたり嫌いになったりするわけないじゃんw」  
  前田「でも・・・」  
  高橋「ずっと俺の横で笑っててくれれば、それでいいから」  
  前田「みなみ・・・!」  
  高橋「だから、泣くな?」ポンポン  
  前田「ううううみなみぃ~」エグッ  
  高橋「じゃ、帰ろう?」  
  前田「うん♪」  
   
  ガチャ  
  ( *`ω´)人(бвб)<おかえりー!  
  高橋・前田「ええええええ!?」  
  高橋「な、なんで・・・!」  
  篠田「例に習って、終電逃しちゃった」てへぺろ  
  小嶋「鍵もかけずにどこいってたのー?」  
  前田「それは・・・その・・・」  
  篠田「ま、家の主も帰ってきた事だし、お風呂かりまーす( *`ω´)」  
  小嶋「わーい(бвб)」  
  高橋「お、お風呂・・・(たまらんでス!)」ニヤニヤ  
  前田「みなみ?」ゴゴゴゴゴゴ  
  高橋「え!?いや・・・別に覗こうとか全然考えてないでス!」  
  前田「・・・チョットオモテデロ」  
   
  高橋「ぎゃあああああああああああああ」  
 
831 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 20:45:17.60 ID:uIKlO576I 
  >>830 高橋大輔くんちょっとはかっこいいとこあると思ったのに、、、  
 
838 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 22:14:18.58 ID:bZd5jUyQQ 
  >>830  
  高橋「最近敦子が暴力的でス・・・」ガクビュルルル  
 
821 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 12:24:44.66 ID:904ePUHv0 
  増田「おーい!ともー!!MARIAの打ち合わせすんでー」  
  河西「・・・」  
  増田「おーい!ともー!!!」  
  河西「とも行きたくない・・・」  
  増田「ん?どうしたん?」  
  河西「ともMARIAやりたくない・・・」  
  増田「ちょ、ちょ、どうしたん?」  
  河西「だって・・・ゆったんと梅ちゃんと・・・一緒に出たくないもん・・・」  
  増田「・・・」  
  河西「・・・」  
  増田「・・・」  
  河西「・・・」  
  ガチャ  
  梅田「二人とも打ち合わせいくよー」  
  増田「あ、う、うん。」  
  梅田「あー今日もともーみちゃん可愛いよhshs」  
  梅田「ねーともーみちゃんチュウしよう。ね?ね?」  
  梅田「ともーみちゃん!ともーみちゃーん!!!」  
  増田「・・・」  
  河西「梅ちゃん・・・ほら、二人とも打ち合わせ早くやるよ」  
  増田「せ、せやな・・・」  
   
   
  梅田「(元カノのメンタル管理をなぜ私が・・・)」  
  増田「彩佳ー・・・いつもごめんな・・・」  
  梅田「(MARIA次からめーたんに代わってもらおうかな・・・)」  
   
 
825 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 16:46:05.66 ID:bZd5jUyQQ 
  >>821  
  石田「無意識に女の子傷付けるとか最低だ!」  
 
827 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 18:05:34.95 ID:PCpTpt+p0 
  ttp://stat.ameba.jp/user_images/20120120/12/akimotoo0726/4c/e9/j/o0480064011744860016.jpg
 
  高橋「ハァハァ厚い胸板ウッ」ビュルビュル  
 
834 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 21:39:31.88 ID:m3RmyJxK0 
  すいません  
  佐江=女の子 スレチでしょうか…  
  ツインの絆が書きたくて…  
   
  佐江♀×オカ郎♂  
   
  佐江「も~っ、うれしいよ~!」  
  佐江「まさか佐江とオカ郎が、この地区の全高校から選抜されるミュージカルのメンバーに選ばれるなんてっっ!」  
  秋元「・・・」  
  佐江「しかも、オカ郎とダブル主演の刑事モノ!! きゃ~うれぴよ~!! wwwww」  
  秋元「・・・」  
  佐江「あ~今日の練習も最高だったよね~♪ 他校の人とからむなんてなかなかないしさ。みんな優しくていいこばっかだし~! あ、オカ郎もみんなとメアド交換した?」  
  秋元「・・・」  
  佐江「でもさ、でもさ~っ。このミュージカルやるのはいいんだけど、うちの学園祭選抜とカブリそうなんだよね~www 3年間連続選抜なのに~。う~っっ♪幸せなこと多すぎて笑いがとまんないなコリャwwww」  
  秋元「・・・カブったらどうだって言うんだよ」  
  佐江 「ん? だって、ほら? 佐江が大事なのはさ、もちろん・・・」  
  秋元「もういい!!」  
  佐江 「は?」  
  秋元「・・・」  
  佐江「・・・なに?ねえ? さっきから!どーしたんだよぉ、オカ郎」  
  秋元「・・・」  
  佐江「お~い?ゴリく~ん?どったの??」  
  秋元「・・・」  
  佐江「・・・って、ねえ! もしかして佐江と演るのが、そんなに嫌なわけ?」  
  秋元「佐江。」  
  秋元「俺はこの舞台にかけてる。俺の高校生活のクライマックスだったり、DiVA部でやってきたことの集大成だったり…いろんな想いを抱えて挑むつもりでいる。」  
  佐江「う、うん・・・」  
  秋元「それに俺は今回主演ってことでリーダーも任されてる。半端な気持ちでやるわけにはいかない。わかるな?」  
  佐江「・・・。 何が言いたいんだよ?」  
  秋元「佐江。 今回はいつものように騒いでほしくないんだ。茶化したり、ふざけたりするのもやめてくれ」  
  佐江「はあ?!佐江、ふざけてないしっ!」  
  秋元「それからっ!佐江の中では学園祭選抜のほうが大事なのかも知れんが…」  
  佐江「ちょっ・・・そんなこと言ってな・・・」  
  秋元「俺にはこの舞台しかないんだ!片手間でやるくらいなら降りてくれないか」  
  佐江 「・・・本気で言ってんの?佐江だってこのミュージカル…」  
  秋元「佐江」  
  佐江「・・・」  
  秋元「ミュージカルじゃない。スーパーライブショーだ。…まちがえるな。」  
  佐江「!!! オカ郎のバカっ!!」(ダッッ タッタッタッ・・・)  
   
   
   
  秋元「・・・どう考えても言い過ぎだ。あんなこと言うつもりじゃ。くそっっ!  
  でも・・・佐江にだけは俺の本気をわかってほしかったし、あいつのいい加減さに腹がたって・・・。  
  親友なのに・・・」  
   
  つづきマス  
   
 
835 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 21:43:51.41 ID:m3RmyJxK0 
  >834つづき  
   
  佐江♀×オカ郎♂  
   
   
  佐江 「 (ぐすっ・・・オカ郎のバカ。なんであんなこと言うんだよお。  
  オカ郎とのミュー・・・ライブショーのほうが大切にきまってるじゃんか!!  
  だって佐江・・・ずっとオカ郎のこと。。。) 」  
   
  佐江 「 (やっぱり オカ郎は、かなやはーちゃんみたいな女子って感じのコがが好きなんかな。。。  
  どうせ佐江は・・・) 」  
   
   
  かな 「あれ?佐江・・・泣いてるっ??」  
  佐江 「かな・・・かなああああ!うわわわわ~ん!」  
   
   
  かな「・・・うんうん、それで佐江怒ってオカ郎置いてきちゃったのか。。。」  
  佐江「だって・・・オカ郎、佐江の気持ち全然わかってくんない・・・」  
  かな「う~ん。そだね。あいつ必死になるとまわり見えなくなるからな~」  
  かな「ほら!去年の合唱大会であたしめっちゃがんばって歌ってたのに、オカ郎に怒鳴られたことあったじゃん」  
  佐江「あ~あった。。。『真面目にやれっ!』って切れてたよね」  
  かな「あのあとオカ郎さ~あたしになんて言ったと思う??」  
  佐江「???」  
  かな「『ごめん。本物の音痴を目の当たりにしたの初めてだったんだ』」  
  佐江「ちょ・・・www オカ郎」  
  かな「ほんとめちゃくちゃでしょww バカ正直で真面目すぎて笑う気にもなんなかったわ」  
  でもさ。うちのクラスぶっちぎりで優勝したでしょ?あれはオカ郎のおかげ。あたしも最初はだいっきらいだったけど、オカ郎の必死さがわかってからはめちゃくちゃがんばった。  
  必死な人みてるとこっちも必死になっちゃうっていうか。。。みんななんだかんだ文句いいながらがんばってついていってたもんな~。」  
  佐江「・・・」  
  かな「今回もオカ郎、そうとう必死なんだと思うよ。舞台で主演、しかもこの公演、業界からもかなり注目されてるんでしょ?チャンスじゃん。夢に一歩近づいたってそうとう喜んでたもん!」  
  佐江「あいつの・・・夢・・・」  
  かな「佐江はさ。ずっとオカ郎を支えてきたじゃん。あいつコミュ力ないから、誤解されやすいっていうか…。最初のころはリーダーシップはあっても人望なくて」  
  佐江「うん」  
  かな「佐江がみんなを盛り上げてひとりひとりと絆をつくりつつオカ郎をたててさ。佐江がいなかったら、オカ郎、孤立してたと思うよ」  
  佐江「・・・ううっ ぐすっ・・・」  
  かな「今回もオカ郎のために盛り上げなきゃってがんばっちゃったんでしょ」  
  佐江「うん・・・でも、ウザいだけだったみたい・・・佐江、はしゃぎすぎちゃって・・・」  
  かな「あいつ、ほんとクソ真面目だからなあ。味方は佐江しかいないからさ、大目にみてやってくんないかな」  
  佐江「・・・かなぁ~ ぐすっ。・・・かなって、意外なとこでしっかりしてるよね。普段はバカだけど。うわぁぁ~ん。。。」  
  かな「こらー!泣きながらdisるなーっ!!」  
  佐江「・・・ってかさ。オカ郎のこと一番理解してるのはかなだよね。・・・二人は…つっ、つきあったりしてないの??」  
  かな「はあ?なんであんなゴリラと!」  
  佐江「だって、よくごはんつくってあげたりしてるし…」  
  かな「ほら、お互いひとり暮らしだから~。たまたまだよ」  
  佐江「・・・そか。」  
  かな「そんなことより、早く仲直りしなよ!」  
  佐江「うん。ありがと。ごめん~かな~っ 大好き~!!」  
  かな「もう~っっ、わかったよ~!! (・・・『つきあってるの?』か・・・。いつかそんな日がくるかな)」  
   
   
   
 
840 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 22:30:30.57 ID:m3RmyJxK0 
  佐江♀×オカ郎♂  
   
  秋元「・・・どうしよう。謝るべきか・・・でもな~っっ」  
   
  増田「あれ?オカ郎、どうしたん?負のオーラ漂ってんで。」  
  秋元「・・・有か。」  
   
   
  増田「ふ~ん。それは佐江怒るやろな」  
  秋元「…やっぱりか。でも、あいつこの大事なときに他校のヤツとチャラチャラと・・・」  
  増田「なるほどな。オカ郎はそこが気に入らんかったわけや。ひとりぼっちにされてさみしかったんやな」  
  秋元「な?!そんなわけないだろ!」  
  増田「ははっ♪ まあ、さみしかったはちがうかもしれんけど、オカ郎そっちのけで他校の子達と盛り上がってるのがいやだったんだろ?」  
  秋元「うっ・・・あー、まあ・・・で、でもそればっかりじゃないぞ!いい加減な気持ちで・・・」  
  増田「まあまあ。なあ、オカ郎は佐江のことずうずうしいヤツだって思ってるやろ?逆に人見知りやなって思ったことないか?」  
  秋元「はあ? あの佐江が人見知りなわけないだろ」  
  増田「・・・やっぱりか。あんなあ、オカ郎。あいつそうとうな人見知りやで。店行っても店員に話しかけられへんくらい。」  
  秋元「・・・たしかに、そういうとこもあるな」  
  増田「言うても、3人兄弟の末っ子や。ああ見えてめっちゃ甘えたやで。天性の明るさで人は寄ってくるけど、自分から積極的にいくのはそうとう苦手なはずや。」  
  秋元「・・・」  
  増田「あいつはあいつで、なんとか盛り上げようと必死なんや。なんでやと思う?」  
  秋元「??」  
  増田「お前やで、オカ郎。壁つくりまくりでガンつけまくり。そんなんで威嚇してたら、誰もついてこんやろ? 今回もお前そうとう浮いてたんやないか?」  
  秋元「うっ!!(図星!)」  
  増田「佐江はそうとうがんばって結束強くしようとしてると思うで。去年の俺らのクラスも、佐江いなかったら、オカ郎 VS 全員で対立してたやろな」  
  秋元「・・・」  
  増田「佐江がひとりひとりと仲良くなって、みんな盛り上がる。そんで佐江はさりげなくオカ郎をたてる。で、みんなまとまって、そこでやっとおまえはリーダーシップを発揮できるわけや。」  
  秋元「・・・」  
  増田「佐江はお前と二人で選ばれたこと、めちゃくちゃ喜んでてんで。ま、ちょっと調子に乗りすぎるとこもあるけど・・・。」  
  秋元「(ガバッ!)俺!」  
      ぴろろろろ~・・・♪  
  秋元「!!メール!佐江からだ!」  
  増田「おお!なんて、なんて?」  
  秋元「・・・『佐江、クレープ食べたいんだけどっ!』・・・」  
  増田「?え?そんだけ?」  
  秋元「・・・ちょっと行ってくるっ!うぉぉぉぉぉぉ~!!」  
  増田「ちょwww、・・・ま、あいつらしいな・・・。しかし、佐江、どんだけケナゲやねん。あ~あ、あんなドン感より俺のがずっとわかってやれんのにな」  
   
 
847 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 22:58:28.88 ID:m3RmyJxK0 
  はい  
  では終了で  
  失礼しました(涙目)  
  840でした  
 
852 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 23:09:50.99 ID:YLolRUnT0 
  峯岸「・・・」ゾクッ  
  ユウト「あ~今日も疲れたぜー」  
  峯岸「ねぇ・・・なんかずっと誰かに見られてる気がする・・・」キョロキョロ  
  ユウト「はぁ~誰もいねーじゃん!」  
  峯岸「でもさ!この前帰ってる時にこれ(弓矢)・・・飛んできて・・・」  
  ユウト(ええええええええええええええええ!!!!今の時代に弓矢かよおおおおおおおおおおおおおお!!!!)  
  峯岸「それにこれ・・・変な手紙まで付いてて・・・」  
  ユウト「ん~どれどれ・・・『果たし状!峯岸みなみ殿!お前は最近いつもいつも俺の優きゅんと一緒にいやがって!お前なんて地獄に落ちろ!あ、この手紙1週間以内に500人に回さないとお前・・・地獄に落ちるから!がはは!ガオー!ガオー!』・・・なんだこれ・・・」  
  峯岸「あ~どうしよ~・・・いくら私でも500人はちょっと・・・」  
  ユウト「何真に受けてんだよ!こんなのなぁ・・・」バサッ  
  峯岸「!・・なんか続き書いてある・・・」  
  ユウト「えー・・・『ps.優きゅんは俺のもの!優きゅん、これ見たら連絡ください!待ってます!070-xxxx-xxxx。yuukyun.love@vodafone.ne.jp』・・・これは・・・」  
   
  タタッタータタタタッタータタタタッタータタタタタタン♪  
  大島「俺は高校生探偵、大島優人。ある日、黒の組織『ブラック』ことユキに謎の薬を飲まされて体が小さくなった・・・!峯岸に届いた謎の手紙!そこには俺の名前が・・・そしてどこかで聞いた事のある俺の呼び方・・・これは一体・・・  
  たった一つの真実を見抜く!見かけは子供、下半身は大人!その名は名探偵ユウト!」  
   
  峯岸「なにこれ・・・連絡先まであるよ・・・ユウトどうするの?」  
  ユウト「まぁ、大丈夫だろ!今日は送ってやるから安心しろ!」  
  峯岸「うん!」  
  ??「・・・ぐぬぬ。優きゅん独占なんて阻止!」  
   
  ボッキード博士宅前  
  ユウト「じゃー今日は家にいろよな!」  
  峯岸「うん!もちろん!」  
  ユウト「んじゃまた明日ぜー」  
  峯岸「またねー!」  
   
  その夜  
  ??「尺ほし~いな♪尺ほし~いな♪そんなあなたに尺あ~げる♪」  
  峯岸「!!!こっ、この歌は・・・!!!う、うわ!体が勝手に!!!」ガチャ  
  ??「やっと来たな峯岸・・・」  
  峯岸「あ・・あなたは誰・・・?」  
  ??「とぼけても無駄だぞ・・・ガ・チャピン・・・」  
  峯岸「っ!何故わたしのコードネームを・・・」  
  ??「俺は・・・GAO・・・俺のコードネームさ・・・」  
  峯岸「!!!!ギャオ!?」  
  戸島「ちゃうわーい!あの某動画サイトじゃないわ!ガオーだよ、ガオー!」  
  峯岸「ああ!そっちね・・・」  
  戸島「やっとわかってくれた?」  
  峯岸「そんなのどーでもいいわ・・・あんな催眠術まで使って私に何の用?」  
  戸島「・・・優きゅんを返せ・・・」パシュ  
  峯岸「うっ!な・・・何これ・・・」バタッ  
  戸島「あーちょっと毒の量間違えたかも~まぁ、お前はおとなしく寝てるんだな!」  
  峯岸「っ・・・ぜっ・・・絶対・・許さ・・・な・・・い・・・」ガクッ  
  ユキ「・・・よくやった、ガオー・・・」  
  戸島「!ブラックさん!俺・・・俺・・・優きゅん独占できますか?」  
  ユキ「ああ・・・もちろんだ・・・さて、帰ってギャオ見るぞ・・・ふふふ・・・あはは・・・」サッ  
  戸島「あっ、ちょ・・・馬鹿にしたでしょ今!ちょ・・・ユキさぁぁぁぁ~~~ん!!!」ダッ  
   
   
   
   
  ネクストユウトズヒーンツ!  
  ユウト「おっぱい♪」  
 
853 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/20(金) 23:14:09.65 ID:dXogoZJ/0 
  >>852  
  今時vodafoneかよw  
 
887 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/22(日) 15:47:21.87 ID:fXBiXgNe0 
  >>852  
   
  ユウト「・・・し!・・・ぃ!・・・!」  
  ユウト「峯・・・!おい・・・ぎ・・・!」  
  ユウト「峯岸!!おい!峯岸!!!」  
  パチッ  
  峯岸「え・・・?ユウト?」  
  ユウト「やっと目覚ましたか!大丈夫か?」  
  峯岸「・・・ここは?」  
  ユウト「病院。お前睡眠薬飲まされて倒れてたらしいぞ・・・」  
  峯岸「・・・そっか・・・っ!痛てて・・・」  
  ユウト「おい・・まだ体いきなり動かすなって・・・」  
  峯岸「ユウト・・・怖かった・・・私・・・私・・・」グスッ  
  ユウト「うん。うん。もう大丈夫だよ・・・今度は俺が助けるよ・・・」  
  峯岸「・・・ユウト・・・」ギュッ  
  ユウト「え・・・峯岸・・・?」  
  峯岸「ねぇ・・・キスして・・・」  
  ユウト「・・・・・」チュ  
  峯岸「・・・もっと」  
  ユウト「・・・・」チュー  
  ボンッ  
  大島「え?かっ・・・体が・・・戻った・・・?」  
  峯岸「そうよこの薬は同じ薬を飲んだもの同士がキスすると戻るの・・・」  
  大島「まじかよ・・・」  
  峯岸「ふふ。ほら、もう一回して?」  
   
  小嶋「ユウトくんの友達が入院って・・・大丈夫かな~・・・あっ!ここだ!」  
  ガラッ  
  峯岸「んっ・・優人・・・」  
  大島「・・峯岸・・・・」チュ  
  小嶋「え?優ちゃん・・・?」  
  大島「・・・にゃんにゃん・・・」  
  小嶋「なんで?ここはユウトくんの友達の・・・」  
  大島「ちっ、違うんだ!こ、これは・・・」  
  小嶋「もう優ちゃんなんて知らない!!!」ダッ  
  大島「にゃんにゃん・・・」  
  峯岸「・・・・」  
   
  タタッタータタタタッタータタタタッタータタタタタタン♪  
  大島「俺は高校生探偵、大島優人。ある日、黒の組織『ブラック』ことユキに謎の薬を飲まされて体が小さくなった・・・!峯岸とキスしたら体が戻った!戻ったのはいいがにゃんにゃんに見られ大変な事に!これから一体どうなる・・・  
  たった一つの真実を見抜く!見かけは子供、下半身は大人!その名は名探偵ユウト  
 
860 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/21(土) 02:52:33.58 ID:WG6YR0eL0 
  指原「思いついた!!!!」  
  高橋「何でスか?」  
  大家「もう野呂は勘弁・・・ぶつかり稽古で身体が・・・」  
  指原「その心配はもう不要です・・・!」ニヤリ  
  高橋「どういう事・・・だ?」  
  指原「高橋くん・・・君の家の扉には、【覗き穴】がありますよね・・・?」  
  大家・高橋「!!!!!!」  
  指原「もう言わなくても分かりますよね?」  
  高橋「そっかぁぁぁ!!その手があったかあああ!!」  
  大家「指原!お前やっぱ天才!!!」  
  指原「じゃあ今夜は作戦名No More NORO計画と名付けて!終電を逃した大人の女性を待ちましょう!」  
  DT3「おおおお!!!!」  
  中田「(てか普通覗き穴で確認するでしょ)」  
   
  その夜  
  大家「ど、ドキドキしてきた・・・」  
  指原「ほ、本当に来るのでしょうか・・・」  
  高橋「まぁ誰かしら来るはず・・・(昨日まで敦子が住みこんでたけど)」  
   
  ピンポーン  
   
  DT3「キタ━(゚∀゚)━!」  
  指原「い、いやまて落ち着け・・・」  
  大家「そ、そうだ・・・まだだ・・・誰が来たか確認してみないと・・・」  
  高橋「そ、そうでスね・・・じゃあちょっと見てみます・・・」ドキドキ  
   
  チラッ  
   
  高橋「!!!」  
  大家「だ、誰や!!芹那さんか!?」  
  指原「小原さんだろ!?」  
  高橋「あ・・・敦子とらぶたんとなっつみぃが・・・」  
  指原大家「!?」  
  高橋「しかも皆何か手に禍々しい凶器を持ってる・・・」ガクブル  
  指原「そ、そんな・・・!」  
  大家「超極秘作戦なのにどうして・・・」  
   
  前田・多田・松原「でておいで~」ウィィィン←チェーンソーの音  
  DT3「ヒィィィィィ!!!」  
   
   
   
   
  中田「もしもし?師匠ですか?」  
  中田「ええ、指示通り、それぞれの彼女に全てバラしました・・・」  
  中田「これで・・・前田さんたちは私たちに借りが出来ましたね」ニヤリ  
 
881 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/22(日) 14:31:07.73 ID:aY0qEiATO 
  http://mariko-shinoda.up.seesaa.net/image/IMG_7444.jpg
 
  高橋「にゃんにゃん!にゃんにゃん!!…うっ」ビュルルルッ!!  
 
882 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/22(日) 14:53:25.88 ID:njxEXzM90 
  柏GI「ぐぬぬ…」  
  http://mariko-shinoda.up.seesaa.net/image/IMG_7177.jpg
 
   
 
884 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/22(日) 15:14:09.56 ID:aY0qEiATO 
  >>882  
  もしかして後は女装した冴と優人の後ろ姿か?w  
 
889 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/22(日) 16:02:34.55 ID:Qx0FjwQrO 
  tomo「ねぇねぇ、りのちん!」  
  指原「tomoちんさん!何ですか?」  
  tomo「……イクってどんな感じ?」  
  指原「なっ///!」  
  tomo「気持ちいいってほんと?」  
  指原「えっと///」  
  tomo「りのちんお願い!教えて!」  
  指原「……まぁ、体中がしびれる感じですよ。電気が走るみたいな…。」  
  tomo「それって気持ちいいの?」  
  指原「…気持ちいい……かな//」  
  tomo「わかった!りのちんありがとねっ。」  
   
   
  数日後Kクラス  
  tomo「いてて(なんか正座してたら足しびれちゃった)」  
   
  tomo「!!(もしかしてこれがイクってこと!?)」  
   
  tomo「(ヤバい!しびれるっ)」  
   
  tomo「……イクっ」  
   
  大島「……」  
  秋元「……」  
  宮澤「……」  
   
  tomo「(りのちん、tomoもイッたよ…///)」  
   
   
 
900 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/22(日) 20:22:18.08 ID:sPhwHhGZ0 
  いい加減ビュルスレと混同するのやめろよ  
 
901 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/22(日) 21:54:52.79 ID:zhPkLC4V0 
  >>900  
  同感  
 
902 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/22(日) 22:19:10.96 ID:fXBiXgNe0 
  大島「あー腹減ったーおい!ノンティー早く飯くれよ!」  
  野呂「あーもう!うっさいなーはいはい、分かりました。今持ってきます~ほら、なちゅ行くよ!」  
  なちゅ「ちょwなんでなちゅまでwww」  
  野呂「お前ちょっとは手伝えよ!」ガッ  
  なちゅ「痛っ!流石稽古してると握力も強くなるんすねー!」  
  野呂「どすこーい!どすこーい!・・・って誰が相撲取りですか!ほら来い、早く!」  
  キャッキャッ  
  大島「あーやっと行ったぜー」  
  秋元「あのくだりは絶対したいんだろう」  
  増田「それよか、はよ準備しますか!」  
  宮澤「急げー!!!」  
   
  野呂「はいはーい!お待たせ~今日もいつかのメニューの『青春と気づかないまま定食』・・・ってあれ?なんで電気消えてるんだよ!!」  
  なちゅ「えww何これwうけるwww」  
  野呂「うけてる場合じゃねーよ!ま、前が見えな・・・」  
  大島「ノンティー・・・」  
  大秋宮増「いつも、ありがとう!!!」パーン  
  野呂「え?え?」  
  増田「いつもいつもありがとな!」  
  秋元「なんだかんだノンティーの飯さいこーに美味いぞ!!」  
  宮澤「これからもよろしくね!」  
  大島「って事でいつもお世話なってから、お礼と言っちゃーなんだけどこれ・・・俺たちからのプレゼントぜー!」  
  野呂「え・・・ケーキ・・・」  
  宮澤「これ俺たちの手作りなんだよー!」  
  秋元「自身は無いがまぁ食ってくれ!」  
  増田「はよ食べへんとローソク消えてまうで!」  
  大島「はい、せーの!!!」  
  野呂「う・・・お前たち・・・・じゃあロウソク消させてもらいます・・・・ふぅー!!!」  
  大秋宮増「うわぁ~俺たちが飛ばされる~!!!」  
  野呂「ひゅーひゅーお前ら飛んでけー・・・って誰が巨大扇風機ですか!!」  
  大秋宮増「がはははははwwwww」  
  なちゅ「ちょwwwそろっとなちゅいじって下さいよ~パイセン達~」  
  大島「うるせー!このデカ盛り女!」  
  なちゅ「ちょwww例えはんぱなwwwwそれ、いただきまーすwww」  
  キャッキャッ  
   
   
   
  大秋宮増「SDNのみなさん、第3位おめでとうございます!!!!」  
 
905 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 00:18:48.82 ID:nVXsP+Ayi 
  増田「ゆうと~」  
  大島「ボー・・・」  
  増田「おーい優人?」  
  大島「ボー・・・」  
  増田「?(なにさっきからボーっとしとるんや?ってかどこ見て・・・)」  
   
   
   
   
   
 
906 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 00:24:09.02 ID:nVXsP+Ayi 
  >>905  
  篠田「ニャロ~♪」  
  小嶋「まりちゃんはるな今日二千円しかない~」  
  指原「小嶋さん~♪」  
  小嶋「指原のバーカ」  
  高橋「ビュル!!ビュルル!!」  
  小篠指高「ワイワイガヤガヤ」  
 
908 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 00:28:49.40 ID:nVXsP+Ayi 
  >>906  
  増田「(そういえば優人、最近陽菜ちゃんにかまってもらわれへんゆっとったな・・・)」  
  大島「・・・はぁ。あ、有」  
  増田「お、おう。」  
  大島「悪い。次サボるぜー・・」  
  増田「あ、ああ。(おいおい大丈夫なんかいな・・・)」  
 
909 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/01/23(月) 00:32:24.25 ID:oSFBXIsIi 
  >>908  
  陽菜ちゃんじゃなくてにゃんにゃんって言うだろ  
 
910 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 00:39:53.33 ID:nVXsP+Ayi 
  >>909  
  有もにゃんにゃんってゆうっけ?  
   
 
932 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 16:47:24.61 ID:Ln7MFzGH0 
  薫くんのイメージ付く前に薫ちゃんにアタックして次々と玉砕していく話書こうかな?  
   
  上手い事内田あたりと2ショット上がらねーかな?  
   
  なんでお前が的な。  
 
934 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 17:31:41.75 ID:zCCFcyPJO 
  ガラガラ  
  小嶋「あ、みんなもう来てるー。」  
  高橋「陽とさっしー!遅いよデス!」  
  莉乃「こんばんわー。」  
  敦子「麻里くんももうきてるよー。」  
  篠田「みんな久しぶりー。莉菜ちゃん元気ー?」  
  莉菜「うん!げんきー!ママ、おなかすいた!」  
  莉乃「そーだねー。」  
  小嶋「パパもお腹すいたー。」 篠田「とりあえず乾杯しますか!」  
  全員「かんぱーい!」  
   
  敦子「てか、陽たちが一番早く結婚するなんてねー。」  
  篠田「しかもちゃっかりデキ婚だしねww」  
  高橋「いやぁー、あの時はびっくりしましたよ!」  
  小嶋「そうだったっけw?」  
  莉乃「指原もあんまり覚えてない…」  
  篠田「いきなり『俺たち子どもできたから結婚することにした』だもんなw」  
  敦子「そうそう!懐かしいねー。」  
  小嶋「たかみなたちはどーなの?結婚したけど子どもはまだ?」  
  敦子「んー。早く欲しいんだけどね。」  
  高橋「莉菜ちゃんみてたら子ども欲しくなりまスよ!」  
  莉乃「篠田くんは?彼女できた?」  
  篠田「俺?俺は仕事忙しいからねw」  
  小嶋「はやく彼女つくれよw」  
   
 
935 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 17:34:14.83 ID:zCCFcyPJO 
  >>934  
  高橋「しかし莉菜ちゃんはぱるにもさっしーにも似てないデスよね。」  
  小嶋「うん。ほんとにね。」  
  莉乃「顔は陽くんに似てないですかー?」  
   
  莉菜「りなちゃんもおはなしにいれてー!」  
  篠田「よーし!俺が遊んであげよっか!」  
  莉菜「うんっ!おはなしするー!」  
  篠田「莉菜ちゃん、なんのおはなししてくれる?」  
  莉菜「んーと…パパとママのおはなし!」  
  小嶋「俺もききたいw」  
  莉菜「きのうのよる、おしっこにいったらパパがママのこといじめてたの!」  
  高橋「なんデスか!それは!」  
  敦子「陽、さっしーのこといじめてんのw?」  
  莉乃「…きのう?何もなかったよね?」  
  小嶋「うん。」  
  篠田「莉菜ちゃん、それほんと?」  
  莉菜「ほんとだよ!りなちゃんがおしっこにいったらパパがママのうえにのっかっていじめてたの!それにすっぽんぽんだったよ!」  
  莉乃「あ…」  
  篠田「なにしてんのw」  
  敦子「ちょっとw莉菜ちゃんそれほんと?」  
  莉菜「あ、まちがえちゃったかも。」  
  莉乃「間違えだよねっ;;!」  
  小嶋「(あぶねー)」  
  莉菜「…ママ、きもちいいってゆってたからいじめてなかった!」  
  高橋「ちょ!さっしー!」  
  莉乃「……///」  
  小嶋「見られてたw」  
  ――――――――――――  
  小嶋「ってゆー夢みたんだー。」指原「指原、陽くんと結婚してるんだぁ!」  
  小嶋「それに莉菜ちゃんってゆー子どももいたしw」  
  指原「それ、正夢かも…。」  
  小嶋「…?」  
  指原「指原、赤ちゃんができた!」  
  小嶋「えー?まじー(бвб)?」――――――――――  
  小嶋「ってゆー夢みたww」  
  指原「夢のなかで夢みるってなんなんですかw」  
   
   
 
940 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 22:09:57.82 ID:lUu7u+6oI 
  増田「彩佳~!」ベタベタ  
  梅田「やーめーて」スルッ  
  増田「なんでやー…」  
  梅田「そーいう気分じゃないと!」  
  梅田「ちょっと出かけてくるねー」  
  増田「今からか?こんな時間にどこ行くん?」  
  梅田「…秘密。いってきます」  
  増田「え、ちょ、彩佳!」  
  増田「…行ってもうた…」  
  増田「(なんか最近彩佳が冷たないか…?)」  
  増田「(Hどころかベタベタもしてないで…)」  
   
  続く  
 
941 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 22:22:35.45 ID:lUu7u+6oI 
  >>940  
   
  増田「ってな感じでな、最近彩佳が冷たいねん…」  
  大島「倦怠期かー?俺とにゃんにゃんには縁がない話だぜー」  
  秋元「なんか心当たりないのか?」  
  増田「それななー…困った事に全くないねん…」  
  宮澤「しばらく様子見てみれば?」  
  増田「うーん…」  
   
  ーーーーーー  
   
  増田「ただいまー」  
  梅田「おかえりー。」ゴソゴソ  
  増田「なにしてるん?」  
  梅田「ん?荷物まとめてると。しばらく有の家には来なくなると思うけんね」  
  増田「…は?それ、どういうことや…なんの相談もしないで…」  
  梅田「どういうこともなにも、そのまんまだよ。じゃ、あたし行くね。」  
  増田「ちょ、待てって…!」がしっ  
  梅田「触らないで!!!」  
  増田「っ!」ビクッ  
  梅田「…あたしに、触らないで…じゃあね…」  
  増田「せめて理由くらい話せって!」ぐいっ  
  梅田「触らないでって!汚い!」  
  増田「!」  
  増田「(さすがにそれはないやろ…)…すまんな、汚くて」  
   
  続く  
 
944 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 22:32:24.60 ID:lUu7u+6oI 
  >>941  
  梅田「(…っは!)ち、違う、ちがうの有…」  
  増田「俺、なんかしたんかな?それとも他に好きな奴できたか?俺と別れたいんか?」  
  梅田「有!聞いて!違うの!」  
  増田「なにが違うんや!」  
  梅田「!」ビクッ  
  増田「ここ最近、様子がおかしいと思ったらそういうことやったんやな!」  
  梅田「…有」  
  増田「なんや」  
  梅田「ごめん…ごめんね、有っ…」ぐすっ  
  増田「…!あ、彩佳?ご、ごめん、いいすぎたか?」  
  梅田「ううん…違う…」  
  増田「…俺な、彩佳のこと好きやから…彩佳が俺と別れたいんやったら…」  
  梅田「違うよ、有…あたしも有のこと好きだよ…」  
  増田「じゃあなんで…」  
  梅田「あの、ね…生理が…二ヶ月くらい来てないの…」  
  増田「…え…それって…」  
  梅田「赤ちゃん、できたかもしれない…」  
   
  続く  
 
950 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 23:12:58.37 ID:lUu7u+6oI 
  >>944  
  増田「赤ちゃん…でも、おかしない?二ヶ月って…ここずっとゴムしとったで俺…」  
  梅田「ごめん…っ有…ごめん…っ…」  
  増田「ごめんじゃわからんって…」  
  梅田「…元彼のストーカーがひどかったの…」  
  増田「…」  
  梅田「それがさらに酷くなって、本当に辛かったと…」  
  増田「…」  
  梅田「…最後に一回だけHしたら諦めるって…言ったからっ…」  
  増田「…じゃあ、お腹の子は…」  
  梅田「…うん…だから、汚いってあたしのことだから…有のことじゃないから…」  
  増田「…なんで黙ってたん?」  
  梅田「…有に嫌われたくなかったからっ…」ぐすっ  
  増田「お前はホンマにアホや!」がしっ  
  梅田「!」  
  増田「なんで俺に相談しなかったんや…!それに俺、そんな事で彩佳を嫌いになるようなやつだと思われてたんか?そっちのがショックやわ!」  
  梅田「有…」  
  増田「…彩佳の子なら、俺の子や。2人で育てよう」  
  梅田「有…っうわぁぁぁぁん! 」  
  増田「ずっと1人で辛かったんやな…気づいてあげれなくてごめんな…」  
   
   
 
951 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 23:16:06.50 ID:lUu7u+6oI 
  >>950  
   
  ーーーー  
   
  増田「…もう検査はしたか?」  
  梅田「…まだ。病院までは行けるんだけど、いっつも怖くて帰って来ちゃって…」  
  増田「夜出かけてたのはそれか?」  
  梅田「…うん。」  
  増田「俺も付いてくからさ、明日検査しよう。な?」  
  梅田「うん…」  
   
   
  ーーーーーー  
  看護師「梅田さーん」  
  梅田「はい」  
  増田「俺も行くか?」  
  梅田「ううん、大丈夫。」  
  増田「そか…じゃあここで待ってるな」  
   
  医者「えーっと…二ヶ月生理が来ないということでしたね…検査結果はですね」  
  梅田「はい」  
  医者「…生理不順ですね」  
  梅田「…え?」  
   
  ーーーーーーー  
  梅田「ってことでした」  
  増田「…え?生理不順?」  
  梅田「うん。」  
  増田「えーー…」  
  梅田「お騒がせしました…よく考えたらちゃんと避妊してた…焦って忘れてた…」  
  増田「もっと早く思い出せよ…」  
  梅田「ごめんなさい…いろいろ」  
  増田「…まぁ仕方なくとはいえ、ちがう男とヤるとかムカつくわ」  
  梅田「本当ごめん」  
  増田「…なーんてなwなんともなくてよかったわwさ、俺の家帰るで」  
  梅田「有…今までみたいにいてもいいの…?」  
  増田「なーんてなwって言ったやんwとりあえずまとめた荷物元に戻すことからやな。ほら!行くで!」  
  梅田「…うん!」  
  梅田「…有、ありがとね、かっこよかったよ」  
  増田「?なんか言ったか?」  
  梅田「なんでもなーいw」  
   
   
   
  おわり  
   
  落ち微妙でごめん、着地点見失った\(^q^)/  
   
 
952 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/23(月) 23:20:29.11 ID:Ln7MFzGH0 
  >>951  
  最近梅有不足だったんで良かったです。  
   
 
947 名前: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 [] 投稿日:2012/01/23(月) 22:36:33.66 ID:x4FpCnds0 
  ゴメンなさい  
   
  空気読まなくて  
 
957 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/24(火) 00:12:12.37 ID:KMaNCkkDO 
  ゆううめに感動  
   
  次スレ建てました  
  http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/akb/1327331446/  
 
963 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/24(火) 01:35:10.29 ID:ftI3cxsQ0 
  光宗「麻友さん独占」  
 
974 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/24(火) 07:06:24.09 ID:tNOt5VrJO 
  >>963  
  麻友「やびゃああああああ!!!」  
 
964 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/24(火) 01:47:22.83 ID:FGOZYsnp0 
   
   
  ♪~  
  指原「あ、陽くんから電話だ~」  
  ピッ  
  指原「もしも…」  
  小嶋「おい!お前いまどこにいんだよ!?今日約束してた場所でお前ずっと待ってんだぞ!?お前も一応女なんだからな!なんかあったかと思って心配するだろ…」  
  指原「え…あの指原はいま家ですけど…」  
  小嶋「っえ?さ、指原!?ご、ごめん間違えたじゃあねっ(アセアセ」ピッ  
  指原「(誰と間違えたんだろ…指原じゃない女の人?)」  
   
  ー次の日ー  
  小嶋「指原おはよー!あ、昨日いきなり変な電話してごめんね!」  
  指原「陽くん…別にいいけど誰と間違え…」  
  小嶋「でさ!俺今日一緒に帰れないんだごめん」  
  指原「!…そっか」ボソッ  
  小嶋「指原?どうかした?ってか浮気とかそんなんじゃないからね!」  
  指原「そうですよね分かりました!(…絶対昨日の人だ)」  
   
   
  ー帰り道ー  
  指原「(りっちゃんは横山と帰ったし大家はなっつみぃさんと帰ったし暇だなあ…)」テクテク  
  指原「あ…あそこのお店にいるの陽くんじゃん…陽くんの隣にいる人誰?あんな綺麗な人…やっぱり浮気じゃん…」  
   
  続く  
   
 
965 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/24(火) 02:16:21.42 ID:FGOZYsnp0 
  >>964  
   
   
  指原「(やっぱ指原なんかじゃ陽くんと釣り合わないよね…明日直接家行って別れよう)」グスッ  
  指原「一応伝えといたほうがいいよね…」  
  ピッ プルルルガチャ  
  小嶋「指原ー?どしたのこんな遅くに」  
  指原「あ、夜遅くにごめんね!明日陽くんち行きたいんだけどいい?すぐ終わると思うから…」  
  小嶋「うん、いいよー」  
  指原「じゃあ明日3時くらいに行きますねおやすみ」  
  小嶋「おやすみー」  
  ピッ  
  指原「(ふぅ…明日で最後…)」グスッ  
   
   
  ー次の日ー  
  指原「(着いてしまった…頑張れー指原!陽くんはもう指原のことなんか…)」ウル  
  ピンポーン  
  小嶋「はーい」  
  ドタドタ ガチャ  
  小嶋「あ、指原中入ってー」  
  指原「あ、ここで大丈夫です!すぐ終わるんで」  
  小嶋「指原?どうしたの何か目赤いし…」  
  指原「あの、その…」  
  小嶋「なに?」  
  指原「…指原と別れてほしいんです。てゆうか別れましょう」  
  小嶋「は!?何それ意味分かんないし!なんでいきなり!?」  
  ??「陽うるさーい!早く続きしよー」スタスタ  
  指原「!…前陽くんと一緒にいた人」  
  陽菜「あ、陽この子もしかして…」  
  小嶋「うん…」  
  指原「…やっぱり陽くん浮気してたんじゃないですか。そうなら早く行って下さいよ指原だけばかばかしいじゃないですか。そ、それじゃ指原帰りますね。今日はいきなりごめんなさい。いままでありがとうございました」ダッ  
   
  続く  
 
971 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/24(火) 04:46:58.05 ID:a+pkct6i0 
   
  数日後  
  指原「キャッ!」ズザザザザドサッ  
  男子1「だ、大丈夫ですか?」  
  女子1「すみません!掃除したてでまだ濡れててっ」  
  指原「い、痛…」  
   
  仁藤「ん?人だかり?なんだ?……っ、莉乃っ!」  
  指原「あ、萌雄くん…」  
  仁藤「どーした?!大丈夫か?!」  
  指原「や、ちょっと階段から落ちちゃって…あは」  
  仁藤「なっ…このドジ。立てるか?」  
  指原「や、足ひねったぽくて…」  
  仁藤「……乗れ」  
  指原「え?」  
  仁藤「背中」  
  指原「え、いやでも」  
  仁藤「早く。歩けねーんだろ?そういうのは早く冷やした方がいいんだから」  
  指原「う、うん…ありがと」  
   
   
  タッタッタッタッ  
  小嶋「(莉乃…!大丈夫かな…怪我したって…知らせに来てくれた子結構慌ててたし…)」  
   
  ガラガラガラッ  
  小嶋「莉乃?!」  
  指原「あ、陽くん」  
  小嶋「大丈夫か?!怪我したって?!」  
  指原「うん、ちょっと階段から落ちて…でも足ひねっただけだから」  
  小嶋「ひねっただけってお前…病院は?行くだろ?」  
  指原「うん、今先生がタクシー呼びに行ってくれてる」  
  小嶋「そっか…あ」  
  仁藤「あ、ども。仁藤です」ペコリ  
  小嶋「…ども。小嶋っす」ペコリ  
  仁藤「じゃ、俺はこれで」  
  指原「あ、さっきはありがとう萌雄くん」  
  小嶋「(萌雄くん、か…)」  
  仁藤「別に。じゃーお大事にな、ドジ原」  
  指原「ちょっ…うん、じゃーね」  
 
981 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/24(火) 16:29:34.47 ID:8hlkPaseO 
  小嶋「はぁー。部活つかれたぁ。」テクテク  
   
  ブーブーブー  
  小嶋「あ、指原からメール…『ノイエ部終わったよー。教室にいるから終わったら迎えにきてー(^з^)/』か……よし!」  
  テクテク  
   
  小嶋「…(着いた!………ん?)」  
  ―教室―  
  篠田「……じゃあ、俺がしてあげよっか?」  
  指原「もうすぐ陽くん来ると思うけど…」  
  篠田「ニャロが来るまで(*`ω´)!」  
  指原「うん。」  
   
  篠田「…………」  
  指原「いたっ!篠田くん、強く揉みすぎ(泣)!」  
   
  小嶋「………(声しか聞こえないけど…)」  
   
  篠田「ごめんごめんw」  
  指原「あっ…もうちょっと右…」  
  篠田「…ここ?」  
  指原「あ……そこっ…」  
   
  小嶋「……(бвб;)」  
   
  篠田「指原、ここ気持ちいいのw?」  
  指原「ん…気持ちいい……」  
   
  小嶋「……(бвб;;)」  
   
  篠田「もうちょっと強くしていいー?」  
  指原「あ、じゃあ、ちょっとだけ…」  
  篠田「よしw!」  
   
  小嶋「……(бвб;;;)」  
   
  指原「…じゃあ、次は指原が篠田くんのこと気持ちよくしたげるねっ!」  
  篠田「やったーwお願いしますw」  
   
  小嶋「!」  
  ガラガラ  
  小嶋「ちょ、指原!なにして…」  
  篠田「ニャロー(*`ω´)」  
  指原「あ、陽くん!篠田くん、肩揉むのすごい上手だよー♪陽くんもお願いすれば?」  
  小嶋「………」  
  指原「?」  
  篠田「どしたww?」  
  小嶋「…指原、帰るぞ。」  
  グイッ  
  指原「あ、うん。篠田くん、また明日!」  
  篠田「んー。じゃーねー。」  
   
  小嶋「…………」スタスタ  
  指原「…陽くん、なんか怒ってるー?」  
  小嶋「…これからは俺以外のやつに肩、揉ませちゃだめー(бвб)!」  
  指原「えっ。なんでなんでー?」  
  小嶋「なんでもー!」  
  指原「えー(´□`)?」  
 
987 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/24(火) 17:17:14.71 ID:a+pkct6i0 
   
  小嶋「いや…俺がお前の立場でも多分そうするから…って分かっちゃいるんだけど…あーもう!」頭グシャグシャ  
  指原「ご、ごめん…」  
  小嶋「……俺、莉乃と付き合ってからなんか…どんどんダサくなるな。今までこんなことなかったのに…なんかさ、こういうのも黙って平気な顔しとけば一番カッコいいって  
   
  分かってんだけど、そんな風に出来なくなるんだ、莉乃の事になると。『萌雄くん』て、なんだよその呼び方とか思っちゃうんだ…カッコ悪くてごめん…もー俺自分が女々し  
   
  くてやだ…」  
  指原「そ、そんな!陽くんはカッコいいよ!」  
  小嶋「…いーんだ、ごめんな、俺もっと大きな男になるよ…」  
  指原「う、嬉しいし!」  
  小嶋「へ?」  
  指原「その…陽くんが指原なんかに…し、嫉妬?みたいなのしてくれて…」  
  小嶋「指原なんか、って…」  
  指原「それにね!指原、萌雄く…仁藤くんといる時もなんか、陽くんの事ばっかり考えてた。仁藤くんと帰った時は、陽くん誰と帰ったのかなーとか、陽くんと帰れないとや  
   
  っぱりさ、寂しいなーとか。陽くんにおんぶしてもらった時も、やっぱり陽くんの背中が一番落ち着くし…す、…すすすす好きっ、って、そ、そう思ったり…だから、『萌雄  
   
  くん』呼びやめるし、だから、あの…」  
  小嶋「…(莉乃顔真っ赤)」  
  指原「…(ななな何言ってんだろう指原あわわわ)」  
  小嶋「……莉乃」  
  指原「…はい」  
  小嶋「………好きだよ」  
  指原「…」ウルッ  
  小嶋「…これからも、俺と一緒にいてくれる?」  
  指原「(コクコク)」  
  小嶋「これからも、俺だけ見てくれる?」  
  指原「(コクコクッ)」  
  小嶋「…莉乃」ギュッ  
  指原「陽、く…」ギュッ  
  小嶋「…好きだよ。大好き」ギューッ  
  指原「…さ、さしはらもっ涙」  
  小嶋「…クスッ。うん、ありがと」チュッ  
  指原「…///」  
   
   
  終わり  
  初めて書きましたgdgd長くてすみませんでしたビクビク  
 
1000 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/01/24(火) 18:41:36.59 ID:1xt9eoMEO 
  >>1000ならもちまる無双  
 
1001 名前:1001[] 投稿日:Over 1000 Thread 
  このスレッドは1000を超えました。  
  もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。  
 



21:20|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)地下アイドル(AKB48)  このエントリーを含むはてなブックマーク 

トラックバックURL

コメントする

名前: